2017マイルチャンピオンシップ枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017マイルチャンピオンシップの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたマイルチャンピオンシップでの
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

競馬にのめり込むとやたらと競馬用語を実生活で使うようになりますよね。

私の場合は、やたらと張り切っている人を見ると
「あの人、かかってるなぁ」と思わず言ってしまいます。

「かかる」という言葉は“絶妙の言葉”だなと思います。
たった3文字のなかに

この人、今は張り切りすぎているけど
そんなに張り切りすぎたら息切れして
いい結果に辿り着けないよ

という意味が込められている訳です。

この言葉のセンスというか意味合いはめちゃくちゃ便利ですよね。

かつて明石家さんまさんが流行らせて定着した「バツイチ」や
ダウンタウンが流行らせて定着した「サムイ」という言葉のように
「かかる」という言葉がいつか日本中に広まるといいなぁと思っています。

ちなみに個人的によく使っているもう一つの競馬用語は「叩き2走目」です。

月曜日に仕事がだるいのに、火曜日になったら
元気に仕事が出来ているときに「叩き2走目だから仕事がはかどるなぁ」と言っていますが
誰からも共感を得られていません。

という事でマイルチャンピオンシップの話をしていきます。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“マイルチャンピオンシップ”

サングレーザー、エアスピネルなどが加わったものの
全体的には昨年とほぼ同じメンバー構成で軸選びが悩ましいところですが

競馬セブンでは
「余程のアクシデント以外に負ける要素がない」
という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

「臨戦過程・状態ともに完璧。情報的にも良い話しかはいってこない」

と言わしめる1頭の貴重な情報を

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
     ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、マイルチャンピオンシップの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずマイルチャンピオンシップ(京都芝1600m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が強く、差し馬には辛いレース

・直線は平坦だがタフさが求められるコース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週は若干の雨予報があるものの
大降りにはなりそうもなく、良馬場でのレースが見られそうですので
フラットな条件でレースが行われて地力勝負となりそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

ちなみに今回枠順が発表されましたが、
マイルチャンピオンシップはコーナー2回のゆったりとしたコースなので
過去10年のデータからは内枠が有利、外枠が有利などという偏りがが出ていません。

その点から枠順におけるコース特性上の有利不利はありません。

考えるとしたら馬の個性と枠順の関係という事になりそうですね。

まず展開の鍵を握りそうな逃げ馬を見てみると

3枠6番 ダノンメジャー

4枠8番 マルターズアポジー

8枠16番 ウインガニオン

この3頭がハナを主張したタイプですね。

逃げ馬が3頭揃っているので、世間一般の見方は“ハイペース必至”
という評価をされると思いますが
私はこういう時は逆に前が残る想定をした方が
期待値の高い馬券を買えると思っています。

逃げ馬が3頭いることは事前に分かっている事なので
ダノンメジャーの北村友一騎手も、マルターズアポジーの武士沢騎手も
ウインガニオンの津村騎手も自分の馬がなんとか生き残れないかと考えるはずで
得てしてこういった時はペースが落ち着いたりします。

また、展開は始まってみないと分からないものなので
大勢の人が思う思考の逆を行った方がオッズの高いところで馬券を買えるので
逆張りをした方がいいという点も挙げられますね。

この3頭の中でハナを切りそうなのは “マルターズアポジー” です。

ウインガニオンやダノンメジャーは前半で溜めて
後半に二の脚を使いたいタイプですが
マルターズアポジーはハイペースで飛ばして消耗戦に持ち込むタイプの逃げ馬なので
マルターズアポジーの逃げは注目すべき要素です。

枠順も真ん中でいいところを引きましたね。

また前目で競馬をしたい有力馬の枠順を見てみると

6枠11番 エアスピネル

6枠12番 イスラボニータ

8枠18番 ペルシアンナイト

あたりが挙げられます。

エアスピネルとイスラボニータは立ち回り勝負が得意な馬なので
6枠という枠順は歓迎とは言えませんが
2000m以上の距離でも戦える体力もあるので
大きなマイナス要因とは言えません。

逆に大外枠に入ったペルシアンナイトは最悪の枠順だと言えます。

ペルシアンナイトは機動力とスピードが持ち味の馬なので
内枠で距離ロスなくレースを進めて
直線でスッと抜け出すような競馬がしたかったですが
今回の大外枠では、そういった競馬は見込めません

日本ダービーの競馬をみると体力勝負を苦手としている向きがあるだけに
今回はペルシアンナイトの力を出し切れない可能性があります。

デムーロ騎手があまりにも馬券に絡み続けるので
JRA側が試練を与えたのでは?

と思ってしまうほど不利な枠順ですね。

 

差し馬に注目してみると

2枠4番 サングレーザー

3枠5番 サトノアラジン

4枠7番 レッドファルクス

といずれも内目の枠順に入りました。

特に5番枠以内に入ったサングレーザーとサトノアラジンは
内差しが出来る絶好の枠に入ったと言えます。

特にサングレーザーは前走のスワンステークスでも内目を差して勝っていますし
内差しがあったタイプの馬であると言えるので注意が必要です。

サトノアラジンとレッドファルクスは内から馬群を縫うよりも
外を豪快に差した方が持ち味を発揮できるタイプなので
この枠順でどういった競馬をしてくるのか注目ですね。

共に内差し経験はあるだけに枠順がマイナスとなることはありませんが
差し馬で一番枠順の恩恵を受けそうなのはサングレーザーだと言えます。

 

伏兵陣に目を向けてみると

7枠13番 グランシルク

は京成杯オータムハンデのように外々を回る競馬になりそうな
枠順になったのでいいとは言えませんね。

5枠9番 レーヌミノル

は自分の競馬が出来そうな枠に収まったと言えます。

2枠3番 ヤングマンパワー

先行しての競馬が持ち味なのでいい枠を引けたと言えますね。

 

まとめ

2017マイルチャンピオンシップで良い条件の枠をゲットしたのは

4枠8番 マルターズアポジー

2枠4番 サングレーザー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

全体的に枠順の有利不利は小さく
マルターズアポジー、ウインガニオン、ダノンメジャーがどんな流れを作るのかで
結果が大きく変わってきそうなので、展開をどちらかに張った方がメリハリのある馬券が買えそうですね。

 

私が2017マイルチャンピオンシップで注目している馬は
コース実績が抜群で今回も走れる体制にあるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク