【2017京阪杯】過去10年のデータ分析|内枠と先行馬が絶対的に有利なレース

Pocket

2017京阪杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は外枠か?内枠か?

また前走どのクラスのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京阪杯で好走している馬について話をしていきます。

 

こんにちは、MOTOです。

毎年競馬をやっていてJRAに物申したい事はいくつかあるのですが
一番物申したい事は

「意味の分からない番組変更です」

今年からホープフルステークスがGIになりましたが
どうも2歳のGIが2つも必要だとは思えません。

それ以外にも京都新聞杯が菊花賞の最重要トライアルから
ダービートライアルに時期変更したりと
JRAの番組変更でいい印象を持ったことはほぼありません。

その中でもなんとも気に入らないのが
今週行われる「京阪杯」の条件変更です。

2006年から現在の1200mで行われるレースになりましたが
それまでは1800mでレースが行われていました。

3歳クラシックで力及ばなかった馬や
古馬のGIの壁に跳ね返された馬達が戦うのに
ちょうど良い時期と距離になっていて面白いレースでした。

過去の勝ち馬を見てみると

エリモダンディー、ロサード、ダイワエルシエーロ、
カンパニー、ジョウテンブレーヴ、サイドワインダー

などなど、ちょっとコアな競馬ファンが思わず喜んでしまう
ラインナップの馬が勝っています。

毎年面白いレースが行われているんだから
わざわざ1200mに条件変更しなくてもいいじゃん

条件変更するなら京阪杯はそのまま残して
新たに京都の1200m重賞を作ればいいじゃない

と思わずにはいられません。

 

今週はその京阪杯が行われます。

気持ち的には盛り上がりに欠けてしまう面は否めませんが
1200mの重賞として行われる訳ですから
しっかりとこの条件の特徴を掴んで馬券を買うのがプロの予想家です。

面白かろうが、つまらなかろうが、京阪杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

内枠が圧倒的に有利な舞台

まず、最初に注目したのは京阪杯の枠順別成績です。

1~4枠に入った馬は揃って複勝率28%超えで
回収率も合計で100%を超えるハイアベレージを残しているのに対して

7枠,8枠の外枠は複勝率10%台と
明らかな内枠有利、外枠不利の図式を示しています。

京都芝1200mコースは内回りコースなので
どうしても距離ロスの少ない内枠が優勢になりますので

“外に入った馬で先手を切れないような馬は苦しい”

という事を覚えておくといいと思います。

 

先行馬が圧倒的に有利!差し馬は辛い…

次に脚質別の成績を見てみましょう。

以下は4コーナーでの順位別の成績になります。

こちらもデータを見ると枠順同様一目瞭然で

“先行馬有利、差し馬不利”

のデータが出ています。

4コーナーで5番手以内にいた馬の複勝回収率150%を超えている事に対して
4コーナーで10番手以下にいた馬の複勝回収率40%と
3倍近い差がついています。

内枠が有利な舞台は先行馬が有利な場合が多いですが
京阪杯も例に漏れず、内枠有利・先行馬有利の傾向を見せていることが分かります。

ちなみに上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がり3ハロンで6位以下の馬が6勝を挙げている点が目につきます。

通常上がり3ハロンの順位別成績を見てみると
複勝率は10%程度で、複勝回収率が30%で収まっている事が多いので
京阪杯での上がり3ハロン順位別成績は極端な前残りを示していることが分かります。

“差し馬が外枠に入ったら、その時点でジエンド”

ですね。

 

波乱含みのレース、人気馬は常に疑う必要あり

最後に京阪杯の人気別の成績を見てみましょう。

1番人気をはじめ、上位人気の回収率が良くない事が分かります。

逆に7番人気以降の馬は突出した成績を残しており
堅く収まらないレースになっている事が分かります。

先述したとおり、内枠有利で前に行く馬が有利だという
はっきりとした傾向が出ているだけに
実力よりも適性や枠順で決着しているという事が
波乱を演出している原因となっています。

ちなみに京阪杯の前走クラス別の成績を見てみると

条件戦から挑んできた馬も互角以上の成績を残している事が分かります。

実力よりも適性・脚質・枠順が重要である事が分かります。

 

以上が2017京阪杯を攻略するための主たるデータです。

内枠の馬と先行馬はとにかく強いレースである
と言うことだけ覚えておけば良いレースですね。

私が京阪杯で注目しているのは
もちろん今回も先行してくれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“ジャパンカップ”

先週は色々と話題を振りまいた武豊騎手とキタサンブラック
天皇賞秋で復活を遂げて、ジャパンカップは1強ムードが漂っています。

そんな中、ホースメン会議では
「万全の体制を整えた超勝負馬がいる」
という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

「ジャパンカップを目標に逆算した仕上げを施され、完璧と言える仕上がり」

と言わしめる1頭の貴重な情報を
今週ホースメン会議に無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます

ホースメン会議無料登録はここをクリック!
    ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク