コパノリッキー勝利はフロック?まぐれ?フェブラリーS他重賞回顧

Pocket

先週行われたフェブラリーSはあっと驚くコパノリッキーの勝利

単勝の配当はエリザベス女王杯のサンドピアリスに次ぐ第二位
ビリ人気での勝利はサンドピアリス、ダイタクヤマトに次ぐ3回目

私はサンドピアリスは生で見た事がなかったので
真っ先にダイタクヤマトが頭に思い浮かびました。

ダイタクヤマトの時も1番人気アグネスワールドが2着
2番人気ブラックホークが3着だったのではないかと記憶しています。
(間違っていたらすいません)

さて、今回のコパノリッキーの勝利は最下位人気という事もあって

『今回の走りはまぐれだったのか、フロックだったのか』

という事を考える必要があるので、この点について一つ言及しておきましょう。

レースの上がりが35秒4という完全な瞬発力勝負のレース
その中でコパノリッキーは35秒3というタイムであがっており
ホッコータルマエは35秒1、その他の馬も軒並み35秒台で走っているので
展開に恵まれた事は間違いありません。

が、ホッコータルマエを凌いだスピード能力は本物でしょう。
もともと、3歳時は好成績を収めていた馬
ここ2走は不振にあえいでいましたが
見事に復活を果たした、そういった評価でいいと思います。

ただ、パワー勝負になるレースやスタミナ勝負になるレースの際は
どういった結果を残してくれるのかは未知数なので
次走のかしわ記念でどのような走りを見せてくれるかに注目しましょう。

ホッコータルマエとベルシャザールは現在の
ダート界2強と言えるような走りを見せてくれました。
2頭とも力のある馬です。

後方から差してきた馬で目を引いたのはワンダーアキュート
内枠の不利もあり、絶望的なコース取り・位置取りから
最後は凄い勢いで伸びてきました。
まだまだ衰えてないですね。

そして、他の重賞も簡単に振り返りましょう。

月曜日に行われた共同通信杯はイスラボニータの完勝

この馬は非常に優等生の走りをしますね。
走り自体にスケールの大きさは感じませんが
「弱い相手には必ず負けない」というタイプの馬ですね。

2着ベルキャニオンも能力の片鱗を見せてくれました。
走り自体も非常にいいものがあり、将来的には
イスラボニータよりも大物になるのではないかと思います。

期待したサトノアラジンは終始かかりっきりで3着
気性が落ち着いてくれば一番高い能力を秘めていると思います。
岩田騎手は御せてなかったので、
外国人騎手の登用があれば次走はノータイムで『買い』です。

4着以下の馬はクラシックでは活躍出来そうにありません。

土曜日に行われたダイヤモンドSは期待したフェイムゲームの勝利

このレースはフェイムゲームに長距離適性があったからではなく
周りの馬と能力が違ったというだけでしょう。
本質的には中山コースの中距離が向く馬です。

フェブラリーSと同日に行われた小倉大賞典は
ラストインパクトが捲って押し切り優勝

この馬も本質的に能力が違ったということですね。
もう少し上の舞台でも通用する馬です。

負けた馬では3着ブレイズアトレイル、4着ゼロスは
伸びシロがありそうです。

スポンサードリンク