2014中山記念、阪急杯、アーリントンC出走予定有力馬評価!!


フェブラリーSが終了して重賞戦線もかなり盛り上がってくる中
今週予定されている重賞は中山記念、阪急杯、アーリントンCです。

一番の注目は中山記念

昨年天皇賞でジェンティルドンナをぶっこ抜いたジャスタウェイ
皐月賞馬ロゴタイプ、香港C2着のトウケイヘイローなど
豪華メンバーが集まりそうです。

ジャスタウェイは強い馬ですが、中山コースよりも
東京コースを中心とした左回りに適性がある馬
この馬の充実度合いと適性がどう出るか
そして福永騎手が騎乗停止により手綱が回ってきた
横山典弘騎手の手綱さばきが最大の注目です。

皐月賞馬ロゴタイプは昨年の札幌記念から久々の出走となります。
札幌記念ではいいところなく敗戦。
負け方を見ると「早熟?」と思えるようなふがいなさがありましたが
今回はベストの条件で走れるのでここで真価が問われます。

開幕週を見方につけて逃げ切りを狙うのはトウケイヘイロー
昨年の香港のレースがこの馬の地力を裏付けました。
逃げ馬はなかなか馬券を買いづらいですが
今回の条件はパワー型のこの馬にとってベストに近く
どれだけの競馬を見せてくれるのかが楽しみな一戦です。

阪急杯は昨年ロードカナロアが完勝したレース。

高松宮記念の前哨戦的な位置づけの感じが強いですが
今年は東京新聞杯を回避したダノンシャークが主役になりそうです。
1400mは十分守備範囲でどんな条件でも
どんな相手でも確実に上位に来る安定感は連軸として信頼出来ます。

その他、1400mの常連とも言えるガルボやサンカルロも
出走してきますが、私が注目したいのは復活に賭ける2頭

いよいよ芝のレースで復活を狙うグランデッツァ
一時はアグネスタキオン産駒の最高傑作とまで言われた
この馬が長期休養を経て戻ってきました。
復活後はダートで見せ場のないレースが続いていますが
もとのこの馬の力が戻ってくれば芝のGIを狙えると期待しています。

もう一頭は長い不振からなかなか目が覚めないカレンブラックヒル
この馬の場合は怪我ではなく、安易にダート戦を使ってしまったという
完全に人為的なミスが引き起こした不振ですが
NHKマイルCで見せた力はすさまじいものがあり
力が戻れば一気に短距離界の主役になれる器です。

今回、この2頭は人気がないでしょうが
もともと能力の高い馬で、今回の舞台で
復活してくれないかなと願っています。

最後にアーリントンCはミッキーアイルの独壇場となりそうです。

前走のシンザン記念は不利な条件の中
ウインフルブルームの追撃を凌ぎきった点に価値があります。

マイラーとしては既に一級品の実力を持っており
陣営もクラシックに色気を持たずに短距離に特化させようと
いう姿勢が好感を持てます。

ここはミッキーアイルの勝ち方に注目しましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。