【2017ジャパンカップ】 出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017ジャパンカップ】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

キタサンブラック 2.1倍
レイデオロ 3.8倍
シュヴァルグラン 7.8倍
ソウルスターリング C.デムーロ 11.4倍
マカヒキ 11.9倍
シャケトラ 12.8倍
トーセンバジル 岩田 14.6倍
サウンズオブアース 18.0倍
ヤマカツエース 20.1倍(有馬記念と両にらみ)
タンタアレグリア 52.4倍
ラストインパクト 197倍
ワンアンドオンリー 横山典 204倍
ゴールドアクター(出走回避)

 

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

一般の人と全く違う視点で予想をしているので
是非参考にして下さい

→ 今週の注目馬を見るにはココ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

今年で引退をする キタサンブラック

宝塚記念惨敗後で注目された天皇賞秋では出遅れながらも
サトノクラウンとの叩き合いを制してGI6勝目を挙げたキタサンブラック

今までと違い出遅れというハンデを抱えながらも
4コーナーでは先団にとりついてそのまま押し切るという内容は
改めて現役最強馬の力を示した格好となりました。

現役最強として今回のジャパンカップと引退戦となる有馬記念
どちらも落とせない一戦だ。

3歳最強馬である レイデオロ

日本ダービーは機動力を見せて完勝したレイデオロ

秋初戦となった神戸新聞杯でも先行からの抜け出しで完勝した通り
3歳馬の代表としてジャパンカップに出走してきます。

まだキタサンブラックとは格付けが済んでいないのも強みで
レイデオロの今までのパフォーマンスを見ていると
キタサンブラックに真っ向勝負を挑めるのはレイデオロしかいない。

天皇賞春でキタサンに肉薄した シュヴァルグラン 

2017天皇賞春ではサトノダイヤモンドに先着して
キタサンブラックに肉薄したシュヴァルグラン

宝塚記念こそは天皇賞春激走の疲労が出て凡走したが
前走の京都大賞典も良くない内容の競馬ながら
きっちりと3着を確保した点は評価が出来ます。

叩いて良くなるのは間違いないようなレースで
勝負仕上げでレースを使ってきそうな馬です。

不完全燃焼な競馬が続く ソウルスターリング

毎日王冠で惨敗してしまったソウルスターリング

続く天皇賞秋では不良馬場で持ち味を発揮できず6着と敗れたが
レースの内容は悪くなく、復調気配を見せている点は心強い。

今回はオークスを勝った東京芝2400mという舞台で
ソウルスターリングが持っている力を発揮できそうな条件が揃いました。
3歳牝馬ナンバーワンとしてはこのままでは終われません。

復活の兆しを掴みつつある マカヒキ

前走の天皇賞秋では久々に地力の高さが見える走りだったマカヒキ

昨年の凱旋門賞挑戦の反動でスランプが続いていたが
ここにきてやっと復調している気配を伺える点はプラス材料

日本ダービーと同じ東京芝2400mという舞台で行われるだけに
ここでダービー馬の底力を見たい。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだジャパンカップの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。