2017エリザベス女王杯枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017エリザベス女王杯の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたエリザベス女王杯での
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、米が好きなMOTOです。

ご飯を食べるのが好きで
普通のサラリーマン家庭と比較すると
結構な頻度で外食をしているんですが
やっぱりお米(ご飯)が美味しいと全体のレベルが底上げされますよね。

以前、10kgだと勘違いして
5kg4000円の米を買ったことがありましたが
この米はかなり美味かったです(新潟県魚沼産のコシヒカリでした)

「1回外食するのを我慢すれば買えるわ」と思えば
そんなに敷居の高いものではないので
お米好きであれば、是非食べてみて下さい。

ちなみに今日セブンイレブンでおにぎりを買おうと入ったら
こんなおにぎりが売っていました。

つや姫は山形県が誇るブランド米 なので、即購入。

普通に美味かったですよ。

中身の具がおにぎりの醍醐味という話はありますが
やはりおにぎりの魂は「お米」

是非、つや姫のおにぎりを食べてみて下さい。

という事でエリザベス女王杯の話をしていきます。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“エリザベス女王杯”

ヴィブロスをはじめディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャン
ルージュバック、ミッキークイーン、スマートレイアーと実力馬のオンパレードですが

『ホースメン会議』では新聞紙上ではほぼ無印となっていながら
「確勝級」と言われる本命馬の情報を抑えています。

果たしてそれはどの馬か?

こう煽っておいて高額な情報料がかかるんだろうなと思っているかもしれませんが

ホースメン会議では今週無料会員登録をしてくれた方から有料情報は販売しません。
そして、エリザベス女王杯の3点勝負の買い目も無料で教えます。

ホースメン会議無料登録はここをクリック!
       ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

会員登録が多い場合は、買い目を教えられない場合があります(オッズ調整のため)
早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、エリザベス女王杯の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずエリザベス女王杯(京都芝2200m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・堅い決着が多い、地力勝負のレース

・先行馬が差し馬よりも若干有利なレース

という特徴があります。

また、今週は天気の方も問題なく久々に良馬場でのレースが見られそうですが
フラットな条件でレースが行われて地力勝負となりそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

ちなみに今回枠順が発表されましたが、
エリザベス女王杯はコースを1周するレースながら
内枠が有利という指標が出ていません。
(逆に外枠が有利というデータもありません)

その点から枠順におけるコース特性上の有利不利はありません。

考えるとしたら馬の個性と枠順の関係という事になりそうですね。

まず展開の鍵を握りそうな逃げ馬を見てみると

2枠4番 クロコスミア

8枠18番 エテルナミノル

このあたりしか逃げそうな馬はいません。

エテルナミノルは普段逃げという戦法をとっていない事を考えると
クロコスミアの単騎逃げが濃厚だと言えます。

クロコスミアは前走の府中牝馬ステークスでスローペースに落として
逃げ切っていることを考えれば
今回はリスクを冒してハイペースの逃げをうつ可能性が低く
最初はスローペースで流れそうです。

ただ、クロコスミアが単騎でいけば前が残るのは
他の有力馬に跨がる騎手も分かっているので
スローであればあるほど、早めに捕まえにきそうで
3コーナー過ぎから各馬が押し上げる展開になりそうです。

3コーナー過ぎからペースが上がっての
持久力勝負となると外々を回って伸びてくるタイプはロスを被りそうです。

今回のメンバー(有力馬)で考えると

8枠16番 ヴィブロス

8枠17番 ルージュバック

6枠12番 スマートレイアー

6枠11番 ディアドラ

5枠10番 ミッキークイーン

ミッキークイーンは追い込み一気の脚質なので
持久力勝負の舞台になれば厳しい面は出てくると思いますが
真ん中の枠なのでレース(脚質)の選択肢は広そうですね。

ヴィブロス、ルージュバック、スマートレイアーは
前に行って競馬をした経験もあるので鞍上の手綱さばきに注目です。

特に逃げた経験もあるスマートレイアーは武豊騎手から
川田騎手に乗り替わりとなったので
川田騎手がスマートレイアーをどう動かすのか興味津々です。

ヴィブロス、ルージュバックは超一流の騎手なので
流れに沿って馬を動かしてくれると思いますので
それほど心配していませんが、プラス材料ではありませんね。

秋華賞馬ディアドラは内に潜り込んでの競馬も出来るタイプなので
この枠なら岩田騎手が得意のイン差しを決める事も可能です。

ただ、ルメール騎手から岩田騎手への乗り替わりはマイナス要素として捉えています。

 

内枠の馬に注目してみると

3枠5番 モズカッチャン

3枠6番 リスグラシュー

が入りましたが、モズカッチャンは秋華賞、オークス、フローラステークスで
イン差しを決めているように外を回っての体力勝負や瞬発力勝負よりも
立ち回りで勝負をしたいタイプの馬なので良い枠に入りましたね。

リスグラシューは展開一つだと言えます。

勝負どころでの反応が遅い馬なので
スローペースになってしまうと加速が遅れてしまいます。

流れがタフになればなるほど持ち味を発揮するタイプなので
各馬が早めに仕掛ければ仕掛けるほど良さそうです。

ただ、福永騎手には合わなさそうな馬だと思いますね。

 

伏兵陣に目を向けてみると

2枠3番 トーセンビクトリー

は立ち回り勝負が得意なタイプなので枠順は良さそう

4枠7番 クイーンズリング

も内から伸びてこられるタイプなのでこの枠は良いですね。

7枠13番 ジュールポレール

はもう少し内が欲しかったですね。

 

まとめ

2017エリザベス女王杯で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠5番 モズカッチャン

5枠10番 ミッキークイーン

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

全体的に枠順の有利不利は小さく
クロコスミアが作り出す流れとクロコスミアを捕まえてにいく
有力馬の動向で流れと結果が変わってきそうですね。

 

私が2017エリザベス女王杯で注目している馬は
前走で復活の兆しを掴み、今回も人気がなさそうなあの穴馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。