2017武蔵野ステークス枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017武蔵野ステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた武蔵野ステークスでの
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

武豊騎手の路上キス(スキャンダル?)ニュースが
ヤフーにアップされていましたね。

もちろん相手は奥さんの佐野量子さんではなく
別の女性だったようですが
もし、こんなニュースで武豊騎手の評判が下がったら嫌ですね~。

「しばらく、レースへの騎乗を自重します」

とか、言ったらどん引きです。

ここ最近は不倫のニュースに厳しいですが
こういった事は別に本人の問題なので
私としては「ご自由にどうぞ」という感じですね。

レースに騎乗する騎手としての武豊が好きなので
不倫をしていようがいまいが競馬を楽しむのになんら関係はありませんし
ジョッキー武豊騎手への評価はなんら変わりありません。

「遊んでくれて結構!その変わり最高の騎乗を見せて下さい!武さん」

という感じですね。

という事で武蔵野ステークスの話をしていきます。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“エリザベス女王杯”

ヴィブロスをはじめディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャン
ルージュバック、ミッキークイーン、スマートレイアーと実力馬のオンパレードですが

「余程の事がない限りほぼ大丈夫だろう」
という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

こう煽っておいて高額な情報料がかかるんだろうなと思っているかもしれませんが

今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、エリザベス女王杯の馬連3点の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、武蔵野ステークスの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず武蔵野ステークス(東京ダート1600m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・差し馬が届かず、先行馬が有利

・人気馬が信用出来ず荒れる傾向にある

という特徴があります。

また、今週は天気の方も問題なく久々に良馬場でのレースが見られそうですが
トライアルレースとしてレースを見ていく必要がありそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

“差し馬が届かず、先行馬が有利で荒れ傾向”

という事はトライアルなので有力馬は無理をせず
ペースが落ち着くという事です。

その点を踏まえていると昨年から豪脚を披露している

8枠16番 カフジテイク

は展開的に向かない可能性があります。

昨年秋からのパフォーマンスを見てみると
展開不問で差してくる地力があるので
勝負にならない訳ではないと思いますが
過去の傾向から考えていくと流れに恵まれない可能性は高そうですね。

ただ、枠順はいい枠を引きました。

東京に限らず、ダート戦は外枠の偶数番が好成績を残しており
カフジテイクとしては他の馬に関係なく自分のペースで追走して
大外に回して最後差してくるという競馬になりそうですね。

 

同じく差し馬のイメージがある

3枠6番 サンライウノヴァ

はカフジテイクと同じくらいの位置で競馬をすると厳しいと思いますが
内枠を引いたこともあって、ある程度前のポジションで競馬をしそうです。

前走1400mの競馬を使って、速いペースを経験しているので
200mの距離延長に加えて、ペースが落ち着きやすい武蔵野ステークスなら
7,8番手くらいのポジションを取ることが可能です。

内枠に入ったので、ある程度前に行った方が競馬がしやすそうですね。

 

同じく追い込み馬に目を向けてみると

4枠8番 ノンコノユメ

は自分の競馬が出来る上々の枠順をGETしたと言えます。

ただ、この馬の場合は全盛期の走りが出来ていないので
そのあたりをどう判断するかが焦点となりそうです。

今回は長期休み明けで体力もばっちり残っていそうですし
クリスチャンデムーロ騎手が騎乗するので
ノンコノユメの全力が出せれば、良いレースは出来ると思いますが
展開面での割り引きは必要ですね。

 

穴人気になりそうな追い込み馬

1枠1番 クイーンズサターン

は最悪な枠順を引いてしまいましたね。

内を突いて差してくるのは精神的な負荷がかかりますし
外に回すにも距離ロスが大きすぎるので、かなり厳しい競馬が予想されます。

内をピッタリと回って、もし直線で前が空いたら
そこを狙うというような騎乗になると思います。

 

ここまで追い込み馬、差し馬に目を向けてきたので
先行馬に目を向けてみましょう。

有力馬で前のポジションを取りそうなのは

7枠13番 インカンテーション

5枠9番 サンライズソア

このあたりでしょうか。

2頭とも外目の枠順を引けたので気分良く前に行くことが出来そうです

インカンテーションは主戦の岩田騎手がデイリー杯のフロンティアに乗るため
鞍上に三浦皇成騎手を迎えての1戦とあって興味が尽きません。

私が騎手だったらフロンティアよりもインカンテーションに乗りたいですが
岩田騎手はフロンティアを選びました。

インカンテーションの勝負度合いは気になるところですね。

低レベルが叫ばれている今年の3歳世代ですが
サンライズソアは近2戦で共に1番人気を裏切っての3着

今回は強い競馬を見せたユニコーンステークスと同じ舞台なだけに
負けたときの言い逃れが出来る状況ではなく注目ですね。

吉田豊騎手への乗り替わりも注目です。

先行馬が有利な流れになりやすい事を考えると好位で競馬が出来る

6枠12番 ベストウォーリア

5枠10番 ピオネロ

7枠14番 モーニン

このあたりが一番競馬をしやすそうですね。

3頭とも外目の偶数枠という良い条件で
人気もそれほどなさそうなので
穴馬としては狙いやすい条件が揃っていそうですね。

 

まとめ

2017武蔵野ステークス杯で良い条件の枠をゲットしたのは

6枠12番 ベストウォーリア

5枠10番 ピオネロ

8枠16番 カフジテイク

今回はこの3頭を挙げたいと思います。

全体的に有力馬はいい枠を引き当てたレースになりましたね。

あとは展開(脚質)と馬の調子(昇り調子か下り調子か)を見極めるレースになりそうですね。

荒れ傾向にある武蔵野ステークスなので攻めていきましょう!!

 

私が2017武蔵野ステークスで注目している馬は
近走力を出しておらず、余力がありそうな上に展開も向きそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。