【2017マイルチャンピオンシップ】過去10年のデータ分析|牝馬と3歳馬は大苦戦!?

Pocket

2017マイルチャンピオンシップを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る年齢は3歳馬?古馬か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
マイルチャンピオンシップで好走している馬について話をしていきます。

 

こんにちは、MOTOです。

秋の名物GIとして定着している
マイルチャンピオンシップですが
私的にはこのレースは歴史が浅いレースという認識です。

私が競馬を始めた頃はまだ10回目とかでしたからね
今回のマイルチャンピオンシップは34回目

単純に私が年をとったんだなと感じますが
私が今まで見てきた中で最も印象に残っている
マイルチャンピオンシップ勝ち馬が

「ジェニュイン」

です。

ディープインパクトやハーツクライの父親であるサンデーサイレンスの
初年度産駒として皐月賞とマイルチャンピオンシップの
2つのGIを勝った名馬ですが、とにかく気まぐれな馬でした。

有馬記念で惨敗した時は騎乗していた岡部騎手に

「風が強かったから走る気をなくした」

と言わしめました。

“えー、ジェニュインって風が強いと走らないのー!?”

とちょっとしたカルチャーショックを受けた記憶がありますが
とにかく走らない時は格下相手でも惨敗する馬で
その気分屋っぷりが、愛くるしさを醸し出していて大好きな馬でした。

あと“ジェニュイン”って名前もかっこいいですよね。

ちなみに“ジェニュイン”とは“天才”という意味です。

天才児ジェニュインが勝ったマイルチャンピオンシップで
今年の勝ち馬になる馬はどんな馬なのでしょうか?

 

さて、今週はそのマイルチャンピオンシップが行われます。

昨年のチャンピオンであるミッキーアイルは引退しましたが
2着のイスラボニータ、3着のネオリアリズム
春のマイル王サトノアラジンなどの既成勢力に加えて

スプリンターズステークスを勝ったレッドファルクス
富士ステークス勝ちのエアスピネル
3歳馬のペルシアンナイトらの
新興勢力がぶつかり見応えのある競馬になりそうです。

そんなマイルチャンピオンシップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

平坦コースながらタフさが求められるレース

まず、最初に注目したのはマイルチャンピオンシップの年齢別成績です。

3歳馬の成績が異様に悪いことが分かります。

26頭挑戦して馬券に絡んだのはたったの1頭
事実上、壊滅状態になっている事が分かります。

3歳馬の成績が悪く、古馬の成績が良いという事は
タフなレースになっているという証拠です。

マイルチャンピオンシップは京都競馬場の平坦コースで行われるので
スピードが求められるレースだと思われますが
GIという事で激しいレースになっており
一介のスピード馬では通用しない事が分かります。

スピードを持ち合わせている事が前提ですが
タフなレースに耐えられる馬を選んでいくと良さそうですね。

ちなみに“タフさ”という観点から見てみると
牝馬の成績も良くないのが特徴的です。

以下は牝馬の成績を示した表になります。

複勝率、複勝回収率と好走の目安となる数値が
共に平均よりも大幅に低下している事が分かります。

平坦コースながら軽いスピード勝負にならずに
タフなレースになっていると言うことは
牝馬の成績からも読みとれますね。

 

差しは届かず、先行馬が優勢なレース

次に脚質別の成績を見てみましょう。

以下は4コーナーでの順位別の成績になります。

4コーナーで7番手以内にいた馬の
複勝回収率は100%を超えています。

逆に4コーナーを7番手以下のポジションでレースをした馬は
複勝回収率が49%と7番手以内にいた馬と比較すると
半分以下の回収率をなっており成績が悪いことが分かります。

京都競馬場外回りはディープインパクト産駒の庭で
「差しが通用する舞台」と認識している人が多いですが
マイルチャンピオンシップに関しては圧倒的に先行馬有利であると言えます。

ちなみに種牡馬別成績を見てみると

ディープインパクト産駒は実数では1位となっていますが
回収率という観点で見てみると振るいません。

平場で行われる京都芝1600mとは別の舞台と考えた方が良さそうですね。

 

実力通りに決まる堅いレース

最後にマイルチャンピオンシップの人気別の成績を見てみましょう。

1番人気から5番人気までは高い回収率を見せているのに対して
6番人気以降は回収率が振るわない点が見て取れます。

マイルチャンピオンシップは以前より
「日本一堅いGI」というフレーズがついていたレースですが
近年(過去10年)の成績を見てみても同様の事が言えます。

先ほど牝馬の成績を見て頂きましたが

全頭(単勝50倍以下)の平均回収率が低い事が分かります。

このデータからも堅い決着で収まっている事が分かります。

 

以上が2017マイルチャンピオンシップを攻略するための主たるデータです。

3歳馬・牝馬・追い込み馬は苦戦しているレースである
と言うことは覚えておくと良さそうですね。

私がマイルチャンピオンシップで注目しているのは
マイルチャンピオンシップの舞台に合いそうな馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“マイルチャンピオンシップ”

サングレーザー、エアスピネルなどが加わったものの
全体的には昨年とほぼ同じメンバー構成で軸選びが悩ましいところですが

競馬セブンでは
「余程のアクシデント以外に負ける要素がない」
という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

「臨戦過程・状態ともに完璧。情報的にも良い話しかはいってこない」

と言わしめる1頭の貴重な情報を

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。