フェブラリーS予想|現役ダート最強馬を決める戦い!


今年最初のGIフェブラリーS
現役屈指の実力者があつまり
ダートの最強馬を決める戦いとなります。

早速、予想をしていきましょう。

まずは東京ダート1600mの傾向から確認しましょう。

http://xn--qckyd1c280nuitrv9ao66b.jpn.com/?p=641

基本的に実力通りに決まる舞台ではありますが
圧倒的に外枠が有利な舞台です。

過去10年で10番~16番の馬が8勝

去年のグレープブランデーは1枠2番だったので
内枠が絶対に来ない、という訳ではありませんが、
ここは頭に入れておきたい要素ですね。

フェブラリーS 勝負度合い 50%

昨年のジャパンカップダート上位馬に
トライアルを勝ったゴールスキーとベストウォーリアが挑む

人気の上ではこのような形になりそうです。

本命は ベルシャザール です。

昨年はダートに転向して一気に頂点に達した馬ですが
その中で一番高いパフォーマンスを見せたのが
今回と同じ舞台の武蔵野S。

馬は充実期を迎えており、鞍上デムーロ、枠も外目という
絶好の条件なら素直にこの馬を本命にする一手です。

対抗は ニホンピロアワーズ です。

前走は相手が弱かった点はありますが、久々の完勝。
前々で競馬が出来る点が強みで能力前回なら押し切れるだけの
力を備えた馬だと言えます。

続いて展開がハマった時のシルクフォーチュン
スピード勝負が不安も安定感のあるホッコータルマエ
最後に内枠ながらも前走迫力満点の走りを見せたベストウォーリア

この4点で勝負をしたいと思います。
ワンダーアキュートはジャパンカップダートの舞台と比べると
フェブラリーSのパフォーマンスはやや劣るので
来ても3着という事で外しました。

ベルシャザールから馬連4点勝負としましょう。
馬単でもいいんですけど、まあ確実にいきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。