ハーツクライ産駒が長距離で魅せるか!?ダイヤモンドS予想

Pocket

二週にわたって続いた大雪も影を潜め
今週は通常通りに府中で競馬が行われます。

今日のメインレースはダイヤモンドステークス
3,400メートルのレースは
このレースくらいのものなので
晴れていても非常に難解なレースです。

例年ほかのレースが参考にならないので
あまり勝負をするべきではないと思いますが
予想はしっかりとしていきましょう。

ダイヤモンドS 勝負度合い 30%

距離適性だけ見ると、万葉ステークス組に
一日の長があるような気がしますが
万葉ステークスを勝ったタニノエポレットは
京都コース巧者。

今回も人気を背負う事を考えると、
能力的には本命にはふさわしくないと考えます。

本命は フェイムゲーム です。

中山金杯とAJCCの内容は非常に濃いものでした。
走りからすると中山コースのほうに適性を感じますが
ハーツクライ産駒は長丁場が得意ですし
絶対的な能力はこのメンバーであれば一枚上だと判断できます。

ここは能力を買っていきたいと思います。

対抗は ラブラドライト です。

前走に引き続き50キロという軽ハンデで出走できることが魅力で
展開としてもこの馬に鈴をつけるような馬が
見当たらないのも好材料です。

自分の競馬ができる可能性が高いので
外すことのできない馬です。

3番手はフェイムゲームと同じハーツクライ産駒のアドマイヤバラード
最後に不気味なファイヤーを抑えて
3点勝負としたいと思います。

買い方はフェイムゲームから馬連で3点
あまり配当がつかないことが予想されるので
あまり積極的に勝負したいレースではありませんが
フェイムゲームの走りには注目したいと思います。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。