横山典弘騎手好騎乗!脚質転換したデスペラードが快勝!重賞回顧


先週は変速開催で3つの重賞が行われました。

まずは一番の注目である京都記念から回顧していきます。
ジェンティルドンナは馬群に沈み
追い込みから逃げに転じたデスペラードが見事な勝利を収めました。

スーパー競馬に出演していた蛯名正義騎手は
ノリちゃん(横山典弘騎手)はまくるか逃げるか
すると思っていた。

と言っていましたが、ここが横山典弘騎手の特徴であり怖いところですね。
昔の馬で言うとカンパニーを思い出しました。

話を戻して、デスペラード評ですが
逃げという戦法が身に付いてくれば成績は安定してくると思います。
この馬の武器は無尽蔵のスタミナと推進力のある末脚ですから
全盛期のタップダンスチーのような競馬が出来れば
GIまでも手が届くかもしれません。

次走どんな競馬を見せるのか注目ですね。
ぶっつけ天皇賞であれば先物買いするのも一手ですね。

2着トーセンラーは安定した強い競馬を見せてくれました。
適距離はマイルなので、距離を縮めてくれば
もっと高いパフォーマンスを発揮出来るでしょう。
あとは京都以外の走りも見たいですね。

3着アンコイルド、4着ラキシスは取り立ててインパクトのある
走りではありませんでしたが
着を拾ってきたので、次走再度見ていきたいと思います。

ジェンティルドンナは6着と惨敗
斤量や馬場といったところに敗因を求める人が多いですが
これだけの負け方は気持ちの問題でしょう。
フィギュアスケートの浅田真央選手のような
覇気のない感じ・オーラのない感じが気になります。

もう復活は厳しいかも知れません。

続いて月曜日に行われた東京新聞杯にいきましょう。

レースはホエールキャプチャが外を豪快に伸びて勝利しました。

この馬、東京マイルは非常に走りますね。
ベストの条件だという事は間違いありません。
加えて、輸送で疲弊した有力関西馬が相手だったという状況や
湿った馬場も味方してくれました。
ヴィクトリアマイルは当然チャンスありです。

2着エキストラエンドも非常に価値のある走りでした。
切れ味をそがれながらも、ジワジワ伸びてこれた事は収穫です。
やはりマイルは適距離ですね。
安田記念は相当やれると思います。

3着クラレントも地力を見せました。
こちらは切れる脚がない分、元々ジリジリ伸びる馬ですが
最後は一度交わされたエキストラエンドに迫っていたので
自分の走りは出来たのではないかと思います。
同じ条件である安田記念はかなり面白い存在です。

4着コディーノは期待と走りがチグハグですね。
距離・コース、色々と言う人がいますが
私は成長力だと思っています。
なので、私は今後よほどの事がない限り馬券は買いません。

逆に5着に入ったサトノギャラントはもっと成長出来る馬です。
出遅れからの最後方という競馬から脱却出来れば
重賞はすぐに勝てるようになるでしょう。

最後に火曜日の行われたクイーンCですが
フォーエバーモアが完勝でした。

スタートしてからコーナーまでかかり気味だったので
最後の直線での伸びが心配でしたが
抜群の手応えで追い出しを待つ余裕がありました。
ただ、手応えの割には追っての味がない点は気になるので
GIクラスの戦いになると一歩劣りそうです。

それなら2着のマジックタイムの方が先々の可能性がありそうです。
直線は前が詰まり、一度開いて差を詰めたら前が詰まり
という勿体ない競馬でした。
スムーズであれば、勝てた競馬でしたし
距離が延びても走れそうなので、今後の期待度はこちらの方が上でしょう。

東京新聞杯とクイーンCは今回の成績を
そのまま鵜呑みには出来ませんが
見る側として収穫の多いレースでした。

次走以降に活かしていきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。