【2017JBCクラシック予想】本命アウォーディー、危険な人気上位馬は…

Pocket

2017年11月3日(金・祝)に大井競馬場(南関競馬)で行われる
JBCクラシックの出走予定馬を見ながら
予想(人気馬の評価)と馬券の買い目について話していきたいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

今日は地方競馬で一番盛り上がる日である
JBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシック
のGI3連発の中から大一番である
JBCクラシックの予想をしていきたいと思います。

地方競馬の中でも最もお祭り感の強い日ではありますが
こういった試みは結構好きな方です。

以前、JRAでジャパンカップとジャパンカップダートを同じ日に行いましたが
「レースの売上に繋がらなかった」という理由から別日での開催になりました。
(今はチャンピオンズカップとしてジャパンカップの1週後に行われていますね)

JRAの場合は既に多くの常連客を抱えており
大きいレースをまとめて新しい顧客を抱えようとするようなイベントよりも
既にいる顧客に対して、多くお金を使って貰う形のイベントを作った方が売上が上がるので
ジャパンカップとジャパンカップダートの日にちを分けたことは当然と言えますが

常連客(固定客)の数が少ない地方競馬にとっては
GIを毎週行っても集客力に乏しいので
今回のJBCのように集客力を持たせるイベントをやるのは自然の事だと思います。

地方競馬の事は正直それほど詳しくないのですが
頑張ってJRAと共存して欲しいですね。

 

さて、今回のJBCクラシックの予想をしていきたいと思います。

JBCクラシックは毎年持ち回りで舞台が変わるレースですが
2017年は大井競馬場で行われます。

メンバーをみてみると中央勢がかなり強力なので、地方馬にはチャンスがなさそうなレースです。

それだけに馬券を絞って買わないと元が取れない
(もしくは利益が出せない)という事態になってしまうので
多少リスクをとりながら2017JBCクラシックの予想をしていきたいと思います。

また危険な人気馬についても話していきます。

 

< 予想の前に私が発行しているメルマガのお知らせです >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

今年の予想成績は回収率125%

勝つことだけに拘ってガムシャラに競馬予想をしている結果を載せているので
一度、登録して回収率アップの為の方法論を堪能してみて下さい。

 

 

さて、話を戻しまして、まずは枠順を見て頂きましょう。

今年は13頭立ての競馬

そして、手薄な地方勢ということで
印は例年通りJRAの馬から打つ形になりそうですね。

 

印は以下の通りです。

◎ 1 アウォーディー

○ 12 ケイティブレイブ

▲ 8 サウンドトゥルー

危険馬 10 アポロケンタッキー

危険馬 3 オールブラッシュ

危険馬 7 グレンツェント

危険馬 5 ミツバ

 

各馬の見解は以下の通りです。

 

本命 1 アウォーディー

前走の帝王賞は展開が向かなかった形ながら
先行馬で最先着の3着と力を見せました。

今回のJBCクラシックでは前走の帝王賞ほど苦しい展開になる可能性は低く
確実にパフォーマンスを上げてくると思われます。

人気ではあると思いますが、ここは切れない存在なので
素直に評価をしたいと思います。

 

対抗 12 ケイティブレイブ

前走の日本テレビ盃では1番人気を裏切って3着に敗れましたが
2走前の帝王賞がドハマりした内容の競馬だったので
パフォーマンスを落とすことは致し方ない結果でした。

日本テレビ盃では4頭が横並びになる厳しいレースだった分
今回は楽な競馬が出来そうな点はプラス材料です。

帝王賞での後方一気のレースからも着実に力をつけている印象で
今回のJBCクラシックでは買い時だと言えます。

 

3番手 8 サウンドトゥルー

波の少ないタイプの馬で毎回堅実に自分の力を出してきます。

実績の通りアウォーディー、アポロケンタッキー、ケイティブレイブといった
強豪馬とも互角に戦える地力があり、ここは外せない存在です。

 

危険馬 10 アポロケンタッキー

前走は海外帰り2戦目という事で本来の力を出して完勝しました。

550kgを超える大型馬の割には体質がそれほど強くなく
好走の後に凡走を繰り返すタイプなので
前走の日本テレビ盃でしっかりと決めた後の今回はパフォーマンスが落ちると判断します。

 

危険馬 3 オールブラッシュ

川崎記念こそ勝ちましたが本質的に能力不足。
今回の相手はかなり強力なので互角には戦えないとみて切ります。

 

危険馬 7 グレンツェント

近走不振という点もありますが
馬体が大きくなく、大井の深い馬場ではパフォーマンスが落ちる馬なので
適性面でも問題ありと見て切ります。

 

危険馬 5 ミツバ

マーキュリーカップを勝ってはいますが
ここで負かしたピオネロやクリノスターオーはG3レベルの馬。
オールブラッシュ同様、地力不足と見て切ります。

 

馬券の方ですが、3頭にしか印がないので2点で馬券を買います。

馬連 1-12 1500円

馬連(抑え) 1-8 500円

事実上の1点勝負ですね。

 

大井のフェスティヴイェル、サブノクロヒョウ、バルダッサーレ、スパイア
浦和のタマモネイヴィー、ハーキュリーズ

以上の馬はどう考えても能力が足らず、地方勢が入ってくる余地は限りなく0でしょう。

危険馬に指名したアポロケンタッキーが
走るか走らないかで的中の行方が左右されそうなレースですね。

2017JBCクラシックは
10月3日(金・祝) 17:10に出走を予定しています。

 

 

私が毎週のJRA重賞で注目している馬はブログランキングで公表しています。
今週はアルゼンチン共和国杯とみやこステークス
共に穴馬を狙えそうですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は荒れるハンデ重賞 ”アルゼンチン共和国杯”

最大の注目はダービー2着の『スワーヴリチャード』ですが
「秋は最初から天皇賞・ジャパンCの路線で行こうと思っていた」
とハナから菊花賞は出走しない予定だった様子。

菊花賞を回避した理由は、『競馬セブン』では公開しています。

そして 裏付けが取れた”ある馬” の勝負ネタを極秘入手済みです

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員の登録してくれた方に答えを教えます。
そして、アルゼンチン共和国杯の馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
    ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。