【2017みやこステークス予想】買える有力馬、買えない危険馬診断

Pocket

ここでは2017みやこステークスに出走を予定している人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬の判断をしていきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

どうも、三国志の中で一番好きな武将は「関羽」のMOTOです。

歴史物に全く興味がない人は「三国志」の事は知らないかもしれませんが
ちょっと歴史に興味がある人なら知っていると思います。

小説でも発表されている作品ですが
漫画やゲームでも世の中に出ているため
知名度はかなり高いと思います。

私は何で三国志を知ったのかというと「ゲーム」です。

KOEIが出しているこれですね。
(いまあるのかな??)

そこでドハマりして、漫画に行って、小説に行ってと
一通りコンプリートしました。

ゲームや漫画を批判する人って多いですけれども
めちゃくちゃ知識を得られる場だなぁって思います。

スーパーマリオをやったことで

「キノコを食べると大きくなるんだ!」
「カメに触れてしまうと死んでしまうんだ!」
「土管には入れるものなんだ!」

と多くの事を学びました。

と、おふざけはさておき
自分の好きなことを好きなだけやるのはいいことですよね。

漫画が好きであれば漫画をたくさん読めばいいし
ゲームが好きであれば、色々なゲームをとことんやってみる

そうやって好きなことに熱中していれば、何かしらの発見はあるものです。

そして、今私が一番熱中しているのが「競馬」です。

今週はGIこそありませんが
熱く予想をしていきたいと思います。

 

さて、今週はみやこステークスが行われます。

夏の北海道で強い競馬を見せたテイエムジンソク
ドバイ、アメリカと海外を遠征したエピカリス

など、ダートの頂上決戦に向けた新星が出走してくる楽しみなレースです。

ダートで実績のある超一流馬は
JBCクラシックに向かうのでレベル的には一枚落ちで波乱がありそうな
難しいレースではありますが、人気各馬の能力判断、適性判断をしていき
馬券的中のヒントになる見解を提供できればと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は荒れるハンデ重賞 ”アルゼンチン共和国杯”

最大の注目はダービー2着の『スワーヴリチャード』ですが
「秋は最初から天皇賞・ジャパンCの路線で行こうと思っていた」
とハナから菊花賞は出走しない予定だった様子。

菊花賞を回避した理由は、『競馬セブン』で公開しています。

そして 裏付けが取れた”ある馬” の勝負ネタを極秘入手済みです

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員の登録してくれた方に答えを教えます。
そして、アルゼンチン共和国杯の馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

それでは、いきましょう!

 

エピカリス

前走のレパードステークスは人気を裏切って3着に敗れたエピカリスですが
UAEダービーを2着して、アメリカへ遠征した(出走はせず)ことを考えれば
本調子でなくても当然だと言えます。

今回は状態も上がって、期待が膨らんできますが
過去にプラムドパシオンやゴールデンバローズなど
3歳時にドバイのGIで好走して、そのレースで燃え尽きてしまったという例は
多々見受けられ、今回エピカリスが2歳時のような能力全開の
強い競馬を見せられるかというと不安な点があります。

 

テイエムジンソク

前走のエルムステークスでは圧倒的な人気に押されながら
ロンドンタウンに完敗してしまったテイエムジンソク

オープン特別で圧勝を続けていただけに案外な競馬でした
本当の能力はどれくらい高いのか?
前走のエルムステークスがテイエムジンソクの限界だった可能性もあり
ここで凡走をしても驚けない存在です。

 

ローズプリンスダム

前走のレパードステークスでは単勝66倍の超人気薄ながら
圧勝したローズプリンスダム

鳳雛ステークスでも強い競馬を見せているように
高い能力を持っている馬であることは間違いありませんが
ジャパンダートダービーでは見せ場なく8着に敗れていることから
走れる体制(気持ち)である時にしか走らないタイプであることは明らかです。

今回のみやこステークスはレパードステークスで激走した後の1戦とあって
ローズプリンスダムにとっては気持ちを繋ぐのに苦労しそうな環境だと言えます。

 

キングズガード

前走の南部杯でも強豪を相手に3着に食い込んだキングズガード

カフジテイクに2度続けて好走している点からも
徐々に力をつけて、今が充実期であることは明らかですが
今回は未知の距離ともいえる1800mでの戦いとなります。

GIを戦う上で1800mを走れるかどうか試している向きもあり
今年の実績ほど信頼度は高くないと言えます。

 

タガノディグオ

ジャパンダートダービーまでは安定した成績を収めていたものの
レパードステークス、白山大賞典と惨敗してしまったタガノディグオ

重賞でも走れる能力を持ち合わせていることは間違いありませんが
ずっと好走を続けてきただけに蓄積疲労が表に出ており
溜まった疲労が回復できるかどうかが、みやこステークスでの焦点となります。

 

モルトベーネ

今年のアンタレスステークスを勝ったモルトベーネ

前走のシリウスステークスこそ惨敗したものの
アンタレスステークス勝ちや東海ステークス2着と
今年着実に力をつけている馬ですが
好走と凡走の差が激しく、自分のリズムで走れないと好走できないタイプです。

先行争いが激しくなりやすいみやこステークスにおいて
モルトベーネがどこまで自分のリズムで走れるのか?
期待よりも不安が大きい存在だと言えます。

 

以上です。

 

今年はエピカリスとテイエムジンソクの2頭が人気の中心になりそうです。

2頭とも実力のある馬ですが、G3レベルで勝ち負けが出来ている馬や
条件戦を強い勝ち方で勝ち上がってきた馬など
どの馬にもチャンスがありそうな面白いレースになりそうですね。

2017みやこステークスで私が注目している馬は
今回の舞台に高い適性を持っているあの穴馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。