【2017みやこステークス】過去10年のデータ分析|若い馬を狙え!!

Pocket

2017みやこステークスを予想する際に必要となる
過去10年(実際は過去7年)に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は若駒か?古馬か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
みやこステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

こんにちは、MOTOです。

毎年11月は死ぬほど忙しい思いをします。

朝の6時から仕事を始めて
夜の12時まで仕事をしている
というのも珍しくありません。

そんな生活を過ごしているとどうなるのか?

めっちゃイライラしてきます。

そして、めっちゃネガティブになってきます。

自他共に認める「ガリ勉根暗野郎」の私ですが
基本的にはかなりのポジティブ野郎です。

まさかの“根暗”と“ポジティブ”が融合した存在がMOTOなのですが
やっぱり忙しすぎると心の余裕がなくなってくるものです。

とりあえず激しい夫婦げんかをしつつ、情緒不安定になるのは恒例行事ですが
それでもこの忙しさをなんとか払拭出来るよう頑張り中です。

夫婦げんかもしたくないですし、毎日楽しく過ごしたいですからね。

この忙しい環境にいないと飯が食えない状況を作ってしまっているのは
私自身のせいなので、その忙しい環境にいなくても飯が食えるように
現状を変えていきたいですね。

人のせいにしたり、周りのせいにしてしまったら
今後一生何も変わりませんからね。

 

さて、今週はGIが一休みとなり、
ちょっと魅力のないレースが行われる週です。

アルゼンチン共和国杯とみやこステークスという組み合わせは
両方とも華がないので、個人的には好きではありません。

さて、今週は華のない”みやこステークス”が行われます。

「過去10年の勝ち馬を言ってみな?」

と言われてもあまり印象にないのですが
過去にはアポロケンタッキー、インカンテーション
エスポワールシチー、トランセンドなどそれなりの馬が勝ち名乗りを挙げています。

個人的な好き嫌いはともかくチャンピオンズカップを占う意味では重要なレースです。

そんなみやこステークスを攻略すべくこのレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年(実際は過去7年)のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

若い馬が強いレース!高齢馬はスピードへの対応が疑問!?

まず、最初に注目したのはみやこステークスの年齢別成績です。

6勝を挙げている4歳馬が圧倒しているように見えますが
複勝率や複勝回収率を見ると3歳馬の方が好成績です。

若い馬が好成績を挙げているレースは総じて
スピード比べになるレースが多いです。

みやこステークスが行われる舞台は
直線が平坦な京都ダート1800m

パワーが必要なダート戦において
数少ないスピードを活かせる舞台でのレースとなるので
スピード能力の高い馬、そして総合力の高い馬をピックアップしていくといいですね。

 

距離延長ローテは危険!脚質に大きな差はなし

次に前走距離別の成績を見てみましょう。

距離延長のローテーションで挑んだ馬は10頭しかいませんが
複勝回収率は40%に足らずと成績を残せていません。

これだけだとイマイチ傾向が掴みづらいので脚質についても調べてみましょう

上はみやこステークスにおける4コーナーでの順位別成績ですが
率の面では前に行った馬の方が有利ですが
回収率の面で言うと大きな差はありません。

つまり、みやこステークスは先行・差しといった脚質における
有利不利は少ない事が分かります。

京都のダート1800mという条件は基本的に
前の馬に有利な流れになりやすいのですが
先行馬も差し馬もそれほど条件が変わらない事を考えると
前に行く馬にとって簡単なレースでないことが分かります。

最初に距離延長ローテが成績が振るわないという事を話しましたが
先行馬にとって簡単なレースにならない事を踏まえれば
平坦コースでのレースながらもタフなレースになっている事が分かります。

過去の勝ち馬であるアポロケンタッキー、インカンテーション
エスポワールシチー、トランセンドあたりの名前を見ても
タフなレースが得意な馬だったので、持久力のある馬を買いたいですね。

 

前走はオープン特別組が好成績!超一流はJBC経由?

最後にみやこステークスに出走した馬の前走クラス別成績を見ていきましょう。

重賞からの臨戦は振るわず、オープン特別を経由してきた馬が
活躍している事が分かります。

みやこステークスはチャンピオンズカップのトライアルレースですが
GIで人気になるような一流馬はみやこステークスと開催日が近い
JBCクラシックを使うパターンが多く
本当の一流どころは出走してきません。

ですので、前走オープン特別を使って勢いのある馬
動ける体制にある馬が活躍しているのも納得ですね。

 

以上が2017みやこステークスを攻略するための主たるデータです。

ポイントは超一流どころはJBCクラシックを使ってくるため
1.5流くらいのメンバー構成になっているという点です。

この中途半端なレベルで行われているという現状から
若くて勢いのある馬が活躍しているという結果に繋がっているので
過去の実績に囚われず先物買いをするような気持ちが馬券を買っていくといいでしょう。

私が2017みやこステークスで注目しているのは
まだ全ての力を出し切っておらず、まだ上昇していきそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は荒れるハンデ重賞 ”アルゼンチン共和国杯”

最大の注目はダービー2着の『スワーヴリチャード』ですが
「秋は最初から天皇賞・ジャパンCの路線で行こうと思っていた」
とハナから菊花賞は出走しない予定だった様子。

菊花賞を回避した理由は、『競馬セブン』では公開しています。

そして 裏付けが取れた”ある馬” の勝負ネタを極秘入手済みです

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員の登録してくれた方に答えを教えます。
そして、アルゼンチン共和国杯の馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
    ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。