フェブラリーS出走予定有力馬の評価|ベルシャザールドバイへの道!

Pocket

今週のメインレースは2014年最初のGIレースとなるフェブラリーS

出走を予定している有力馬をざっと見渡すと
昨年覇者のグレープブランデーは全く元気が無く
昨秋に行われたジャパンカップダートの主力メンバーと同じです。

1頭ずつ見ていきましょう。

まず最有力と目されている馬がベルシャザールです。

昨年ダートに転戦してからあっという間に頂点に辿り着きました。
今年はドバイを視野に入れているとのことで
ここは強力メンバーですが勝って当然というような姿勢が伺えます。
この馬の強さを象徴するレースが昨年の武蔵野S
直線で前が詰まりながらも、相手からあっという間に
突き抜けた脚は圧巻で死角は見当たりません。
東京ダート1600m戦も得意な舞台なので不動の本命と見ています。

人気を二分しそうな馬が地方GIハンターのホッコータルマエ

ジャパンカップダートでは3着と負けましたが
東京大賞典と川崎記念を連勝して再び中央のGIに挑みます。
ただ、この馬の走りはスピードに欠けていて
パワーとスタミナが優れているという特徴があるので
今回の舞台となる東京ダートは不向きと私は判断していますが
その辺りをどう払拭するかが焦点となります。

東海Sで復活を果たしたニホンピロアワーズ

一昨年のジャパンカップダートを制してから
順調さを欠き、成績が安定しませんでしたが
ここにきて完全復活の予感があります。
この馬の持ち味はスピードとスタミナ
今回の舞台は力を十分に発揮出来ると思うので期待出来ます。

GIでの惜敗が続くワンダーアキュートは
既に実績があり、年齢による衰えも見せていないので
今回も好走をしてくれるでしょう。
展開としてはベルシャザールの後ろで脚をためるような
形になると思います。

根岸Sを勝ったゴールスキーはジリジリ伸びるような
競馬でインパクトは薄かったので上の4頭と対峙するのは
少し厳しいのではないかと考えます。

なかなか穴馬がつけいる隙がない強豪メンバーですが
穴馬候補としてはベストウォーリアとシルクフォーチュンをあげておきます。

ベストウォーリアは前走の勝ちっぷりが非常によく
昨年秋からの成長に期待が持てます。
成長度合いが予想よりも大きければ上位メンバーの
一角崩しというところまで考えられるので魅力ある穴馬です。

もう一頭のシルクフォーチュンは豪脚がウリの追い込み馬
展開次第ですが、ハマったときは全ての馬を差し切るだけの
破壊力を秘めている事は間違いないところで
「前崩れ」を前提としてこの馬に賭けてみるのは面白いと思います。

今週末は東京(府中)の天気も良さそうなので
面白くて内容の濃いレースが期待出来そうです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。