2017富士ステークス枠順確定、枠の有利不利と雨による馬場悪化の得意不得意を考えた

Pocket

2017富士ステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
金曜日からの雨による馬場悪化時の得意不得意の予想について
過去10年で行われた富士ステークスでの
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、「ガリ勉根暗野郎」ことMOTOです。

昔と違い、最近はレース傾向など好走する馬の情報が
簡単に手にはいるようになりましたよね。

枠順や脚質など色々な要素をレース毎に調べることが出来ます。

私もyoutubeで過去10年間からみる
重賞レースのコース特徴を話していますが
やはり確率は高くなるなぁという印象を受けています。

ただ、これで勝てないのが競馬の難しさです。

色々な人がデータを用いて確率の高い予想をしてくるようになったことで
その馬が来る確率以上に配当が低くなってしまうことが出てきました。

競馬は他の馬券購入者とのお金の奪い合いなので
ただ来る馬を買っているだけでは競馬には勝てないという事ですね。

競馬で勝つには確率とオッズのバランスが大事です。

勝つ確率が50%あっても単勝オッズが1.7倍なら負けますし
勝つ確率が5%でも単勝オッズが30倍つけば勝てます。

このバランスを考えて予想をしていくと
収支に繋がってくるので
想定オッズを頭で考えながら予想をすると良いですよ。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【菊花賞】話題の馬主情報が無料!!

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

ダービー【1万1870円的中】
皐月賞 【8710円的中】

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【菊花賞(GI)・大口勝負馬券】

今回新規登録者に限り特別無料配信!

トップシークレット無料登録はここをクリック!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、富士ステークスの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず富士ステークス(東京芝1600m内回り)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が有利なレース

・ディープインパクト産駒が強いレース

・夏場を使った馬が強いレース

という特徴があります。

これらをまとめていうと

スピード能力勝負となるレース

という事になります。

土曜日の東京競馬場は雨予報なので
馬場が悪化する可能性を十分に含んでいます。

ですので、能力を重視しながらも重馬場の巧拙を含んでいく形の予想になりそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

人気上位馬数頭の争いになりそうなレースですが
その中でも前走の京成杯オータムハンデで強い勝ち方をした

6枠11番 グランシルク

はそれほど良い枠には入れませんでした。

前走の京成杯オータムハンデでは外をグルリと回って
差しきりましたが、グランシルクは内から抜け出す競馬が出来る馬です。

今回は相手が一気に強くなるので
距離ロスのない内枠で勝負をしたかったですね。

真っ向勝負でグランシルクがどこまで戦えるのか?
成長したのか問われるレースになりそうです。

重馬場の巧拙については血統面からみても
京王杯スプリングカップの内容を見ても全く問題がありません。

他の有力馬が重馬場に不安を抱えるだけに重い馬場で勝負したいですね。

 

安田記念で1番人気を裏切った

8枠15番 イスラボニータ

こちらも正直、あまり良い枠だとは言えません

イスラボニータは機動力を武器としている馬なので
内々のロスのないところを通って
しっかり自分の持っている末脚の分だけ伸びる

というタイプの馬なので外枠から外々をグルリと回ると
ロスした分だけパフォーマンスが落ちる結果になります。

ルメール騎手がどのポジションで競馬をするのか注目ですね。

馬場悪化についてはあまり得意なタイプではありません。

2015年の中山記念では重い馬場に脚を取られて5着に敗れたように
パワーで勝負するタイプではないので
出来る限り軽い馬場でレースを行いたいですね。

 

札幌記念では5着と案外の結果だった

4枠6番 エアスピネル

こちらは良い枠に入りましたね。

イスラボニータ同様、エアスピネルは機動力を武器とした
立ち回り勝負が得意なタイプなので
ロスなく乗ることが出来る内目の偶数枠は歓迎です。

前走の札幌記念では久しぶりに先行出来たので
休み明けで距離延長と走る気持ちを刺激する要素がある
今回のレースは先行出来そうですね。

馬場悪化については未知の部分が多いですが
血統やエアスピネルの走りを見る限りは向かなさそうです。

良馬場でやりたいですね。

 

皐月賞2着の実力馬

3枠5番 ペルシアンナイト

こちらは上々の枠を引きました。

適性距離ではないとは言え日本ダービーで体力負けした
ペルシアンナイトにとって理想の形は直線での瞬発力勝負です。

今回は内目の枠に入ることが出来たので
ロスなく乗って体力を温存出来そうです。

古馬との力関係、久しぶりのマイル戦など色々と課題はありますが、
枠順としてはペルシアンナイトにあった枠を引けましたね。

馬場は悪化するとパフォーマンスを落としそうです。

春のシンザン記念では3着と馬券圏内には入りましたが
1着のキョウヘイには為す術なく差され
2着のタイセイスターリーにも負けるという凡走だったことを考えると
重馬場は苦手な馬だと言えますね。

 

2歳チャンピオンの

1枠1番 サトノアレス

は面白い枠に入りましたね。

今までのレースを見てみると外をぐるりと回って
最後のびのびと差してくる競馬を見せていたサトノアレスですが
外差しでは頭打ちになってきた事を考えると
最内枠からのイン差し競馬で新しい味を出す可能性があります。

あとは鞍上の大野騎手をどう取るか、という事になりますが
枠順としては面白い枠に入ったと言えます。

重馬場は避けたいところですね。

重馬場で行われた函館記念でも凡走していますし
典型的なディープ産駒なので、軽い条件の方が合います。

 

NHKマイルカップ4着の

2枠2番 レッドアンシェル

は悪い枠に入りました。

アーリントンカップやNHKマイルカップなどを見ても分かるように
揉まれずに自分のリズムで競馬をして最後伸びてくるのが
レッドアンシェルの持ち味なので
揉まれやすい内枠はマイナスです。

馬場に関しては悪化しない方が力を発揮できそうです。

軽い走りをする馬なので、良馬場でやりたいですね。

 

最後に近走で若干のスランプ状態になっている

5枠8番 ロードクエスト

は良い枠順に入りました。

瞬発力というよりも長く良い脚を使ってどんどん加速している
推進力タイプの末脚を使うロードクエストにとって
直線は外に出して伸びる形が理想です。

極端な内枠だけは嫌でしたが
ポジショニングの自由度が高い真ん中の枠は
ロードクエストにとっては良い条件です。

馬場に関しては悪化を苦にしないでしょう。

稍重の新潟2歳ステークスでは圧勝していますし
もともと時計勝負が苦手なパワータイプの馬なので
少し馬場が渋った方が勝機が出てきそうです。

 

まとめ

2017富士ステークスで良い条件の枠をゲットしたのは

4枠6番 エアスピネル

1枠1番 サトノアレス

この2頭を挙げたいと思います。

今回は枠順確定後における有利不利について話をしましたが
当日の天気と馬場が読めないので直前まで状況を加味して
力を発揮できる馬を見極めて貰えたらと思います。

マイルチャンピオンシップに繋がる重要なレースです!!

頑張りましょう!!

 

私が2017富士ステークスで注目している馬は
未知数の部分はあるものの潜在能力を評価しているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。