2017菊花賞枠順確定、枠の有利不利と雨による馬場悪化の得意不得意を考えた

Pocket

2017菊花賞の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
土曜日からの雨による馬場悪化時の得意不得意の予想について
過去10年で行われた菊花賞での
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

清水良太郎容疑者が覚せい剤使用の疑いで捕まりましたが
2世タレントは起こす率が高いですね。(主観ですが)

よく宝くじで億万長者になった人の
半分以上が当選金を使い切ったあげくに
破産してしまうレベルのマイナスになる

と言いますが、何か似ているなぁと感じます。

お金を持つだけの器がない人が
お金を過剰に持ってしまうと人生が狂ってしまう。

親の稼ぎで楽をしてしまい、お金を持つ器がないまま育ってしまった
2世タレントは人生を狂わせてしまう可能性が高いのだと思っています。

何はともあれ私達に出来るのは
お金を持つ器の人間になるよう努力することだけなので
やれることをやっていきましょう!

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【菊花賞】話題の馬主情報が無料!!

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

ダービー【1万1870円的中】
皐月賞 【8710円的中】

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【菊花賞(GI)・大口勝負馬券】

今回新規登録者に限り特別無料配信!

トップシークレット無料登録はここをクリック!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、菊花賞の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず菊花賞(京都芝3000m外回り)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・ディープ産駒が苦戦するスタミナ比べのレース

・神戸新聞杯組が強いレース

という特徴があります。

これらをまとめていうと

地力勝負ながら適性が結果に影響を及ぼすレース

という事になります。

土曜日、日曜日と京都競馬場は曇り時々雨の予報なので
極端に悪化することはないにしても良馬場でのレースは出来なさそうです。

ですので、基本は能力を重視。
そして重馬場の巧拙を若干含んでいく形の予想になりそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

新聞紙上では1番人気が予想されている

8枠16番 アルアイン

はあまり良い枠だとは言えません。

そもそも京都芝3000mは長丁場のレースになるので
枠順の有利不利はそれほど大きな要素にはならないのですが
アルアインの場合は3000mという距離との戦いがあります。

ですので、極力距離ロスのない内々の経済コースを通ってレースをしたいところですが
(アルアインは馬群を苦にするタイプではないという事も加味して)
8枠での競馬になると外を回らされる可能性が高くなります。

鞍上のルメール騎手は立ち回りの上手い騎手ですし
3000mの駆け引きの中でいつの間にか内に入れて
ロスのない競馬をしている

という事は十分にありますが、本来であれば内枠の方が良かったですね。

重馬場については千両賞で勝っているように問題のないタイプです。
馬場悪化によるマイナスは必要なさそうですね。

 

神戸新聞杯をメンバーの中で最先着した

7枠13番 キセキ

は、今回はあまり枠順は関係ありません。

キセキの場合は差し馬というよりも追い込み馬という感じなので
今回もスタートから1周目は最後方近くで競馬をすると思われます。

ただ、菊花賞は4コーナーで最後方にいてしまうと
厳しいレースなので、3コーナー過ぎから捲っていくのか?
それとも内で脚を溜めて4コーナーのコーナーワークで距離を縮めて
最後の末脚に賭けるのか?

後方からレースを進めればどちらも選択出来るので
キセキ陣営としては枠順は気にする必要はないでしょう。

ただ、馬場悪化については不安要素もあります。

父親のルーラーシップは馬場悪化で強い馬でしたが
キセキは末脚が鋭いタイプで父ルーラーシップよりも
母父ディープインパクトの影響を受けていそうです。

ディープインパクト産駒は重馬場が苦手な馬が多いので
そのあたりは未知数ですね。
実力が計算できる良馬場でやりたいところでしょう。

 

神戸新聞杯で3着に入った

4枠8番 サトノアーサー

は良い枠に入りましたね。

前走の神戸新聞杯では今回の菊花賞を見据えての先行策

定石であれば、再び差しに戻して馬の能力を発揮させる形が濃厚ですが
距離延長となる臨戦に加えて、強力な逃げ馬がいない今回の菊花賞なら
再度先行策にでて勝負を仕掛ける可能性もあります。

今回の4枠8番という枠は内と外を見ながらレースを進めることが出来て
サトノアーサーにしてはしてやったりという枠順でしょう。

馬場に関しては良馬場でやりたいタイプの馬です。
春に行われたきさらぎ賞では2着に入ったものの
終始走りづらそうにしていて前を捉える事が出来ませんでした。

馬場悪化は避けたい馬ですね。

 

セントライト記念でアルアインを破った

6枠12番 ミッキースワロー

こちらも良い枠を引きました。

父であるディープインパクト産駒のトーセンホマレボシは
ディープにスピードを差し引いて、スタミナを足したような馬

直線での瞬発力に賭けるというタイプではなく
体力で勝負する事が出来るタイプなので
外枠で多少の距離ロスがあったとしても問題がありません。

内で揉まれるような競馬よりもスムーズにミッキースワローのリズムで
競馬を展開出来そうな12番枠は絶好の条件と言えるでしょう。

馬場に関してはめちゃくちゃ得意という訳ではなさそうですが
血統や走りの内容からみても極端に悪くならなければ力を発揮できそうです

 

神戸新聞杯で4着になった

7枠15番 ダンビュライト

はまずまずの枠に入ったと言えます。

父ルーラーシップ同様、体力で勝負するタイプの馬なので
外を回る競馬はそれほど大きなデメリットにはなりません。

末脚が切れる馬ではないので
ある程度、前のポジションにつけて持久力勝負に持ち込みたい
ダンビュライトにとって内で包まれるよりも
自由なポジションを取れる外枠の方が向いていると言えます。

重馬場は歓迎のクチです。

明らかに距離が短かった新馬戦は不良馬場で快勝していますし
続くサウジアラビアRCでも稍重馬場で2着と走っています。

馬場が悪化すればするほど狙いが立ちそうですね。

 

セントライト記念で3着に入った

6枠11番 サトノクロニクル

はもう少し内の枠に入りたかったですね。

サトノクロニクルの個性としてどうしても
ゴーサインを出してからの反応が鈍く置いて行かれてしまうという面があるので
内枠からコーナーワークで距離ロスを消して最後の直線に賭けたいところでしたが
今回の枠順で福永騎手が内に入れてくるかは少々疑問です。

馬場に関してはパンパンの良馬場よりは少し悪化した方が良さそうです

時計がかかった方がいいタイプなので
稍重くらいでレースをしたいですね。

 

今回の菊花賞で逃げる事が予想される

1枠2番 ウインガナドル

は絶好の枠順に入りました。

ウインガナドルはとにかく逃げてナンボというタイプの馬なので
最短距離で逃げを出来る内枠で後入れの偶数枠という
今回の菊花賞での枠順はベストの条件だと言えます。

菊花賞を勝ったオルフェーヴルやゴールドシップと同じ
父ステイゴールド、母父メジロマックイーンの黄金配合

脚質も含めて不気味ですし、今回の菊花賞では穴人気しそうな馬ですね。

馬場に関しては悪化した方が力を発揮できそうです。

父ステイゴールドが重馬場に強い種牡馬なので
血統的にこなせる計算が立つ上に
重馬場で行われた夏木立賞も勝っている点から重馬場だと色気がましますね。

 

菊花賞でウインガナドルに続きそうな馬は

2枠4番 クリンチャー

4枠7番 アダムバローズ

8枠18番 マイスタイル

このあたりが挙げられます。

特にアダムバローズに関しては逃げないと成績が残せていないだけに
ウインガナドルにとっては計算の立たない厄介な馬です。

クリンチャーやマイスタイルはGIで好走歴があるだけに
ある程度大事に乗ってくると思われますが
この4頭の先行争いが菊花賞の結果に大きな影響を与えそうです。

 

まとめ

2017菊花賞で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠2番 ウインガナドル

4枠8番 サトノアーサー

6枠12番 ミッキースワロー

この3頭を挙げたいと思います。

今回は枠順確定後における有利不利について話をしましたが
当日の天気と馬場が読めないので直前まで状況を加味して
力を発揮できる馬を見極めて貰えたらと思います。

3歳牡馬クラシック、最後のGIです。

頑張りましょう!!

 

私が2017菊花賞で注目している穴馬は
目立たないながらも実力があり展開も恵まれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。