【2017エリザベス女王杯】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017エリザベス女王杯】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

ヴィブロス 2.9倍
ディアドラ 岩田 4.4倍
ミッキークイーン 4.8倍
リスグラシュー 5.7倍
ルージュバック 6.3倍
モズカッチャン Mデムーロ 7.8倍
スマートレイアー 10.1倍
クロコスミア 12.0倍
クイーンズリング Cデムーロ 17.5倍
ジュールポレール 19.2倍
クインズミラーグロ 25.7倍
トーセンビクトリー 29.6倍
プリメラアスール 35.8倍
デンコウアンジュ 44.1倍
マキシマムドパリ 45.8倍
エテルナミノル 52.1倍
ウキヨノカゼ 71.9倍
ハッピーユニバンス 121.7倍
タッチングスピーチ 126.3倍
プロレタリアト 157.2倍
アドマイヤリード(マイルチャンピオンへ向かう方向)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ドバイのGIを勝った ヴィブロス

前走の府中牝馬ステークスで叩き台らしいレースを見せながら
僅差の2着と好走したヴィブロス

ディープインパクト産駒が不得意な海外帰りの舞台で
しっかりと2着を確保した点は現在のヴィブロスの地力と充実度を表すのに十分な内容だった。

今回は叩き2走目となり、更なるパフォーマンス上昇が見込め
人気になっても外せない存在になりそうだ。

宝塚記念では健在ぶりをアピールした ミッキークイーン 

体質が弱く、昨年は思うようにレースを使えなかったミッキークイーンだが
今年は順調に秋3戦を消化した。

GIヴィクトリアマイルでは阪神牝馬ステークスの反動で惨敗したが
続く宝塚記念では強豪牡馬に混じって3着と好走

改めて能力の高さをアピールした1戦となった。
昨年は調整に順調さを欠きながらも3着に入ったように
牝馬同士なら能力は断然上、そろそろ3つ目のGIを手にしたい。

京都大賞典で牡馬を倒した スマートレイアー 

前走の京都大賞典では最後方から末脚を溜めに溜めて
内を突き抜け、強豪牡馬を倒したスマートレイアー

G2やG3では何度も勝っているスマートレイアーだがなかなかGIには手が届かない。
年齢的にも残りのチャンスは少ないので、今回のエリザベス女王杯は
最後のチャンスになるかもしれない。

京都大賞典に続いて、鋭い末脚を見せてくれるかどうか注目だ。

ヴィクトリアマイル勝ち馬の アドマイヤリード 

前走の府中牝馬ステークスでは最後方に控えながら
抜け出す場所をみつけられずちぐはぐな競馬になりながら
3着に食い込んだアドマイヤリード

前走、前々走と負けているが運がなかったと言える内容で
アドマイヤリード自身は春に見せたパフォーマンスと同じ走りが出来ている。

今回はマイルチャンピオンシップと両にらみとなっているが
どちらも出走すればチャンスはありそうだ。
(マイルチャンピオンシップへ向かう予定)

今年重賞2勝を挙げている マキシマムドパリ 

今年は愛知杯とマーメイドステークスの重賞2つを制しているマキシマムドパリ

前走の京都大賞典は強豪牡馬との戦いに加えて
大外枠と厳しい条件での競馬になり9着と敗れてしまったが
好走と凡走の差が大きく、特に気にする敗戦ではなかった。

今回は牝馬限定戦と相手関係が楽になり
距離も2400mの根幹距離から2200mの非根幹距離に
移ることはマキシマムドパリにとってはプラス要素

近走は惨敗が続いているが、今年の実績からは決して侮れない存在だ。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだエリザベス女王杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。