2017府中牝馬ステークス枠順確定、枠の有利不利と重馬場の得意不得意について考えてみた

Pocket

2017府中牝馬ステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
雨による馬場悪化時の得意不得意の予想について
過去10年で行われた府中牝馬ステークスでの
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
馬場が悪化した時にパフォーマンスを上げるのはどの馬か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

「藤田菜七子騎手が須貝厩舎の馬で新馬戦に乗る予定」

というニュースが流れていました。

関西の強豪厩舎が話題性はあるとはいえ関東の未熟な騎手に
新馬戦を依頼するというのは珍しいですよね。

なんでも調教で稽古をつけている姿を見て
騎乗依頼が決まったらしいです。

このパターンは武豊騎手が監修した漫画「ダービージョッキー」でも描かれていて
調教で稽古をつけると言うことは、馬主や調教師といった
競馬関係者にアピールする事でもあるようです。

一流になればなるほど、一つ一つのアクションを丁寧に行うもの。

“私も平場のレースでも丁寧に予想をしていくようにしなきゃな”

と思いました。

 

< P R >


最強の関西情報社チェックメイトは
この秋も【17万6530円】的中(4阪神4・7R)



昨年の秋華賞は……
1人気の関東馬ビッシュが大敗し8人気カイザーバル含む関西馬上位独占して

3連単【9万5520円】決着

秋華賞(G1)

今年はアノ人気薄関西馬が高配当を演出する!

この秋も
9月17日(日)阪神7R
【17万6530円的中】
最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

秋華賞3連単勝負買い目の

無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、府中牝馬ステークスの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず府中牝馬ステークス(東京芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が有利なレース

・夏場を使っている馬が強いレース

という特徴があります。

土曜日の東京競馬場は雨予報なので
馬場が悪化する可能性を十分に含んでいます。

ですので、能力を重視しながらも重馬場の巧拙を含んでいく形の予想になりそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

ドバイ帰りGI2勝馬

1枠1番 ヴィブロス

はあまり良い枠とはいえません。

紫苑ステークスや秋華賞など差して結果を出してきた馬ですが
海外帰りとなる今回の府中牝馬ステークスは無理をさせない競馬に徹すると考えられます。

エリザベス女王杯を見据えて、先行競馬を試してみるという事は
十分にありえますが、馬場が悪い中で馬群に包まれるような競馬は
させたくないと思いますので、ちょっと厳しい条件になってしまいました。

馬場の方も良馬場に越したことはなく、
馬場も枠順も良くなさそうですね。

 

前走のクイーンステークスで凡走した

5枠7番 アドマイヤリード

こちらは上々の枠だと言えます。

今年の阪神牝馬ステークスは最内から突っ込んできて2着
ヴィクトリアマイルでは馬場の真ん中を割ってきての勝利と
アドマイヤリードは馬群に入っての根性勝負が合っている馬です。

そういった意味ではもっと内目の枠の方が良かったのですが
真ん中の7番枠は選択肢が広く、悪くありません。

ただ、馬場悪化については悪化すればするほどいいと言えます。

父ステイゴールドは道悪の鬼ですし
実際に阪神牝馬ステークスも重馬場を走っています。

アドマイヤリードにとっては恵みの雨となりそうですね。

 

今回のメンバーで最も勢いのある

7枠12番 ワンブレスアウェイ

はもう少し内枠が良かったですね。

過去のレースを見てみると好位でレースを進めて
そのまま押し切る競馬を見せているので
先手をとりづらい府中1800mの外枠は大きなマイナスです。

ポジションを奪うまでにどれだけの体力を使ったかが焦点となりそうです。

重馬場適性については正直なところ未知数です。

アドマイヤリードと同じステイゴールド産駒なので
こなせる可能性の方が高いのですが
過去走ったレースは全て良馬場

今回急に違う条件に変わることは良くない材料だと言えますね。

 

重賞で5連続馬券圏内となっている

6枠10番 クインズミラーグロ

は問題ない枠に入りました。

近走を見ていると脚質の幅もありますし
どの競馬場でも満遍なく走っていることから
順応力の高い馬であることが分かるので
自在に動きやすい真ん中の枠は良いと言えるでしょう。

重馬場もそれほど問題にならないでしょう。

過去稍重馬場で4回出走していますが
【2.0.2.0】と複勝率100%

極端にパフォーマンスを下げることは考えられません。

 

前走で復活の兆しを掴んだ

4枠5番 トーセンビクトリー

は良い枠に入ったと言えます。

トーセンビクトリーの特徴はロスなく立ち回って
直線でなだれ込む時に好成績を収められるタイプなので
好位をとりやすい内目の枠は絶好の条件ですね。

重馬場はそれほど得意ではないタイプの馬なので
少しでもいい馬場で競馬をしたいですね。

トーセンビクトリー自身が非力なタイプなので
パワーが必要な条件は避けたいところです。

 

前走準オープンを勝った

7枠11番 クロコスミア

は良くない枠に入りました。

前走のWASJや3走前の北斗特別で逃げて勝ったとおり
前のポジションを主張したい馬ですが
今回は外目の枠に入ってしまったことで
逃げられる可能性が減りました。

もう少し内に入りたかったですね。

馬場に関しては悪化すればするほど力を発揮できそうです。

ローズステークスではシンハライトと僅差の競馬を演じて
今年の阪神牝馬ステークスでも4着と
馬場が悪ければ悪いほど力を見せている馬ですので馬場悪化は歓迎ですね。

 

昨年の府中牝馬ステークスチャンピオンの

3枠4番 クイーンズリング

はいい枠に収まりました。

過去好走したレースを見てみると
直線内目から伸びてくるレースがあるので
内枠を苦にするタイプではありません。

この馬の場合は条件よりも状態が大きなウエイトを占めそうです。

馬場に関しては悪化しても問題ありません。

京都牝馬ステークスや米子ステークスでは
重馬場をこなしていますので
今回は枠順と馬場適性のバランスが最もいい馬だと言えますね。

 

まとめ

2017府中牝馬ステークスで良い条件の枠をゲットしたのは

3枠4番 クイーンズリング

5枠7番 アドマイヤリード

この2頭を挙げたいと思います。

今回は枠順確定後における有利不利について話をしましたが
馬場がどこまで悪くなるのか読めないので直前まで状況を加味して
力を発揮できる馬を見極めて貰えたらと思います。

エリザベス女王杯の前哨戦で最も重要な府中牝馬ステークスです!

頑張りましょう!!

 

私が2017秋華賞で注目している馬は
大混戦のメンバーにあって、抜群の安定感を見せている馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑
馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク