ダノンシャークが消えた!?2014東京新聞杯見解と仮予想


東京競馬場も4日連続中止を経て
今日の開催を迎えました。

メインレースは重賞「東京新聞杯」

先週とメンバーを比較するとわかると思いますが
ダノンシャークの名前が消えています。

馬券を買う側からすればただ一日中止になっただけですが
馬の関係者からすると重大な問題である事がわかりますね。

という事で、今回のイレギュラーな状態では予想になりません。

なので、今回は予想というより
東京新聞杯の見所と注目馬をあげておきましょう。

一番注目している馬は サトノギャラント です。

父親シンボリクリスエス、母親スティンガーという
藤沢厩舎ゆかりの超良血馬です。

前走は大きな出遅れからジリジリと伸びてきて
最後は力でねじ伏せる強い競馬。

切れ味ではなく推進力で勝負するタイプで
悪い馬場に対応出来る可能性も高く
何より関東馬なので、輸送による負担が少ないのが魅力です。

今回の強いメンバーでどこまでやれるかは未知数ですが
同厩舎のコディーノよりも伸びシロがあると考えます。

期待したいですね。

今回のレースはともかく将来的に期待したい馬は
エキストラエンドです。

京都金杯で見せた差し脚はマイラーとして一級品。
今回はどうなるかわかりませんが、
安田記念、マイルチャンピオンシップでは
馬券対象に絡める可能性は十分あると見ています。

この2頭に注目して東京新聞杯を鑑賞したいと思います。

間違っても馬券は買いません。
こういう状況で馬券を買っても不確定要素が多くて
ただの運試しになってしまいますからね。

当たるにしても外れるにしても
しっかりと内容を吟味して
予想した上で馬券を購入する事をオススメします。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。