【2017スワンステークス】過去10年のデータ分析|ディープ産駒大活躍の背景には…

Pocket

2017スワンステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
スワンステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

こんにちは、私の家の周りにあったコンビニ「サンクス」が
軒並み「ファミマ」に代わって寂しい思いをしているMOTOです。

スイーツ好きの私としてはファミマは嫌いではないのですが
家の周りがファミマだらけになってしまったので
ちょっとこれだとつまらないですよね。

ちなみにスイーツ・お菓子好きの私が
ファミマでよく買うお菓子が

「キャラメルコーン(PB)」と

「プレミアムバウム」です。

キャラメルコーンはとにかく安定の旨さです。

私が子供のころから存在しているお菓子ですが
大人になって第二次ブームがきた感じで
月に2,3回は買っています。

一方のプレミアムバウムは上質な味です。

普通のバームクーヘンよりもしっとりとした食感で
味も卵が利いていて非常にうまいです。

コンビニでこれだけ美味しいお菓子が食べられるんですから
幸せな時代だなぁと思います。

 

さて、今週はG2スワンステークスが行われます。

マイルチャンピオンシップのメインステップレースですが
距離が1400mという非根幹距離で行われているだけに
マイルチャンピオンシップとのつながりはそれほど強くないという印象があります。

ちなみに昨年のスワンステークスを勝ったサトノアラジンも
マイルチャンピオンシップでは見せ場を作れずに負けましたし
2着サトノルパンも惨敗しており
この舞台を得意としている馬を買った方がよさそうですね。

そんなスワンステークスを攻略すべくこのレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

ディープインパクト産駒が大活躍!!

まず、最初に注目したのはスワンステークスの種牡馬別成績です。

以下は過去10年のスワンステークスにおける種牡馬別成績の表です。

ディープインパクト産駒が優秀な成績を残しています。

ディープ産駒が強いという事はそれほど驚くべきことでないのですが
基本的にディープインパクト産駒が強さを見せるのは1600m以上です。

道中の溜めを活かせない1200m、1400mでは
一気に成績を落とすのがディープ産駒の特徴なのですが
スワンステークスでは適性外の舞台ながら成績を残しているという点が注目点です。

ディープインパクト産駒以外にも
ダイワメジャー、ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオンなど
多くのサンデー系種牡馬の産駒が活躍しています。

このことからスワンステークスは1400mという非根幹距離でありながら
道中で溜めが利いて、直線で末脚を爆発させられる
サンデーサイレンス系種牡馬が得意とする舞台であることがわかります。

短距離戦でもサンデー系種牡馬の評価を下げる必要がありません。

 

外枠天国、内枠に入った馬は大苦戦

次に枠順別の成績を見てみましょう。

1~5枠の馬が複勝率20%以下であるのに対して
6枠以降に入った馬はグンと数字をあげています。

種牡馬別成績の中で、

「道中脚を溜めて直線で爆発させることが出来るコース」

であるという話をしましたが
最後の末脚が利く舞台なので、外枠の馬が活躍しているという事がわかります。

距離ロスの有無よりもスムーズに競馬が出来るかどうかを考えたいですね。

 

溜めが利く舞台だが、極端な前残り傾向

最後にスワンステークスに出走した馬の脚質についてみていきます。
以下はスワンステークスでの4コーナー順位別成績となります。

外枠が有利でサンデー系種牡馬の末脚がさく裂する舞台となると
一見、差し有利のように見えますが、先行馬が圧倒的に優勢です。

スワンステークスは京都1400m外回りコースで行われますが
4コーナー手前の下り坂から加速して直線を迎えるので
逃げ、先行馬にも惰性がつき、後方一気で捉えることが難しくなります。

ゴチャつかない外目の枠から内を走っている相手を見つつ
ポジションを確保して、直線手前で加速して最後はそのまま押し切る

そんな競馬をする馬が勝利に一番近い存在になりますね。

 

以上が2017スワンステークスを攻略するための主たるデータです。

今年は安田記念勝ち馬のサトノアラジンが毎日王冠を選択して
昨年のマイルチャンピオンシップ2着にイスラボニータと
安田記念2着のロゴタイプが富士ステークスを選択と
マイル戦線の一線級はスワンステークスを相次いで回避となっており
レベルの低いメンバーで行われることが予想されます。

それだけに波乱の要素も大きく予想のし応えがありそうですね。

私が2017スワンステークスで注目しているのは
GIを狙うポテンシャルを秘めた馬です。

今が成長期ですし、近走非常に内容の濃い競馬をしているので
ここを勝ってマイルチャンピオンシップでも活躍してほしいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は大混戦の重賞 ”天皇賞秋”

なぜキタサンブラックはトライアルを使わず天皇賞秋にぶっつけなのか?

シュミノー(リアルスティール)、シュタルケ(ネオリアリズム)の騎乗が決まった背景とは?

謎だらけで予想するのも難しいレースというのが大方の見解ですが
『チェックメイト』ではそんな関係者の声を掴んでいます。

そして誰がどう見ても混戦の天皇賞秋ですが、
関係者の間では1強と目されている馬がいるそうです。

果たしてそれはどの馬か?

今週チェックメイトに無料会員の登録してくれた方に全ての答えを教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。