【2017天皇賞秋】過去10年のデータ分析|差し・追い込み天国のレース

Pocket

2017天皇賞秋を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
天皇賞秋で好走している馬について話をしていきます。

 

こんにちは、MOTOです。

GIウィークになると新聞やネットといったメディアが
出走馬について直前の気配や調教などをチェックするようになりますが
出走馬全馬に対して「絶好調」「状態良し」みたいな評価をしますよね。

結局どの馬が来ても、自分のところでは推していましたよ。
と言いたいがために上のような形で情報提供しているんだと思いますが
あれってはっきり言って“何も言っていないのと同じ”ですよね。

そんなレベルの低い情報でも参考にしている読者がいるから
成り立っているのでしょうが、

あの情報を参考にして馬券を買ったら100%負けますね。

新聞の情報を参考にすればするほど
全通りの馬券を買う方向に近づいていく訳ですから
平均回収率の枠から出られなくなってしまいます。

楽しむのであれば、それでいいのかもしれませんが
勝ちに行くなら新聞の情報などは参考にせず
「買う」と「切る」の区別をしっかりとしていきたいところですね。

 

さて、今週はGI天皇賞秋が行われます。

決して得意な舞台とは言えないうえに休み明けのキタサンブラック
毎日王冠で惨敗してしまったソウルスターリング

当初、考えられていた状態よりも混迷を極めてきており
予想の難しいレースになりました。

そんな天皇賞秋を攻略すべくこのレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

府中の芝2000mは外枠が不利!

まず、最初に注目したのは天皇賞秋の枠順の有利不利です。
以下は過去10年の天皇賞秋における枠順別成績です。

パッとみて分かるとおり、7枠、8枠(外枠)の成績が良くありません。

少しキャリアの長い人であれば知っていることだと思いますが
東京競馬場の芝2000mコースはスタートしてからすぐにカーブがあります。

それにより外枠から発走する馬達はコーナリングで距離ロスを被るので
他の馬よりも厳しい条件でのレースになります。

極めて基本的な事ではありますが、
まずは枠順の有利不利については抑えておきましょう。

 

差し・追い込み天国!先行馬には厳しい舞台

次に脚質別の成績を見てみましょう。

上は天皇賞秋における4コーナーでの順位別の成績です。

4コーナーで3番手以内にいた馬、即ち逃げ馬や番手で競馬をした馬は
ほとんど馬券に絡めず、成績も惨憺たるものですが
4コーナーで10番手以下にいた馬の成績を見てみると
複勝回収率が100%を超えて優秀な成績となっています。

つまり、天皇賞秋では差し・追い込みが圧倒的に有利

であるということです。

天皇賞秋は秋の東京最終週で行われるレースで
馬場もだいぶ使い込まれた状態でのレースになるという点から
時計がかかりやすく、前にいる馬も止まりやすいという事です。

ちなみに天皇賞秋に出走した馬の前走の4コーナー順位別成績を見てみると

と、こちらも差し馬の方が優勢というデータが出ています。

“天皇賞秋では差し馬を狙う”

という事が枠順と並ぶ基本戦略になりそうですね。

 

格下レースからの参戦では結果を残せない

最後に天皇賞秋に出走した馬の前走でのレース名別成績を見ていきましょう。

毎日王冠組が複勝率、単複回収率共に優秀な成績を残しています。

続いて、宝塚記念、札幌記念と続いていますが
格下のレースから馬券に絡むことがほとんどないと言えます。

有力な3歳馬は神戸新聞杯やセントライト記念から参戦してきますし
異端臨戦でも天皇賞春や安田記念からの直行組が結果を出しています。

枠順や脚質の有利不利はあるにしても
東京の広いコースでは能力勝負になる可能性が高く
格下のレースから臨んだ馬は苦戦していることが分かります。

またオールカマーや京都大賞典といったスタミナ色の強いレースを
使ってきた馬が苦戦しているということは抑えておきたいところで

“スピード能力を持っている全体能力の高い馬”

が活躍しているということは抑えておくべき要素だと言えます。

 

以上が2017天皇賞秋を攻略するための主たるデータです。

今年は毎日王冠1,2着のリアルスティール、サトノアラジン
オールカマー2着のステファノスなど末脚の鋭い
ディープインパクト産駒が数多くスタンバイしています。

末脚勝負を得意としないキタサンブラックやソウルスターリングが
末脚鋭いディープインパクト産駒とどのような戦いをするのか。

展開やペース次第で結果が大きく変わってきそうですね。

私が2017天皇賞秋で注目しているのは
ステップレースで毎日王冠を使ってきたある馬です。

東京芝2000mは適性がある舞台だと言えますし
叩いての一変する可能性を秘めているあの馬に注目していますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は大混戦の重賞 ”天皇賞秋”

なぜキタサンブラックはトライアルを使わず天皇賞秋にぶっつけなのか?

シュミノー(リアルスティール)、シュタルケ(ネオリアリズム)の騎乗が決まった背景とは?

謎だらけで予想するのも難しいレースというのが大方の見解ですが
『チェックメイト』ではそんな関係者の声を掴んでいます。

そして誰がどう見ても混戦の天皇賞秋ですが、
関係者の間では1強と目されている馬がいるそうです。

果たしてそれはどの馬か?

今週チェックメイトに無料会員の登録してくれた方に全ての答えを教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。