【2017菊花賞予想】買える有力馬、買えない危険馬診断

Pocket

ここでは2017菊花賞に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬の判断をしていきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

どうも、MOTOです。

選挙活動まっただ中ですね。

今回は良くも悪くも小池百合子さんに光が当たっているので
いつもよりも注目を浴びそうですね。

世の中にはいろいろな考え方をする人がいて
いろいろな立場をとる人がいますが
一つだけ思うのは選挙に行って投票して欲しいなと思います。

選挙に行って投票しないという事は
どうなっても構わないという事ですからね。

戦争になろうが、税金が上がろうが、景気が悪くなろうが
住みづらい世の中になろうが、別にオッケー!!

という人なら投票に行かなくてもいいと思いますが
自分の身の回りでこうなったら嫌だなと思う事があれば
1票を入れに行って下さい。

逆に言えば、選挙に行くことしか我々に出来ることはないですからね。

政治家や官僚に文句を言う前に、出来る事からしていきましょう。

さて、今週は3歳クラシック最終戦の菊花賞が行われます。

有力馬は不安を抱えており、馬券的にはかなり難しいレースとなっていますが
人気各馬の能力判断、適性判断をしていき
馬券的中のヒントになる見解を提供できればと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

アルアイン

前走のセントライト記念はプラス10kgと明らかな余裕残しで2着と
完全に標的を菊花賞に向けている点は好感が持てます。

ただ、脚質及び血統からは3000mといった長距離レース向きではなく
明らかに適性範囲は超えています。
適性を超えてパフォーマンスを落とした時に
能力でどれだけカバーできるかが問題となりそうです。

 

キセキ

夏の上がり馬で前走の神戸新聞杯では最後サトノアーサーを交わして
2着に入り、改めてその地力を見せたキセキ。

夏から神戸新聞杯にかけて一連の走りを見ると
能力的にはGIでも十分に通用するのが分かりますし
父ルーラーシップから長距離をこなす体力も持ち合わせていると言えますが
前走はマイナス12kgでかなり負担の大きい内容の競馬だったことから
菊花賞に向けての上積みは疑問で、逆に反動が心配になります。

 

サトノアーサー

前走の神戸新聞杯では今までとは一転した先行策を披露したサトノアーサー

最後はキセキに差されてしまいましたが
神戸新聞杯ではプラス14kgとデビュー以来、
最高馬体重での出走とあって上積みは大きく期待出来ます。

いかにもディープインパクト産駒という感じで
スピードと瞬発力を武器に特化したタイプの馬なので
菊花賞の特殊条件は明らかにマイナス

アルアイン同様、適性範囲外の距離でパフォーマンスを落とす中
どれだけ能力でカバーできるかが焦点となります。

 

ミッキースワロー

前走のセントライト記念では横山典弘騎手の好騎乗もあり
アルアインを並ぶ間もなく差しきったミッキースワロー

血統的に地味な分、スピード能力に欠ける分
京都3000mという菊花賞の条件は合いそうです。

ただ、前走の菊花賞は内容的に100点の競馬で
「ハマった」というような内容だったので
菊花賞ではセントライト記念ほど楽な競馬が出来る可能性は低く
パフォーマンスを落としてしまう可能性は高い。

 

ダンビュライト

神戸新聞杯では1~3着馬と末脚の差をみせつけられたダンビュライト

切れる脚を持っていないダンビュライトにとって
京都芝3000mという菊花賞への舞台替わりは歓迎だが
もともと勝ち味に遅く、好走した皐月賞、弥生賞では3着が精一杯だった馬。

今回も最後の末脚勝負になると有力馬に力負けする可能性は高い。

 

マイスタイル

日本ダービーではマイペースで逃げてあわやの4着と
見せ場を作ったマイスタイル

弥生賞でも同様の競馬で2着に食い込んでいるように
自分のペースで逃げる事が出来ればとにかくしぶとい馬で
前走の神戸新聞杯で控えた分、菊花賞では行かせる可能性がある

ただ、好走時は共に展開に大きく恵まれたレースで
マイスタイル自身の強さを証明できたレースはまだ無い点が気になる。

 

サトノクロニクル

セントライト記念では3着に入ったサトノクロニクル

ラジオNIKKEI賞では人気を裏切ったが改めて力を証明した1戦で
勝負所の反応が遅いサトノクロニクルにとっては
3コーナー過ぎの下り坂で仕掛けられる京都の長丁場は向きそうだ。

ただ、直線でのエンジンの掛かりが遅く、勝ち味に遅い点はマイナスで
鞍上のデムーロ騎手も手が離れてしまう点もマイナス

楽な競馬は出来そうにないか。

 

以上です。

 

今年の菊花賞は能力上位の有力馬達が適性面で不安を抱えていたり
ローテーションの面で不安要素があったりと荒れるムードが漂っています。

こういったレースでは思い切って穴を狙っていくのも一考です。

2017菊花賞で私が注目している馬は
能力上位の人気馬ではなく、今回の舞台に適性がある馬です。

人気もトライアルで馬券に入った馬と比較すれば
落ちる事が予想されるので、面白い存在だと思っています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

どうも、吉田です。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

秋華賞を本命・対抗で的中させた「チェックメイト」

菊花賞でもド鉄板勝負と位置付けて自信満々

毎週、無料でも重賞予想の一部を見せてくれるチェックメイト
有料情報を買わなくても今年の菊花賞を的中させる情報は貰えそうですよ。

無料会員に登録してチェックメイトの菊花賞情報を手に入れましょう!!

チェックメイト無料登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

菊花賞を当てて喜びたいですね~

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。