【2017富士ステークス予想】過去10年のデータ分析|前残りで追い込み不発??

Pocket

2017富士ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
活躍している種牡馬はどの産駒か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
富士ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

こんにちは、今年の3歳馬ってもうちょっとどうにかならないの?
と思っているMOTOです。

例年この時期になると3歳馬が猛威を振るっていますが
今年は3歳馬がことごとく古馬に負けています。

先々週行われた毎日王冠のソウルスターリングや
函館記念で人気を裏切ったサトノアレスが代表的な存在ですが
3歳短距離路線を歩んできた馬の惨敗っぷりは目も当てられません。

GIでそれほどでもなかったタイムトリップやメイソンジュニアあたりは
まあ負けても仕方がないよね、と思うレベルではありますが
3歳短距離路線の主役級だったボンセルヴィーソが惨敗を繰り返す姿は
ちょっと見ていて残念ですね。

ダート路線ではサンライズノヴァとサンライズソアが
オープン特別でそれなりに走りを見せましたが
重賞で突き抜けそうな気配も感じません。

天皇賞秋でリベンジに向かうソウルスターリングと
ジャパンカップに出走する予定のレイデオロ

この2頭が惨敗してしまうようだと
今年の3歳勢は厳しいかもしれません。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

どうも、吉田です。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

秋華賞を本命・対抗で的中させた「チェックメイト」

菊花賞でもド鉄板勝負と位置付けて自信満々

毎週、無料でも重賞予想の一部を見せてくれるチェックメイト
有料情報を買わなくても今年の菊花賞を的中させる情報は貰えそうですよ。

無料会員に登録してチェックメイトの菊花賞情報を手に入れましょう!!

チェックメイト無料登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

菊花賞を当てて喜びたいですね~

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

さて、今週はマイルチャンピオンシップへのステップレースである
富士ステークスが行われます。

ここにも注目の3歳馬ペルシアンナイトが出走してきますが
主役はマイラーズカップを勝ったイスラボニータ
そして安田記念で2着に入ったロゴタイプが努めそうです。

そんな富士ステークスを攻略すべくこのレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

追い込み馬不発!先行馬有利のレース

まず、最初に注目したのは富士ステークスで活躍している脚質です。
以下は過去10年の富士ステークスにおける上がり3ハロンの順位別成績です。

複勝回収率こそ100%を超えていますが
上がり1位、2位の馬は好走率が低いことがわかります。

また、追い込み馬の成績を見てみると
複勝率14.3%、複勝回収率61%と成績が振るいません。

逆に上がり6位以下の馬が4勝と前にいる馬が有利であることを示しています。

東京競馬場は直線が長いコースなので
無条件に差し・追い込み有利と思いがちです。

しかし、富士ステークスに関しては
GIマイルチャンピオンシップの前哨戦的な意味合いのレースなので
それほどペースが速くならず激戦になりづらいので
富士ステークスに関しては先行馬が有利となります。

まずは脚質について抑えておきましょう。

 

ディープインパクト産駒の庭であるレース

次に種牡馬別成績を見てみましょう。

ディープインパクト産駒が圧倒的な成績を残しています。

先ほどマイルチャンピオンシップの前哨戦なので
ペースが速くなりづらいレースであるという話をしましたが
スローペースからの直線勝負を最も得意としているのがディープインパクト産駒です。

前が有利とはいえ、直線での爆発力がある馬は好走していることがわかります。

他の馬を見てみるとスニッツェルやゼンノエルシド、タイキシャトルといった
短距離傾向の種牡馬が活躍している点も特徴的です。

富士ステークスに求められる適性はスタミナやパワーではなく
スピードであることがこのデータからわかりますね。

 

休み明けよりも夏場レースを使った馬が優勢

最後に富士ステークスに出走した馬の前走からの間隔別成績を見ていきましょう。

中1週(2週)でレースに臨んだ馬こそ成績が振るいませんが
中3週から中8週でレースに臨んだ馬の成績が良いことがわかります。

逆に2ヶ月半から半年の間隔を経て出走してきた馬は成績がよくありません。

富士ステークスは追い込み一閃が利きづらいレースになっていますので
前のポジションをとった方が有利にレースを進められます。

休み明けの馬よりも一度レースを使っている馬の方が
スタートからの反応も良く、前のポジションを取りやすいので
そのまま成績に反映されていることがわかります。

ちなみに富士ステークスに出走した馬の
前走出走したレース別での成績を見てみると

となっており、前走で夏・秋場のレースを使った馬がいいという他に
条件戦ではなく重賞を使った馬の方が活躍していることがわかります。

富士ステークスはGIのステップレースなので
実績のない馬、格のない馬は活躍しづらいのも特徴ですね。

能力が高くて、スピードが豊富な馬を素直に選んでいくレースになりそうです。

 

以上が2017富士ステークスを攻略するための主たるデータです。

今年の富士ステークスはマイルチャンピオンシップで
主役になりそうな馬達が出走してきます。

東京の芝マイル戦は地力が問われやすいレースなので
大穴狙いは難しいかもしれません。

私が2017富士ステークスで注目しているのは先行力のある馬です。

今回は久しぶりの競馬になりますが
マイル戦であればGIにも届く能力があると
判断しているあの馬に注目していますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。