2017京都大賞典枠順確定、枠順の有利不利と展開について考えてみた

Pocket

2017京都大賞典の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた京都大賞典での
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、月曜競馬が嫌いなMOTOです。

競馬は大好きですし、人生で最高の趣味なんですけど
月曜日から出走予定馬の考察を始めて
1週間かけて予想を仕上げていく私のスタイルだと
どうしても息切れしてしまいます。

ただ、京都大賞典は大好きです。

馬券の相性はあまりよくないのですが
ここに出てくるタイプの長距離馬が好きなんですよね。

昔の出走馬になってしまいますが
シルクジャスティス、スペシャルウィーク(ボロ負けしたけど)、セイウンスカイ
タップダンスシチー、ヒシミラクル、ポップロック

どいつもこいつも個性があって素敵すぎる馬達です。

月曜日でクタクタになりながらでも、今年の京都大賞典を制すべく
枠順確定後の雑感などを話していきたいと思います。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のスプリンターズステークスでは
1点勝負で馬連2-8(17.6倍)を仕留めた「競馬セブン」

今週の毎日王冠では有力馬陣営が恐れている穴馬をキャッチ
「勝利に一番近い馬」という情報を入手しているとのこと

また競馬セブンの情報網【セブンズレポート】で
入手した毎日王冠の注目馬を公開中

無料会員に登録すれば競馬セブンの注目馬をすぐ見られます。

競馬セブン無料登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

この1頭を入れないとあとで後悔するかも…

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、京都大賞典の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず京都大賞典(東京芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・距離短縮ローテが有利なレース

・開幕週ながらスタミナが必要なレース

という特徴があります。

これらをまとめていうと

とにもかくにもスタミナが重要なレース

という事になります。

日曜日に引き続き月曜日も晴れそうなので
馬場が悪化する可能性は0だと思っていていいでしょう。

ですので、京都大賞典は過去の傾向通りの特徴となりそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

1番人気が予想される

2枠3番 シュヴァルグラン

は良い枠に入りました。

シュヴァルグランの過去のレースを見てみると
2016天皇賞春で内を割って伸びきたことに代表されるように
内枠から馬群を縫って差してこられるタイプの馬です。

京都外回りコースは4コーナーにある下り坂の影響で
直線では外に膨みやすく、外を回した馬は距離ロスで負けることがありますが
【2.2.2.1】と崩れていないのは、
シュヴァルグランが内でしっかりと折り合い
直線に入ってから伸びてこられる器用さを持っているからだと言えます。

前走の宝塚記念では逃げ、前々走の天皇賞春では先行と
脚質変換をみせている中で今回の京都大賞典でどのようなレースをするのかは注目です。

 

シュヴァルグランと1番人気を争いそうな

2枠2番 サウンズオブアース

も上々の枠順に入ったと言えます。

サウンズオブアースが凡走するパターンとして
後方からレースを進めて直線で大外にぶん回して
距離ロスした分、届かない。

という形がありますが、今回の2番枠なら道中でロスなく
しっかりと脚を溜められそうなので
取りこぼしの少ない枠順に入ったと言えます。

あとは横山典弘騎手がどう乗るかですね。

後方に下げて大外にぶん回す騎乗をしてしまうとアウトですが
内に拘った競馬をしてくれそうな気がしますね。

 

実績では上位2頭に引けを取らない

4枠7番 フェイムゲーム

こちらも良い枠に入りましたね。

重賞を勝ったレースでは安全策で外を回して直線伸びてきているように
馬群に入るよりも、のびのび走れる条件が合う馬なので
極端な内枠は嫌だと思いますし
距離ロスが大きい外枠になると不利を被る可能性が高いので
今回の4枠7番という枠は上々だと言えます。

 

フェイムゲーム同様、のびのびと走りたい

5枠8番 トーセンバジル

も悪い条件ではありません。

新潟記念では大幅な距離短縮と久しぶりの競馬という事で
道中はペースについていけませんでしたが
今回は距離延長となる一戦で新潟記念よりも楽に追走できそうです。

中団後ろ目くらいからじわっと外に出して直線勝負が出来る
枠順を引けたのでこちらも良い枠に入ったと言えますね。

 

今年の春は不完全燃焼で終わった

3枠5番 ミッキーロケット

こちらも希望に近い枠順だと言えます。

昨年の神戸新聞杯では馬群真ん中あたりから伸びてきましたし
今年の冬に行われた日経新春杯でも先行策で内をぴったりと走り
シャケトラをねじ伏せて勝利しているので外をぐるりと回るよりも、
馬群に入って一瞬の集中力を活かす競馬があっていると言えます。

大阪杯、宝塚記念と不完全燃焼といえる競馬が続ているので
今回はどれくらい仕上がっているのかが問題となりそうです。

 

幅広い距離適性を持っている

3枠4番 スマートレイアー

はそれほどプラスとは言えない枠に入りました。

距離の守備範囲は広いのですが、軽さがなく不器用な馬なので
馬群に入れて一瞬の脚を活かすというような競馬は苦手です。

そういった意味で今回の枠はマイナスなのですが
近走はマイル前後の距離を走っているので
今回の4番枠なら思い切って逃げるか、番手での競馬をすれば面白そうです。

そのあたり武豊騎手がどういった騎乗を見せるのか注目ですね。

 

有力馬についてはこんな形ですが
レースの流れを作る逃げ馬が見当たりません。

実績的に見ると

7枠12番 カレンミロティック

が握りそうですが、高齢馬で長期の休み明け。
思ったポジションですっと競馬が出来るとは限らず
カレンミロティックがいけないとなると

スマートレイアー、シュヴァルグラン、マキシマムドパリ、ハッピーモーメント

あたりが逃げる可能性があります。

いずれにしても生粋の逃げ馬ではないので
極端なスローペースになる可能性があります。

極端なスローペースと聞くと直線での上がり勝負になるイメージを持つかもしれませんが
京都は3コーナー過ぎから下り坂に入るので
3コーナー前までは超スローで、3コーナー過ぎからロングスパートになり
結局は持久力勝負になるというパターンの方が有力です。

 

まとめ

2017京都大賞典で特に良い条件の枠をゲットしたのはいません。

どの馬も上々の枠順を引いたなという形です。

先ほどの超スローペースになるという展開予想に加えて
枠による有利不利が少ない分、道中のポジショニングが勝負の行方を左右しそうです。

つまり騎手の実力が問われるという事ですね。

実力下位騎手の馬がのる中途半端な穴馬よりも
実力者が乗る上位人気馬で決着をする可能性が高そうなので
無理な穴狙いはしないほうがいいかもしれないですね。

 

私が2017京都大賞典で注目している馬は
今回の条件がベストでGIよりもここで走りそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。