2017毎日王冠枠順確定、枠の有利不利と前日の雨による馬場について考えてみた

Pocket

2017毎日王冠の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた毎日王冠での
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、毎日王冠と京都大賞典が行われる週が
1年で一番好きなMOTOです。

この2つの重賞が行われる日を迎えると

「いよいよ秋競馬が本格化してきた
さぁ、GIに向けてどの馬が勝ち名乗りを上げるんだい?」

という気持ちになります。

これからのGIシリーズに向けてめちゃくちゃ多くの妄想が出来て楽しいですし
毎日王冠、京都大賞典にも強いGI馬が出走してくる

今も最高だし、これから起こるであろう最高の時間も想像できるので
一年で最も好きな週なのかもしれないですね。

そんな最高の週に行われる毎日王冠について考えていきたいと思います。
今年は少頭数なので、絞って勝負することが必要となりそうですね。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のスプリンターズステークスでは
1点勝負で馬連2-8(17.6倍)を仕留めた「競馬セブン」

今週の毎日王冠では有力馬陣営が恐れている穴馬をキャッチ
「勝利に一番近い馬」という情報を入手しているとのこと

また競馬セブンの情報網【セブンズレポート】で
入手した毎日王冠の注目馬を公開中

無料会員に登録すれば競馬セブンの注目馬をすぐ見られます。

競馬セブン無料登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

この1頭を入れないとあとで後悔するかも…

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、毎日王冠の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず毎日王冠(東京芝1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・外枠が不利なレース

・牝馬が強いレース

という特徴があります。

これらをまとめていうと

パワーよりもスピードが重要なレース

という事になります。

土曜日の東京競馬場は雨予想ですが
午後から晴れていき、日曜日も終日晴れそうなので
馬場が悪化する可能性は低いでしょう。

ですので、過去の傾向通り毎日王冠はスピード比べとなりそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

1番人気が予想される

1枠1番 ソウルスターリング

はほぼベストと言える枠に入りましたね。

ソウルスターリングの今までのレースを見ていると
後方で脚を溜めて直線で爆発させるのではなく
好位にスッとつけて、直線で押しきるタイプのレースをする馬です。

そういった意味で、距離ロスの少ない内枠がソウルスターリングには合っており
今回の1枠1番はソウルスターリングが持っている能力を発揮できそうな枠順となりました。

欲を言えば後入れの偶数枠の方が良かったですが
スタートは良い馬なので、そこまで気にする必要はないでしょう。

 

安田記念で後方一気の競馬を決めた

8枠12番 サトノアラジン

はソウルスターリングとは対照的に大外枠に入りましたが
正直、あまり良い枠だとは言えません

差し馬で後方からレースをする馬だから関係ないんじゃない?

と思うかもしれませんが、東京芝1800mはスタート地点が
緩いカーブになっており外枠に入った馬は原則距離ロスを被ります。

同じ差し馬でも内枠に入った方が距離ロスは少なく
物理的な不利は受けない事を考えれば
差し馬でも大外枠はマイナス材料で、ここは割り引きが必要になりますね。

一点フォローすると、今回は12頭立てと頭数が少ない事が救いですね。

 

内枠に入った差し馬という話になると

2枠2番 マカヒキ

こちらは良い枠に入りましたね。

今年は京都記念と大阪杯を使っており
マカヒキにとって1800mはデビュー戦以来の最短距離での競馬になります。

通常で考えれば速いペースの競馬でポジションを下げるので
距離ロスがなく、後入れでスタートの出やすい2番枠は
マカヒキにとって最高の枠であると言えるでしょう。

今回の馬券の鍵を握りそうな馬ですね。

 

今回追い込み戦法を示唆している

4枠4番 アストラエンブレム

こちらも良い枠を引きました。

陣営は先行策に限界を感じており
毎日王冠は追い込みに戻すと言っていますが
今回の枠順であれば先行策の方が良さそうです。

せっかく前走で直線の長い2000m戦という
体力の要る条件を使ったわけですから
体力的には楽に感じる毎日王冠で後方に下げる必要はないはずです。

真っ当に考えればかなり良い枠を引いたわけですが
その枠を活かせる競馬を見せてくれるのか…

心配な面もありますね。

 

今年の春は不完全燃焼で終わった

6枠8番 リアルスティール

はそれほど良い条件の枠には入れませんでした。

リアルスティールは爆発的な末脚を持っている馬ではなく
スピードとスタミナのバランスが整った安定型のタイプなので
距離ロスのないように、上手く立ち回って最後の直線でも伸びる

という形が理想です。

その理想を叶えるには難しい枠かなと思いますが
特に不利を受けるわけでもなく、手頃な枠に入った感じですね。

 

破壊力のある末脚が武器の

6枠7番 グレーターロンドン

も、それほど良い枠ではありません。

後方からレースをして、大外ズドンというタイプの馬なので
本質的に枠順はそれほど影響を受けないのですが
先入れの奇数枠という点が良くないですね。

スタートがポイントとなりそうです。

 

有力馬についてはこんな形ですが
レースの流れを作る逃げ馬は

7枠9番 ヤングマンパワー

が握りそうですね。

ソウルスターリングも今回のメンバーと枠順なら
逃げるという選択肢はあると思いますが
先を控えた馬がトライアルで突然逃げるというのは良くないので
何かを行かせて2,3番手という形をとりそうです。

ヤングマンパワーは末脚を持っておらず、粘り込みタイプの馬ですので
ヤングマンパワーが逃げる場合は、ある程度速いペースで
行ければ有利に競馬が出来そうですね。

スローペースで逃げてしまうと末脚力の違いで差しきられるので
鞍上の石橋騎手がそこまで判断出来るかが焦点となるでしょう。

 

まとめ

2017毎日王冠で良い条件の枠をゲットしたのは

2枠2番 マカヒキ

1枠1番 ソウルスターリング

4枠4番 アストラエンブレム

この3頭を挙げたいと思います。

今回は枠順確定後における有利不利について話をしましたが
能力や適性などは予想の前提となるので
根幹となる予想の上に今回の枠順の有利不利を考えてもらえたらと思います。

いよいよ、東京開催です。

頑張りましょう!!

 

私が2017毎日王冠で注目している馬は
ここは鉄板だと思っている
この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。