【2017秋華賞】過去10年のデータ分析|ローズステークス組以外はいらない?

Pocket

2017秋華賞を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
秋華賞で好走している馬について話をしていきます。

 

こんにちは、MOTOです。

来年2月にパチンコの出球規制が設けられるようですね。

私は昔スロットをやっていましたが
今はパチ屋に出入りする事が少なくなったので
そういった情報にはまったく疎かったのですが
パチンコ好きの仲間からそんな情報を聞きました。

私が昔スロットをやっていた時は「5000円勝負!」
みたいな形で遊べたのですが、どんどんスペックが変わっていって
「北斗の拳」や「吉宗」が出た頃には「10万円持って勝負!」
という感じに変わっていきました。

さすがにこれは楽しめないな、と思って脚が遠のいていったのですが
最終的にはパチンコもスロットも昔と同じくらいの感覚に戻るのかもしれませんね。

ただ、やっぱり私は“競馬派”です。

好みなのでしょうが、考える楽しさがあるし
馬券の買い手の実力が反映されやすい点が最高です。

他のギャンブルに寄り道せずに競馬を極めていきたいと思っていますよ。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の秋華賞に絶対の自信を持つ「ホースメン会議」

「混戦」「拮抗ムード」と言われる今年の秋華賞で
自信満々にGI馬2頭を負かせる穴馬の存在を話していて
メチャクチャ気になるところです。

毎週、無料でも重賞予想の一部を見せてくれるホースメン会議
有料情報を買わなくても今年の秋華賞を的中させる情報は貰えそうですよ。

無料会員に登録してホースメン会議の秋華賞情報を手に入れましょう!!

ホースメン会議無料登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

何もわからないと混戦のまま混乱して終わってしまいそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

さて、今週からGIウィークが開幕となり
口火を切るのは3歳牝馬クラシック最終戦の秋華賞です。
(秋華賞はクラシックには含まれませんが)

昨年はヴィブロスがが綺麗に差しきったレースですが
京都競馬場の内回りで行われる競馬なので、前に行く馬に目が行く重賞です。

今年はソウルスターリングが不在でどの馬にもチャンスがありそうな秋華賞ですが
この秋華賞で好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。

 

内回りコースらしく内枠が優勢なレース

まず、最初に注目したのは過去10年の秋華賞における
枠順別の成績です。

上は、秋華賞に出走した枠順別の成績ですが
1枠と2枠が好成績を収めている事が分かります。

秋華賞が行われる京都芝2000mは内回りの舞台ですので
当然、距離ロスのないインコースを通った方が有利になります。

1枠、2枠の馬はインコースを通れる確率が高いので
その分、好成績に繋がっていると言えますね。

ちなみに今の理屈で言うと外枠の馬が不利なように感じますが
意外にも成績は悪くありません。

秋華賞はGIレースなので、どの馬もこのレースを勝ちに行きます。

勝ちに行く分、先行争いが激化して差し馬が有利になる
つまり外をスムーズに回ってきた馬が有利になる

という現象が起こります。

この点も頭に入れておきたいですね。

 

ローズステークス経由の馬以外は必要ない??

次に前走のレース別成績を見てみましょう。

条件戦から馬券に絡んだ馬も数頭いるものの
基本的には重賞を経由した馬しか馬券に絡んでいない

と言えるほどの成績分布になっています。

とりわけローズステークス組は過去10年で【7.8.3.40】と
6割以上の占有率を持っており圧倒的な存在感を示しています。

ローズステークス組を外して馬券は組み立てられないという事ですね。

 

ローズステークスで凡走した馬は苦戦

秋華賞で馬券に絡んでいる馬の大半がローズステークス組ということで
ローズステークスでどのような走りをした馬が馬券に絡んでいるのか
という点について掘り下げてみましょう。

まずはローズステークスでの着順別成績を見て下さい。

ローズステークスで6着以下の負けた馬は19頭いますが
馬券に絡んだのは1頭しかいません。

秋華賞とローズステークスは同じようなメンバーで行われる競馬なので
前哨戦で大敗してしまった馬は
簡単には巻き返せないというデータが出ています。

今年のローズステークスではファンディーナが6着、モズカッチャンが7着と
敗れており、2頭にとっては嫌なデータになっています。

次にローズステークス組を別の観点から見ていきましょう。

上はローズステークス組の種牡馬別成績です。

数の上では1位であるディープインパクト産駒ですが
回収率としては非常に低い成績となっていることが分かります。

ローズステークスが行われる阪神芝1800mは
外回りで広々したコースなので、瞬発力勝負になりやすい舞台ですが
秋華賞が行われる京都芝2000mは内回りで激戦になりやすいコースなので
持久力勝負になりやすい舞台であるという点が
瞬発力勝負が得意なディープインパクト産駒が苦戦している要因となっています。

スタミナがあるタイプの馬を狙っていきたいですね。

 

以上が2017秋華賞を攻略するための主たるデータです。

ローズステークスで1,2着に入った
ラビットラン、カワキタエンカが秋華賞でも
そのままの勢いで勝つことが出来るか?

それともファンディーナやリスグラシューといった
春の実績馬が巻き返してくるのか?

どの馬からも狙える2017秋華賞ですが
私はローズステークスに出走していた中でも
あの馬に注目しています。

私が注目しているのは

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。