【2017みやこステークス】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017みやこステークス】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

テイエムジンソク 2.6倍
エピカリス 3.9倍
タガノディグオ 5.9倍
キングズガード 7.2倍(JBC選出されない場合)
ローズプリンスダム 8.1倍
モルトベーネ 9.6倍
トップディーヴォ 10.2倍
アスカノロマン 13.1倍
シャイニービーム 15.0倍
タガノヴェリテ 19.4倍
サルサディオーネ 23.1倍
ルールソヴァール 28.7倍
タムロミラクル 30.6倍
モンドクラッセ 35.3倍
マイネルクロップ 85.1倍
リーゼントロック 121倍

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

前走は圧倒的人気を裏切った テイエムジンソク
前走のエルムステークスでは圧倒的な人気に推されながら
勝ちを逃してしまったテイエムジンソク

夏の函館競馬場でマリーンステークス、大沼ステークスを圧勝した内容から
重賞はおろかGIまでも手に届くポテンシャルを持った馬である事は明らかで
改めての挑戦となる今回のみやこステークスでは重賞制覇を成し遂げたい。

順調に使えるようになってきた マスクゾロ 

長期休養明けから復活して順調にレースを使えるようになってきたマスクゾロ

長期休み明けのBSN賞こそ2着とまずまず好走したが、
2走目となるシリウスステークスではマークされて7着と敗れてしまった。

今まで順調に使えなかった馬がここにきてしっかりと
レースを使えるようになってきたことから
今回のみやこステークスでは更なる上昇カーブを描いて出走してきそうだ。
(出走回避)

GI3着経験のある古豪 アスカノロマン

フェブラリーステークスやチャンピオンズカップで3着の実績がある
アスカノロマンだが、近走はそのパフォーマンスを出せなくなってきた。

ただ、今回のみやこステークスは5ヶ月ぶりの長期休養明け
今まで蓄積した疲労を一気に開放したとあれば
強いアスカノロマンが戻ってくる可能性は十分にある。

近走の不振で舐められるようなら注目が必要な馬だ。

逃げれば地力を発揮する ドリームキラリ

前走は逃げがハマり、テイエムジンソク相手に接戦を繰り広げたドリームキラリ

逃げ馬特有の脆さを抱えた馬ではあるが
気分良く逃げられれば、テイエムジンソクやロンドンタウンと
接戦が出来る実力があることを証明した。

みやこステークスの舞台である京都ダート1800mは前が残りやすい舞台
ドリームキラリが再び気分良く逃げられれば、あっと言わせるシーンはある。
(出走回避)

重い馬場で力を発揮する タムロミラクル

前走のシリウスステークスでは6着と検討したタムロミラクル

中央場所ではなかなか活躍できていないが
サマーチャンピオン、かきつばた賞、佐賀記念で2着があるように
ダートの深い地方場所だと活躍をしている。

今回のみやこステークスでは強豪が揃っているが
時計のかかる展開、そして馬場になれば一発は十分に考えられる。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだみやこステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。