【2017京都大賞典予想】買える有力馬、買えない危険馬診断|気になる穴馬も…

Pocket

ここでは2017京都大賞典に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬の判断をしていきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

どうも、子供の頃からあんこが嫌いなMOTOです。

子供の頃はとにかく好き嫌いが多くて
食べられない物がたくさんありましたが
大人になってだいぶ食べられるものが増えました。

ただ、そんな中であんこだけはどうしても食べられるようになりません。

あんこのやっかいな点は自分で食べるのを避けていても
色々な人がお土産としてあんこを中心とした和菓子を買ってくる点です。

私にお土産の和菓子を手渡ししてくれる際に

「いや、あんこ嫌いなんで、すいません」

というのが、結構めんどくさかったりします。

そうするとたまに

「このあんこは特別美味しいから、あんこ嫌いでも食べられるよ」

とか言ってくる人がいます。

「いやいや、あんこはあんこだよ!
俺にとってはどんなあんこも不味いんだよ!」

と心の中で叫びにも似た突っ込みを入れています。

嫌な物は嫌だし、嫌いな物は嫌い

これはもう変えられない事ですから、
好きな事を全力で楽しむ人生を送りたいものです。

 

さて、今週は京都大賞点が行われますが
なかなか渋いメンバーが揃いました。

天皇賞春で2着となったシュヴァルグランや
ジャパンカップ、有馬記念で2着のあるサウンズオブアース
秋華賞2着のスマートレイアー

と奇しくもシルバーコレクターが集まるレースになりましたが
ここで勝つ馬はどの馬なんでしょうか?

今回の京都大賞典で、美味しい馬券を的中させるべく
出走を予定しているメンバーを1頭ずつ見ていき予想前の予習をしたいと思います。

ちなみに新聞やブログなどいろいろな媒体の情報を見ると
プラス要素しか話しておらず、マイナス要素について語られることは少ないので
このブログではマイナス要素を中心に話していきたいと思います。

 

シュヴァルグラン

破壊力やインパクトを残してるタイプではありませんが
毎回堅実に自分の力を出すシュヴァルグラン

天皇賞春は勝負騎乗でGIまであと一歩と迫りましたが
サトノダイヤモンドを退けた結果は立派の一言

阪神大賞典くらいのレースが出来れば勝ち負けが出来るはずですが
天皇賞春の激走で宝塚記念は見せ場なく失速
キタサンブラックやサトノダイヤモンドも崩れているだけに
天皇賞春での激戦の疲れが完全に取れているかどうかがポイントとなりそうです。

 

サウンズオブアース

3年連続での京都大賞典出走となるサウンズオブアース

過去2年は休み明けでの出走となりましたが
今年は札幌記念を間に挟んでの出走という事で
例年よりも走れる体制は整っていそうですが
未だ2勝馬に甘んじているように詰めの甘いタイプの馬

札幌記念でも伸び切れていなかったように
最後の直線で止まってしまう可能性はあります。

 

スマートレイアー

マイルからクラシックディスタンスまで幅広い守備範囲をみせ
逃げも差しも出来て幅広い脚質を持っているスマートレイアー

牡馬相手でも臆することない勝負根性を持っており
先行策を覚えてからは成績が安定してきているので
現時点での死角は非常に少ない馬だと言えます。

ただ、今回はスマートレイアー自身のキャリアで最長となる2400m戦
香港ヴァーズではサトノクラウンやヌーヴォレコルトに遅れを取ったように
長い距離のレースになるとパフォーマンスを落とす可能性はあります。

 

ミッキーロケット

今年の日経新春杯を勝った段階ではGIに手が届くかと思えた
ミッキーロケットですが、その後大阪杯と宝塚記念を凡走して評価は急落中です。

日経新春杯では斤量差のあったシャケトラを力で下している点からも
もう少し上のレベルで戦えるだけの能力は持っていますが
出遅れ癖があるように気性的に当てにあらないタイプで
今回の京都大賞典でもスムーズな競馬が出来なければ凡走する確率は高いです。

 

マキシマムドパリ

秋華賞3着の実績がありながら、準オープンでくすぶっていた
マキシマムドパリですが、今年は重賞2勝と徐々に能力を開花させてきました。

スタミナ勝負を得意としているタイプの馬で
最後の末脚勝負となってしまうと脆さをみせてしまうので
4コーナーで先頭に並びかけるような競馬が必要となります。

鞍上にそこまでの判断が出来るのかどうか?
乗り方一つで凡走してしまう馬だと言えます。

 

トーセンバジル

前走の新潟記念では前残りの展開に泣かされて
7着と敗れてしまったトーセンバジル

破れはしたものの直線での伸びは目を引くものがあり
潜在能力は今回のメンツでも引けを取らない。

ただ、競馬ぶりは不器用でロスを被るような乗り方になってしまうと
このレベルの相手には通用しないでしょう。

 

フェイムゲーム

前走の目黒記念では低評価に反発して
見事1着になったフェイムゲーム

全盛時からの衰えは見受けられるものの
長距離での安定感と実績は現役でも随一

ただ、今回の京都大賞典は根幹距離となる2400mでの競馬
2500m以上のレースで結果を出してきただけに
前走と同じパフォーマンスを見せられるかは疑問です。

 

以上です。

 

2017京都大賞典は実績や近走内容から考えると
シュヴァルグラン、サウンズオブアース、スマートレイアーの3強を形成しそうなレース
実績下位の馬達は近走不振な馬が多く、実力も離れているので
大荒れは期待できないレースとなりそうです。

有力馬の前提条件をしっかりと頭に入れつつ
予想を展開していく事が馬券的中の近道になりそうですね。

ここでの見解を参考にして、是非高配当を当ててくださいね。

 

2017京都大賞典で私が注目している穴馬はマキシマムドパリ

そして、京都大賞典で注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のスプリンターズステークスでは
1点勝負で馬連2-8(17.6倍)を仕留めた「競馬セブン」

今週の毎日王冠では有力馬陣営が恐れている穴馬をキャッチ
「勝利に一番近い馬」という情報を入手しているとのこと

また競馬セブンの情報網【セブンズレポート】で
入手した毎日王冠の注目馬を公開中

無料会員に登録すれば競馬セブンの注目馬をすぐ見られます。

競馬セブン無料登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

この1頭を入れないとあとで後悔するかも…

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク