【2017毎日王冠予想】買える有力馬、買えない危険馬診断|気になる穴馬も…

Pocket

ここでは2017毎日王冠に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬の判断をしていきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

どうも、MOTOです。

この前、野球の審判をやっている人と話す機会があったので
そこで長年私が疑問に感じていた事を一つぶつけてみました。

「明らかな誤審と分かっている判定がなんで覆らないの?」

今はテレビで野球を見ることはありませんが
昔はテレビで野球を見ていて、何で明らかに間違った判定なのに
審判は謝らないんだろうなぁって疑問に思っていたんですよね。

すると、こんな答えが…

「審判が一度出した判定を覆すと選手に舐められるんだよね」
「一度判定を覆しちゃうと相手もガンガン抗議をしてくるし
審判としての説得力がなくなっちゃうから
明らかに間違ったとしても変えちゃダメなんだよ」

ほほぉ、なるほど

確かに抗議して判定が変われば、その後も微妙な判定なら
すぐに抗議にいこう、抗議すれば変わるかもしれない

と思いますよね。

判定は間違っていても、間違いを認めてしまう事は必ずしも正しいことではないんですね。

なんだか世の中の縮図を見たような感じがしました。

私の競馬予想も外れたとしてもしっかりと言い切ろうと思います。

 

さて、今年の毎日王冠はGIに匹敵する豪華メンバーが揃いました。

3歳牝馬のソウルスターリングがその目玉ではありますが
ダービー馬のマカヒキや安田記念を勝ったサトノアラジンなど
超豪華なメンバーが揃っていて面白い1戦になりそうです。

そんな毎日王冠で、美味しい馬券を的中させるべく
今年毎日王冠に出走を予定しているメンバーを1頭ずつ見ていき予想前の予習としましょう。

ちなみに新聞やブログなどいろいろな媒体の情報を見ると
プラス要素しか話しておらず、マイナス要素について語られることは少ないので
このブログではマイナス要素を中心に話していきたいと思います。

 

ソウルスターリング

レベルの高い3歳牝馬の中でも頂点に君臨するソウルスターリング

気の良いタイプで操縦性が良く、休み明けでも動ける点はプラスで
毎日王冠が行われる東京芝1800mの舞台を合いそうです。

ただ、今年の3歳馬はとにかく古馬混合戦で成績を残せておらず
レベルの低さを露呈しています。
今回は古馬の中でも超一線級の牡馬が出走してくるので
その中でソウルスターリングが通用するのかどうかは未知数だと言えます。

 

マカヒキ

昨年の日本ダービー馬で皐月賞や弥生賞でも強い競馬を見せたマカヒキ

持っている絶対能力は高く、瞬発力勝負となりやすい
東京芝1800m戦はマカヒキの武器を発揮できる舞台設定ですが
今年は京都記念、大阪杯と凡走しており
昨年とはほど遠いパフォーマンスになっています。

古馬になって力が衰えてしまったのか
フランス遠征で身体的なダメージを受けたのか分かりませんが
3歳の頃の輝きを取り戻せるかがポイントとなりそうです。

 

サトノアラジン

安田記念では目の覚めるような末脚でGI馬となったサトノアラジン

東京の長い直線はサトノアラジンの能力をフルに発揮できる舞台で
能力もマカヒキやリアルスティールといった一線級と互角以上のものを持っており
侮れない存在ですが、好走の反動が出やすい馬であるだけに
少し緩めの仕上げで出てくる可能性もあり、トライアルに徹した競馬になれば
ここは取りこぼすという事も考えておく必要がありそうです。

 

リアルスティール

ドバイでGI勝利を飾ったリアルスティール。

3歳時こそ安定感のある走りで毎回好走していましたが
古馬になってからは中山記念での凡走が示すとおり
好走と凡走の差が激しいタイプの競走馬になってきました。

能力は十分に足りていますが、今回の毎日王冠で走る気になるのか?
それとも天皇賞秋やジャパンカップで本気を出すのか?

計算がしづらく馬券を買うタイミングの難しい馬です。

 

グレーターロンドン

前走は順調さを欠きながら安田記念で4着となったグレーターロンドン

一線級との対決はまだ安田記念の一度のみだが
その末脚がGI級であることは間違いのないところ

ただ、もともと体質が弱い馬であるだけに
安田記念で激走してしまった点がどこまで尾を引くのか?
久しぶりの競馬になりますが、万全の体制で出走出来るのか?

状態面で気になる点は多々あり、このあたりをどう判断するかがポイントとなります。

 

アストラエンブレム

前走の新潟記念ではタツゴウゲキを捕まえられなかったものの
2着に入ったアストラエンブレム

毎回末脚を発揮する安定感と先行でも追い込みでも競馬が出来る
脚質の自在性が大きな武器ではありますが
今回は今までとは全く相手が違う中での競馬となります。

GIで主役を張るような超一流の馬との対決で
脆さを見せてしまう可能性は十分にあるでしょう。

 

以上です。

 

2017毎日王冠は実績や近走内容から考えると
ソウルスターリングとサトノアラジンが人気の中心となりそうですが
マカヒキやリアルスティールなども能力では一歩も負けておらず
上位陣にはどの馬にもチャンスがあるレースです。

開幕週なので馬場などの外部要素が結果を大きく左右しそうですので
有力馬の前提条件をしっかりと頭に入れつつ
予想を展開していく事が馬券的中の近道になりそうです。

ここでの見解を参考にして、是非高配当を当ててくださいね。

 

2017毎日王冠で私が注目している穴馬はヤングマンパワー

そして、毎日王冠で注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のスプリンターズステークスでは
1点勝負で馬連2-8(17.6倍)を仕留めた「競馬セブン」

今週の毎日王冠では有力馬陣営が恐れている穴馬をキャッチ
「勝利に一番近い馬」という情報を入手しているとのこと

また競馬セブンの情報網【セブンズレポート】で
入手した毎日王冠の注目馬を公開中

無料会員に登録すれば競馬セブンの注目馬をすぐ見られます。

競馬セブン無料登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

この1頭を入れないとあとで後悔するかも…

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。