【2017京都大賞典】過去10年のデータ分析|ディープ産駒不振の理由は?

Pocket

2017京都大賞典を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京都大賞典で好走している馬について話をしていきます。

 

「京都大賞典」という言葉は重い響きがあって好きだなと思っているMOTOです。

皆さんそれぞれに好きなレース名、嫌いなレース名があると思うのですが
私は「京都大賞典」という言葉の響きが大好きです。

実際にGI級の強豪馬が出てきて締まったレースになりますし
レース名とレースレベルが噛み合っている感がたまらなくいいですよね。

ちなみにGIの中では「天皇賞」が好きです。

(どうやら私は響きが重厚なレースが好きっぽいです)

ちなみにあまり好きでないのは

朝日杯2歳ステークス → 朝日杯フューチュリティステークス

阪神2歳牝馬ステークス → 阪神ジュベナイルフィリーズ

に改名された両レース

朝日杯2歳や阪神2歳牝馬もそんなにかっこよくない名前ですが
フューチュリティもジュベナイルも言いづらいし、なんか響かないんですよね。

特にフューチュリティは入力しづらいし
と個人的な都合で気に入っていません。

 

と、個人的な好みはどうでもいいとして
今週から京都開催となります。

そして、京都開催開幕週を飾る重賞は京都大賞典です。

ここのところレースのレベルが下がってきたかなという印象を持っていましたが
昨年はキタサンブラック、そして一昨年はラブリーデイが完勝したことで
再びレースの格が戻ってきました。

今年は確固たる中心馬はいないものの悲願の3勝目を狙うサウンズオブアースや
スマートレイアー、ミッキーロケットが出走を予定しているレースですが
京都大賞典で好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。

 

スタミナとパワーが必要なレース、キンカメ・ジャンポケ産駒に注意

まず、最初に注目したのは過去10年の京都大賞典における種牡馬別の成績です。

上は、京都大賞典に出走した種牡馬別の成績ですが
スタミナが豊富なキングカメハメハ産駒と
スタミナ・パワーを備えたジャングルポケット産駒が好成績を誇っています。

ディープインパクト産駒は率こそボチボチの成績を残していますが
単複の回収率で見てみるとお世辞にも成績が良いとは言えず
サンデー系の主流種牡馬であるハーツクライやステイゴールドもランキングされていません。

ダンスインザダーク、ネオユニヴァース、マーベラスサンデー、ブラックタイドなど
サンデー系の中ではスピード能力に欠ける馬が上位に入っており
その他にもエリシオやグラスワンダーなどパワーよりの馬が上位にランクイン

開幕週の馬場で行われるレースでスピード決着になりそうな印象がありますが
京都大賞典の毎年の結果を見るとパワーのある馬が上位に入っている事が分かります。

京都大賞典の名前に負けない重厚なレースが行われているので
パワーそしてスタミナを備えた馬をチョイスしたいですね。

 

距離短縮ローテが優勢のスタミナ勝負

次に前走の距離別成績を見てみましょう。

同距離の臨戦は数が少なくなっており、
距離延長ローテと距離短縮ローテに2分されている形ですが
前走から距離短縮でレースに臨んだ馬が好成績を残しています。

先ほどの種牡馬別成績のところでも触れましたが
京都大賞典はスピード勝負にはならず
スタミナやパワーといったタフさが重要なレース

前走で長い距離を経験している馬の方が
タフな条件をこなしやすいので、好成績に繋がっている事が分かります。

もう少し深掘りして、前走でのレース名別の成績を見てみましょう。

1位は距離延長ローテとなる宝塚記念ですが
宝塚記念を経由して出走してきた馬については
単純に絶対能力が高く、好走率が高いだけであると言えます。
(その根拠として単複回収率の数字が低い)

注目すべきは天皇賞春、阪神大賞典から出走してきた馬の成績が良いという点

阪神大賞典は3月に行われるレースで
天皇賞春は4月末頃行われるレースです。

かなり間隔が空いての出走となるので、通常であれば分が悪いはずですが
しっかりと結果を残している事が分かります。

通常、長期休み明けで出走してくる馬はスピードへの対応が難しいのですが
京都大賞典はスピード勝負にならないので
久々に出走してきた馬でも十分に勝負になっている事が分かります。

 

開幕週だが逃げは不振、どんな脚質でも勝負できる舞台

最後に京都大賞典で活躍している馬の脚質について
過去10年のデータから4コーナーでの順位別の成績を見てみます。

開幕週でありながら、逃げ馬が全く活躍できていないことが分かります。

回収率の面から数字を見てみると
逃げ以外の脚質であれば、どの脚質でも通用することが分かります。

「京都大賞典は京都の開幕週で行われる重賞」

という概念は捨て去った方が予想がしやすいレースだと言えますね。

 

以上が2017京都大賞典を攻略するための主たるデータです。

枠順に関しても内枠が優勢ではあるものの
全体としてまんべんなく走っており
コースを1周回る開幕週のレースにしては
フラットな条件で行われるレースになっています。

京都大賞典は枠順などの条件ではなく、馬場などの適性で勝負するといいですね。

 

2017京都大賞典で私が注目している馬は
パワーとスタミナを備えている

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のスプリンターズステークスでは
1点勝負で馬連2-8(17.6倍)を仕留めた「競馬セブン」

今週の毎日王冠では有力馬陣営が恐れている穴馬をキャッチ
「勝利に一番近い馬」という情報を入手しているとのこと

また競馬セブンの情報網【セブンズレポート】で
入手した毎日王冠の注目馬を公開中

無料会員に登録すれば競馬セブンの注目馬をすぐ見られます。

競馬セブン無料登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

この1頭を入れないとあとで後悔するかも…

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。