【2017凱旋門賞予想】負けるサトノダイヤモンドは買ってはダメ、勝ち馬は…

Pocket

2017凱旋門賞の予想と日本から出走する
サトノダイヤモンド、サトノノブレス、
この2頭が凱旋門賞で勝利を挙げることが出来るのか?
果てまた惨敗してしまうのか?

凱旋門賞の見解と予想を話していきます。

 

こんにちは、凱旋門賞を冷ややかな目で見ているMOTOです。

昨年から馬券が買えるようになってより一層注目度が高まった凱旋門賞

2017凱旋門賞にはサトノダイヤモンド、サトノノブレスの2頭が出走を予定してますが
果たしてこの2頭は凱旋門賞で好走することが出来るのか?

サトノダイヤモンドの勝算と注目している馬について話していきたいと思います。

まず最初にサトノダイヤモンドについての見解を話すと

2017凱旋門賞におけるサトノダイヤモンドの勝算は

”限りなく0%に近い”

と思っています。

 

勝率どころか好走率もほぼ0%だと思っていますが
その根拠について話していきましょう。

 

サトノダイヤモンドのプラス要素

最初にサトノダイヤモンドが凱旋門賞を走るにあたっての
プラス要素について話していきましょう。

それは “前走のフォワ賞で負けたこと” です

6頭立てと頭数も少なく能力的には勝ちが約束されていたような雰囲気で行われた
フォワ賞ですが、サトノダイヤモンドは4着に敗れました。

このレースの敗因は明らかで天皇賞春激走の疲労(反動)です。

今年の天皇賞春はキタサンブラックがディープインパクトが持っている
レコードを0.7秒も更新して快勝しました。

“レコード勝ち”という言葉だけ聞くと耳障りが良いですが
要するに体にめちゃくちゃ負担をかけて速いタイムで走った

という事です。

めちゃくちゃに負担をかけたことでキタサンブラックとシュヴァルグランは
宝塚記念では凡走してしまったことは記憶に新しいと思います。

サトノダイヤモンドも上の2頭と僅差で走っている訳ですから
ほぼ同等の負担がかかっている訳で凡走の確率は十分にありました。
(キタサンよりも間隔を取っている事で好走確率は上がっていましたが)

天皇賞春の負担を抱えながら、フォワ賞でも体に負担をかけて勝ってしまったら
凱旋門賞にはボロボロの状態で出走しなくてはならず
それこそ勝負になりません。

ですが、フォワ賞で見せ場なく負けたことで
天皇賞春で追ったダメージを広げずに
走れる体制を整えて凱旋門賞に臨めるようになりました。

これはサトノダイヤモンドにとってはプラス要素と言えます。

 

サトノダイヤモンドのここは不安材料

先ほどまではサトノダイヤモンドのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

フランスの馬場を走る適性がない点

サトノダイヤモンドはディープインパクト産駒ですが
ディープインパクトの子供らしく、軽い馬場に適性がある馬です。

過去にディープインパクト産駒はキズナやハープスター、マカヒキといった
強豪馬が凱旋門賞に挑んでいますが、いずれも結果は惨敗(キズナは善戦しましたが)

軽い走りをするディープインパクト産駒にとってフランスの重い芝は鬼門
ディープインパクト自身も3着に敗れたように
突出した能力を持っていても勝つことが難しく
お世辞にもディープインパクト以上の能力を持っているとは言えない
サトノダイヤモンドにとっては厳しいレースになりそうです。

ちなみに凱旋門賞を勝つためには、このフランスの馬場に適した
馬を選んでいく必要があります。

ただ、強い競馬を見せているからフランスに連れて行こう
というのはちょっと安易な気がしますね。

昔、ナリタブライアンが1200mの高松宮記念に出走しましたが
やっていることは似ているかなと思ってしまいます。

いくら強くても適性のない馬を出せば勝つチャンスが少ないわけで
本気で凱旋門賞を狙いに行くならパワーを備えた馬
適性のある馬を連れて行ってほしいなと思います。

過去にナカヤマフェスタが2着に入りましたが
この結果に凱旋門賞攻略のヒントが隠されていると思うので
是が非とも近い将来日本馬に凱旋門賞を取ってほしいですね。

外国での競馬を走る闘争心がない点

過去に凱旋門賞で好走した馬を見てみると
闘争心を全面に出したタイプの馬が多い事が分かります。

オルフェーヴルなどは、その最たる例ですが
日本よりも多頭数で行われる上に、トリッキーなロンシャン競馬場で行われる
凱旋門賞は気持ちが弱いと太刀打ちすることが出来ません。

サトノダイヤモンドは従順な気性は折り合いに困らない馬です。

日本のレースのように道中折り合うには良い気性ですが
凱旋門賞を勝てる気性だとは言いづらく、厳しいレースになることは間違いありません。

天皇賞春の疲労が心配な点

先ほど、前哨戦のフォワ賞を負けたことはいいことだと言いましたが
それでも激戦だった天皇賞春の疲労が残っている可能性があります。

1回の大激走でその後の競走生活を棒に振る馬もいますので
フォワ賞惨敗で、疲労が全て取れたと判断するのは危険です。

 

以上が、2017凱旋門賞でサトノダイヤモンドが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

ほぼほぼ不安材料ばかりになってしまいましたが
好走率は限りなく低い事は分かって貰えたのではないかと思います。

日本馬の代表として出走するわけですから
私も個人的には頑張ってほしいなと思っていますが
同時に私は予想のプロでもありますので
冷静に今回の凱旋門賞におけるサトノダイヤモンドは厳しいと判断しました。

 

勝ち馬の予想になりますが、月並みな予想になりますが

3歳牝馬 エネイブル ですね。

斤量も軽い上に高いパフォーマンスを見せているので
無理に逆らってもしょうがないかなと思っています。

馬券の方は1本かぶりが予想されますので
エネイブルを2着付けにして馬単で広めに10点ほどに流したいと思います。

相手ですが、まず斤量面でアドバンテージを持つ3歳馬

ブラムト、カプリ、クリフスオブモハー、プリュマティック、ウィンター

この5頭は入れたいですね。

次に過去凱旋門賞で馬券に絡んだことのある

ハイランドリール、オーダーオブセントジョージ

あとはスミヨン騎手騎乗の ザラック

スタウト厩舎の ユリシーズ

この辺りは買いたい馬ですね。

 

ただ、出走馬の適性や走ってきたコースの特徴などが分からないので
無理して勝負するレースではありませんね。

何事も感情的にならずに冷静に状況を判断するようにしましょう。

 

2017スプリンターズステークスで注目している馬は
今回のメンバーでは能力が断然上である

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週からいよいよ秋のGIシリーズが始まります!

昨年の王者レッドファルクスこそ関東馬ですが

ビッグアーサー、ダンスディレクター、ダイアナヘイロー
ファインニードル、メラグラーナ、ソルヴェイグ

と注目馬はほとんどが関西馬

関西馬専門の競馬サイト『チェックメイト』では
一番妙味のある関西馬の情報を掴んでいるそうですよ!

今週登録した人には先着100名で
スプリンターズステークスの買い目を無料公開しているそうなので
買い目を入手した方は以下をクリックして無料登録して下さい。

チェックメイトの登録はコチラ

━━━━━━━━━━━━━━━

スプリンターズステークスは秋初戦にして、秋一番の難解なレースですが頑張りましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。