今週の重賞見所|福永裕一とジェンティルドンナ初コンビ相性を占う

Pocket

今週行われる重賞は3つ
土曜日に行われる3歳牝馬クラシック前哨戦のクイーンC
日曜日には3歳牡馬クラシックを占う共同通信杯と
伝統のG2京都記念です。

この重賞3つについて出走予定有力馬の短評と
レースの見所について話したいと思います。

ちなみに17日には東京新聞杯も行われますが
これは割愛します。

まずはクイーンCから

東京マイルは有利不利が少なく力の出しやすい舞台なので
例年関西からも有力馬が出走しますが
今年の主役は阪神ジュベナイルフィリーズ3着の
フォーエバーモアです。

ハープスター、レッドリヴェールと僅差の経験をした
事は高く評価出来、ここでは力上位と見ますが
追って味のあるタイプではないので若干の不安はあります。

前走重賞で2着に入ったニシノアカツキは
展開の利を得て着を拾ったレースだったので
今回は試金石の一戦となりそうです。

1勝馬で注目したいのは名門堀厩舎から出走を予定しているカノーロ
前走は最速の上がりで差し切ったディープインパクト産駒は
クラシックを連想させるのに十分ですね。
期待と不安半々といったところですが、楽しみな1頭です。

そして日曜日に行われる共同通信杯です。

主役は東スポ杯2歳S勝ちのイスラボニータ
新潟2歳Sではハープスターにちぎられましたが
この馬の持っている先行力は堅実で
今回の舞台でも力を発揮してくれそうです。

ただ、スケールの大きさだけでいえば
ラジオNIKKEI3着のサトノアラジンが上だと見ます。
理由は前走のラスト200m末脚です。
あの鋭い脚は一級品でした。
馬自身が完成していないので、成績は安定しませんが
完成してくればかなりいい馬になると思います。
イスラボニータが人気になる今回は先物買いもありです。

どんな舞台でも堅実な末脚を繰り出すクラリティシチー
イマイチ人気に応え切れていないガリバルディなど
このレースで勝った馬はクラシックの主役候補になることは間違いありません。

そして一番の注目は京都記念

このレースはドバイへの壮行戦として
ジェンティルドンナが出走します。
今回は福永祐一騎手と初タッグとなりますが
ジェンティルドンナはスピードとパワーを兼ね備えた馬です。
岩田騎手の方があっていると思いますが
何せ底力が違うので、ここは勝っておきたいレースです。

対するは前走マイルCSで目の覚めるような末脚を繰り出し
GI初勝利を成し遂げたトーセンラー
あの勝ち方からマイルがベストには違いありませんが
無類の京都巧者なので、ここも互角に戦えるでしょう。

その他では昨年に成長したラキシス、アンコイルド
実績のあるトレイルブレイザー、トゥザグローリーなど
が出走を予定しています。

が、ジェンティルドンナとトーセンラーの一騎打ちムードですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。