【2017オールカマー予想】買える有力馬、買えない危険馬診断|気になる穴馬も…

Pocket

ここでは2017オールカマーに出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬の判断をしていきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

どうも、「がり勉根暗野郎」ことMOTOです。

普段から競馬予想における色々な事を研究している私ですが
競馬は前走で勝った馬よりも負けた馬の方が回収率が高いって知っていましたか?

一般の競馬ファンの見方としては
競馬は前走で勝った馬の方が評価されて人気が上がりますが
実際は前走負けた馬を買った方が回収率は高いという現実があります。

ちなみに2017年の芝レース(1月1日~9月17日)を見てみても

前走で勝った馬  複勝回収率 74%

前走で負けた馬  複勝回収率 79%

となっています。

※ 単勝50倍以下の馬で統計を取っています。

 

競走馬はレースでは極限ともいえる力を出しているので
そこで勝利するということは私達が思っている以上に負担がかかっているんですね。

今後の予想の参考にして下さいね。

春シーズンではキタサンブラックやサトノダイヤモンドも力を見せたレースが
多かったですが、天皇賞春の激走の影響で
キタサンブラックは宝塚記念で惨敗して
サトノダイヤモンドもフォワ賞で惨敗。

にわかにキタサンブラック、サトノダイヤモンド以外にも
勝ちの目が出てきた古馬長距離路線ですが
今回のオールカマーでは宝塚記念2着のゴールドアクターが直前で出走回避

かなりメンバーが手薄になった感があるうえに

「中山2200mの適性はどうなの?」

というメンバーが上位人気を占めそうなレースで
馬券的にはかなり面白いレースになってきました。

美味しい馬券を的中させるべく
今年オールカマーに出走を予定しているメンバーを1頭ずつ見ていきましょう。

ちなみに新聞やブログなどいろいろな媒体の情報を見ると
プラス要素しか話しておらず、マイナス要素について語られることは少ないので
このブログではマイナス要素を中心に話していきたいと思います。

 

ルージュバック

昨年の毎日王冠を勝利したように軽い馬場で
のびのびと走れる条件で好走するルージュバック

疲労負けしやすい点があり、休み明けという条件はプラスですが
末脚が利きづらい中山芝2200mというタフな条件は向かない馬

なぜ、毎日王冠ではなく、オールカマーを選んだのかは謎ですが
適性としてはかなり向かない条件での出走となるので
かなり厳しい条件でのレースとなりそうだ。

 

ステファノス

前走の安田記念では距離短縮に対応できず7着に敗れたステファノス

今年は大阪杯では先行策に転じてキタサンブラックの2着と
GIでも上位に来られる高いパフォーマンスを持っているが
昨年の宝塚記念では最後に失速して5着に敗れた通り
本質的に中山芝2200mというタフなコースは合わないか

年を重ねてズブさが出てきた分、距離の融通は利くようになっている
可能性はあるが、昨年出走した毎日王冠の方が適性は高いのは事実で
難しいレースになることが予想される。

 

モンドインテロ

前走の札幌日経オープンでは完勝したモンドインテロ

今年は日経新春杯で3着という成績があるが
成績を見る限りではオープン大将という感じで
重賞ではオープン特別ほどの走りを見せられていない
いわゆる格負けしやすいタイプの馬

安定感はあるので、ステファノスやルージュバックが
力を出せずに負けるようであれば
繰り上がりでモンドインテロが上位にくる可能性はあるが
重賞では積極的に買いたい馬ではないか。

 

タンタアレグリア

今年はAJCCを勝ったものの、その後順調さを欠いてしまったタンタアレグリア

オールカマーと同じ舞台であるAJCCを勝った点は評価できるが
AJCCでは蛯名騎手の好騎乗があったことは否めず
久々のレースとなるオールカマーでAJCCと同じだけの
パフォーマンスを残せるかどうかというと期待は薄い。

自分のペースで走りたい馬なので少頭数でのレースになりそうな点は
プラス要素と言えますが、常識的に考えればそこまで強調出来ない臨戦だと言える。

 

アルバート

長距離のレースで強さを見せているアルバート

前走の天皇賞春では時計が速すぎたこともあるが
前しか残らない展開の中を唯一追い込んで5着に入った点は評価できる。

今回は1000mの距離短縮となり
長距離砲のアルバートにとって
どこまで2200mというオールカマーの舞台に対応できるかが鍵となり
長いレースを使い続けてきた馬なので
当然、前についていけずレースに参加できなくなってしまう可能性はある。

 

以上です。

 

2017オールカマーは中山芝2200mの適性があるとは考えづらい
ルージュバックやステファノスが人気を背負いそうなレースなので
大荒れする可能性がありそうなレースです。

上位陣が自滅すれば力の劣る馬でも馬券圏内に入ることが出来るので
買う馬をどこまで広げていくかがポイントとなりそうです。

ここでの見解を参考にして、是非高配当を当ててくださいね。

 

2017オールカマーで私が注目している穴馬はショウナンバッハ

そして、この馬は注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第63回 オールカマー(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
オールカマーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。