クラシックの主役へトーセンスターダム!2014きさらぎ賞回顧

Pocket

昨日は東京競馬場のレース開催が中止となり、
行われた重賞は京都競馬場のきさらぎ賞だけでした。

1レースしかありませんが、しっかりと回顧して次への参考としましょう。

勝ったのはトーセンスターダム。
直線計ったかのように差し切りました。

新馬戦も重馬場で勝っていたので、
馬場への適性はさほど心配いらない点は強みでしたが
堅実にしっかり伸びてくるあたりは強いの一言

瞬発力と推進力を兼ね備えたタイプの末脚は
どの競馬場でもまんべんなく力を発揮出来るでしょう。

これでクラシックの主役は間違いないと思いますが
走りのインパクトが少し弱いのが気になります。

おそらくトライアルには出てくると思うので
そこでどんな走りをするか、どこまで成長するかを見ていきましょう。

これは予測ですが、成長力のあるタイプの走りだと感じました。

期待したバンドワゴンは2着

スタートで後手を踏み、折り合いつかず
途中から先頭という
チグハグなレースをした割には踏ん張りました。

現段階ではトーセンスターダムよりも底の深さを感じますが、
毎回ベストのパフォーマンスを見せられるタイプではないのでしょう。

凡走しても見限れないし、好走しても危うい
というタイプで同じ父親を持つ
アサクサキングスに似ていますね。

3着のエイシンエルヴィンは頑張りましたが
着を争うところまでは来られなかったので
やはり2頭とは差がありそうです。
重馬場だったし、内枠の利もあったので
即次走も評価、とはなりません。

あとは特筆すべき馬はいません。

これからクラシックに向けてこの上位2頭に対抗出来る馬が
どんどん出て来て欲しいですね。

今週の共同通信杯2歳Sには
イスラボニータ、サトノアラジンが出てきます。

どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。