【2017神戸新聞杯記念予想】買える有力馬、買えない危険馬診断

Pocket

ここでは2017神戸新聞杯に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬の判断をしていきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

どうも、先週のセントライト記念は最安目の的中となり悶絶したMOTOです。

ちなみにセントライト記念では6頭に印をつけましたが
1着から順に「▲◎△△○」という感じでした。

直線では

「スティッフェリオ残れ!プラチナヴォイス差せ!」

と叫びましたが、願いは届かず。

ここのところ重賞は結果が出ていなかったので
流れの悪さが出た形ではありますが

こういった寒い的中を乗り越えて、大きな花火が上がると思っているので
めげずに頑張っていきたいと思います。

何事も我慢が必要ですね。

 

そのセントライト記念ではミッキースワローがアルアインを下しての勝利

菊沢騎手という事で常にワンランク低いパフォーマンスを見せていた
という事を考えれば、今回横山典弘騎手に替わって
本来のパフォーマンスを見せたと考えられますし
この勝利はフロックではないと言えますね。

菊花賞でも通用する地力は持っている馬だと思いますが
セントライト記念で100点の競馬をした分
どこまで余力が残っているかという話になってくると思いますが
かなり面白い馬が菊花賞に進んできましたね。

そして、アルアインも余裕残し感がありありで
本番でも軽視の出来ない存在ですね。

 

そして、今週行われる神戸新聞杯では
セントライト記念よりもワンランク上の馬が出走してきます。

ダービー馬のレイデオロはジャパンカップへの参戦を表明しており
菊花賞へは不参加を表明。
ダービー1番人気のアドミラブルは故障により戦線離脱

と、例年の神戸新聞杯とは少し毛色が違ってきますが
今年出走を予定しているメンバーを1頭ずつ見ていきましょう。

ちなみに新聞やブログなどいろいろな媒体の情報を見ると
プラス要素しか話しておらず、マイナス要素について語られることは少ないので
このブログではマイナス要素を中心に話していきたいと思います。

 

レイデオロ

春シーズンではまともにレースを使う事が出来ず
皐月賞、日本ダービーの2戦のみとなってしまいましたが
今回は順調な調整を経ての出走が期待できるレイデオロ

皐月賞はトラブル続きで順調さを欠いていましたが
本質的には休み明けは得意なタイプで今回のレースに対する不安はなく
折り合いに苦労する馬でもないので2400mという距離も問題なし。

アドミラブルという強敵もいなくなったので
よほどの事がなければ馬券圏内を外すことは考えられず
マイナス要素を探すのが難しい馬だと言えますね。

 

サトノアーサー

前走の日本ダービーでは強敵相手のレースで脆さを見せたサトノアーサー

毎日杯、きさらぎ賞では少頭数ながら馬群についていけない
行き脚の悪さを見せており、展開がハマらないと難しいタイプの馬

阪神芝2400mの神戸新聞杯は差し馬が届きやすい舞台なので
サトノアーサーにとっては走りやすい舞台ですが
多頭数の競馬になってしまうとコーナーを曲がる際に
置かれてしまう危険性があり、差して届かずの展開は考えられる

 

カデナ

皐月賞は3番人気で9着、日本ダービーは8番人気で11着と
弥生賞を勝った実績が薄れつつあるカデナ

ディープインパクト産駒らしく末脚の鋭さと非力さを抱えた馬なだけに
皐月賞のような激戦は向かない馬。
日本ダービーは展開が向かず11着と敗れたが
上がり3ハロンのタイムは3位の33.5秒

非力さがどこまで解消されているかが焦点となりそうだが
スローペースになりやすい神戸新聞杯の舞台なら巻き返しの余地はありそうだ。

 

ベストアプローチ

青葉賞でアドミラブルの2着に入ったベストアプローチ

日本ダービーは前残りの展開ながら9着に入り
2400mという長距離レースの適性を見せた。

ニューアプローチ産駒という事で単純なヨーイドンというレースは向かないので
ある程度ペースが流れてほしいところ。
日本ダービーの走りからレイデオロ以外とは互角に戦える地力はあると言える。

 

ダンビュライト

皐月賞は3着、日本ダービーは6着とクラシックの上位をにぎわせたダンビュライト

皐月賞のようなタフな混戦が向いているタイプなだけに
神戸新聞杯の舞台である広々とした阪神芝2400mコースでの
レースはダンビュライトには向かない条件であることは間違いない。

距離ロスなく、立ち回り勝負をして良さが出るタイプなので
内枠で省エネ戦法をとりたい。

 

キセキ

日本ダービー出走馬が集う中、夏のレースを使って上昇してきた上がり馬のキセキ

近2戦の勝ち方は春の勝ち味の遅いレースと違い
鋭い末脚を見せてのレースだった。

ルーラーシップ産駒だが、母父ディープインパクトが強く出ている印象で
神戸新聞杯の舞台である阪神芝2400mは合いそうだ。

距離延長はプラスに働きそうで、デムーロ騎手の騎乗
条件上がりの身ではありますが欠点は少ない馬です。

 

以上です。

 

2017神戸新聞杯はダービー馬レイデオロの参戦に加えて
日本ダービーから直行してくる馬が多く
大荒れは考えづらいレースです。

堅い決着だと相手を広げられないので
買う馬と買わない馬をどのように判別していくのかがポイントとなりそうです。

 

2017神戸新聞杯で私が注目している馬
そして、この馬は危険かなと思っている馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第63回 オールカマー(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
オールカマーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。