【2017府中牝馬ステークス】 出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017府中牝馬ステークス】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

ヴィブロス 2.4倍
アドマイヤリード 戸崎 4.8倍
ワンブレスアウェイ 7.7倍
クインズミラーグロ 9.1倍
トーセンビクトリー 9.3倍
クロコスミア 10.1倍
クイーンズリング 10.5倍
デンコウアンジュ 13.8倍
キンショーユキヒメ 16.4倍
アスカビレン 17.3倍
リエノテソーロ 18.0倍
ゲッカコウ 19.6倍
バンゴール 20.5倍
ロッカフラベイビー 22.2倍
ハッピーユニバンス 23.5倍
レーヌドブリエ 27.1倍
ミスパンテール 29.9倍
デニムアンドルビー(出走回避)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ドバイでGIを勝ったヴィブロス

前走のドバイターフでは鋭い末脚で見事に勝利を収めたヴィブロス

昨年の夏から急激に力をつけてきたヴィブロスだが
今回はドバイ帰りで状態面が問われる。

また初戦となる中山記念では5着と敗れていることから
ここは改めて能力を問われる一戦となりそうだ。

クイーンステークスでは惨敗した アドマイヤリード

GIヴィクトリアマイルを制した勢いで1番人気に推されながら
6着と敗れてしまったアドマイヤリード

前走は展開が向かなかったことに加えて
大一番を消化した後で状態の維持が難しいレースだった事を踏まえれば
最後の直線ではそれなりに差を詰めていた内容は悲観する物ではない。

今回は自分の力を出せる舞台へ替わったことから
ここで巻き返してGIに向かって弾みをつけたい。

不振を極める女王 クイーンズリング 

昨年秋は大活躍だったクイーンズリングだが
今年は阪神牝馬ステークス、ヴィクトリアマイルで惨敗続きのスランプ状態

昨年は府中牝馬ステークス、エリザベス女王杯と連勝しているだけに
舞台適性は問題ないが、勢いを失っている点は気になる。

今回の府中牝馬ステークスは復活したのか、終わったのかが
問われる重要な一戦となる。

府中が得意な大ベテラン デニムアンドルビー 

ジャパンカップ、宝塚記念と超一戦級が集うレースで2着に入っているデニムアンドルビー

ディープインパクト産駒らしい末脚を持っているが
パワーのあるタイプなので、どうしても反応が鈍くなる点が難点だが
末脚の破壊力は今回のメンバーでも随一の存在。

馬場が渋ればパフォーマンスを上げてくる馬なので
重馬場でレースを行いたいところだ。

常に安定した走りを見せる クインズミラーグロ 

重賞で5戦連続馬券に絡んでいる超堅実派クインズミラーグロ

様々な競馬場で走り馬券圏内を確保できているのは地力の証明といえる。
連戦の疲労は若干気になる点はあるが
今回の府中牝馬ステークスは前走から十分に間を空けての出走となるので
今まで以上のパフォーマンスが期待できる。

3着が多く賞金が足りないので、ここで何とか賞金を加算したい。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ府中牝馬ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。