2014きさらぎ賞予想!重馬場でディープインパクト産駒の適性は?


今日も東京競馬場での競馬は中止となりました。

昨日の雪は凄かったですからね。
これだけ降れば中止もやむを得ないところです。

という事で、メインレースは一本に絞られました。

京都競馬場で行われるきさらぎ賞です

このレースは少頭数で力関係も割とはっきりしていますが
重馬場という要素が加わって、少し予想が複雑になりました。

きさらぎ賞 勝負度合い 50%

まずは京都芝1800メートル戦の特徴からおさらいしましょう。

京都芝1800メートルの特徴

9頭と少頭数なので、枠順は気にする必要はないと思いますが
先行する馬が有利な舞台設定です。

加えて重馬場という点では昨日のエルフィンステークスで
3コーナーで捲ったシャイニーガールが粘りきったあたりも
前で粘る馬に利点があると判断できます。

本命は バンドワゴン です。

過去2戦は逃げて、最速の上がりを繰り出し圧勝。
折り合いがきっちりついている感じはしないんですが
末脚もしっかりと伸びるというパターンは
なかなか見たことのないタイプで底が見えない感じ。

底が見えない分、実はそんなに強くないのかもしれないという
不安もありますが、過去2戦で見せたパフォーマンスが
素晴らしかったので本命にあげたいと思います。

あとは馬場適性だけですね。

対抗は ピークトラム です。

こちらは追って味のない馬で一本調子の末脚を繰り出し
2着、3着の多い馬ですが、前走後ろから競馬をしてまったくダメだったので
今回は前で競馬をしてくれるのではないかと思います。

馬場と展開を味方になだれ込んでくれれば行った行ったの2着はありそうです。

3番手はトーセンスターダム
こちらはいかにも優等生という2戦をこなしてきました。
苦手な重馬場、前残りの展開をいずれも差し切っての勝利

クラシックの主役候補の競馬をしてきましたが
今回はまたまた重馬場、この舞台でどこまでやれるか

内枠を引いたのでバンドワゴンを徹底マークするような
前につけて内から差す競馬出来れば勝利まであるでしょうが
後ろに下げて外から差してくるような競馬をしてしまうと
完敗してしまう可能性も出てきます。

武豊騎手の乗り方にも注目です。

馬券の買い方は馬単2点勝負と
3連単バンドワゴンを1着に
2,3着にトーセンスターダム、ピークトラムをつけた2点

合計4点勝負とします。

馬券としても旨みは少ないレースですが
バンドワゴン、トーセンスターダムがどんな競馬を見せてくれるか楽しみです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。