【種牡馬分析】キングカメハメハ産駒の特徴を成績から分析


今、日本競馬のサイアーラインはサンデーサイレンス系の独占市場と言えます。

そんな中、気を吐いている馬が1頭
ダービー馬キングカメハメハです。

サンデーサイレンス系が活躍して肩身が狭いサイアーラインの中で
キングカメハメハが有利な点が一つあります。
それは「サンデー系の優秀な牝馬との配合が出来る」という事。

トゥザグローリー(トゥザビクトリー)
ローズキングダム(ローズバド)
コディーノ(ハッピーパス)

など、ちょっと前からの競馬ファンなら名前を知っているような
名牝との配合が出来る点では有利です。

走りとしてはスピードよりもパワーに勝っている印象を受けます。
キングカメハメハ自身もそうでしたら、
卓越したパワーと推進力が売りの産駒が多いですね。

では、これ以降は表を見ながら話を進めていきましょう。

今回もJRA-VANの表を引用させて頂いたもので
2012年、2013年、各年から1世代だけを抽出してデータ化しています。

まずは得意なコースを見ていきましょう。

今回抽出したのは全国でも主要となる競馬場
東京競馬場、中山競馬場、京都競馬場、阪神競馬場に
中京競馬場を加えて5つの競馬場のデータをとっています。

表1-キングカメハメハ2013年1世代のコース成績
キングカメハメハ 2013年コース別成績

表2-キングカメハメハ2012年1世代のコース成績
キングカメハメハ 2012年コース別成績

芝の成績を見ていると中山や阪神など
スピードよりもパワーが必要な競馬場の方が
いい成績を残していることがわかります。

走りの印象だけではなく、成績からもパワー型が多い事がわかります。

次にダート適性を見てみます。

ディープインパクト産駒は極めてダートに弱いという特性がありましたが
キングカメハメハ産駒は芝に劣らぬ成績を残しています。

最近ではベルシャザールやホッコータルマエなど
ダート界で主役を張るような馬も輩出していて
キングカメハメハの持っているパワーを引き継いでいる事がわかります。

芝からのダート替わり、ダートからの芝替わりは特に気にする必要はないでしょう。

また、芝・ダートの双方で結果が残せているという
あたりがリーディング争いが出来る要因でしょう。

今度は別の表で得意な距離を確認してみましょう。

表3-キングカメハメハ2013年1世代の距離成績
キングカメハメハ 2013年距離別成績

表4-キングカメハメハ2012年1世代の距離成績
キングカメハメハ 2012年距離別成績

2年分の結果を見てみるとスプリント戦から長距離戦まで
ほぼ平均的に結果を残している事がわかります。

キングカメハメハ自身は中距離馬という感じでしたが
産駒は特に距離を選んでいないあたりから
母親の能力を遺伝させる力が優れているという証明でしょう。

つまり、サンデーサイレンス系の優秀な牝馬との子供についても
サンデー系の能力+キングカメハメハの能力がうまく混ざり
レースで力を発揮出来る馬が多い。

そんなことがわかりますね。

最後に手の合う騎手だけ簡単に言及しておきましょう。

上の話でわかるとおりキングカメハメハ産駒は
パワーが勝っているタイプが多い為
腕っぷしの強い騎手、追える騎手の方が有利であると言えます。

あとは馬のタイプに合わせて騎手を選んでいくといいでしょう。

○最後にまとめです。

キングカメハメハ産駒は芝もダートもこなし
短距離も長距離もこなすオールマイティーな種牡馬です。

特徴といえばパワー型の産駒が多いという点

中山・阪神から京都・東京に替わった時、またその逆について
配当のバランスが崩れる時が出てきます。

このバランスの崩れをついて高配当を狙ってください。

あくまで個別で馬を判断した上でという事になりますので
種牡馬だけで全てを判断するのではなく
馬自身の適性を見ていく事を基本としてくださいね。

もし、貴方が今回の種牡馬分析だけでなく
馬券で利益を出したいと思っているのであれば
私が発行している無料メールマガジンに登録して下さい。

登録は以下をクリックすると出来ます。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

レースの予想方法から馬券の購入方法までを
「回収率アップ講座」という形でお話しています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。