【2017オールカマー予想】過去10年のデータ分析|圧倒的先行馬有利の理由とは?

Pocket

2017オールカマーを予想する際に必要となる
過去に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走宝塚記念に出走した馬の成績についても言及していきながら
オールカマーで好走している馬について話をしていきます。

 

こんにちは、MOTOです。

今週はオールカマーが行われます。

私にとって忘れられないオールカマーがあります。

それは1996年のサクラローレルが勝ったオールカマーです。

古い競馬ファンなら知っていると思いますが
私はマヤノトップガンという馬が大好きでした。
(今までの競馬歴の中で、私が一番好きな馬です)

マヤノトップガンは宝塚記念を1番人気で完勝
直線ではムチを使わずに流しただけで勝ったようなレースで
オールカマーも1番人気(1.8倍)で出走してきました。

天皇賞春を勝ったサクラローレルが2番人気(1.9倍)で
完全なる2強モードでの争い。
(ちなみに3番人気はヤシマソブリンの15.8倍)

トップガンが強いのか?はてまたローレルが強いのか?

競馬ファンは世紀の一騎打ちを期待してレースに釘付けになりましたが
蓋を開けてみるとサクラローレルの独壇場。

直線でみるみる内に後続を引き離して2着に2馬身半差の圧勝でした。

一方のマヤノトップガンはというと4角で先頭を伺いながらもズルズル後退

2着ファッションショー、3着マキバサイレントという
格下馬にも後塵を拝して4着に敗れ去ってしまいました。

大好きな馬が全く抵抗できずに惨敗してしまい
当然馬券も外したのですが、マヤノトップガンには憎めない魅力がありました。

その後、人気を落とした天皇賞秋で2着
再び人気となった有馬記念で7着
そして翌年には苦杯を舐め続けていたサクラローレルに天皇賞春でリベンジして勝利

と、とにかくドラマを作ってくれる馬でした。

勝つとか負けるとか、馬券を当てるとか外すとか
そんなところから一歩離れたところにマヤノトップガンはいて
ドラマティックなシナリオを見せてくれました。

そんな背景もあり、オールカマーという言葉を聞くと
超格下相手に惨敗してしまったマヤノトップガンの姿が目に浮かんできます。

今年のオールカマーはゴールドアクターが出走回避となり
ちょっと寂しいメンバーになりましたが、オールカマーを的中すべく
過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。

 

末脚を発揮しづらい先行馬有利の舞台

まずはオールカマーの脚質別成績を見てみます。

最初にオールカマーでの4コーナーでの順位別成績を見て頂きましょう

先行している馬が複勝率40%近くのハイアベレージを誇っているの対して
4コーナーで7番手以下でレースを進めた馬の複勝率は15%
10番手以下の馬に限っては複勝率0%と
露骨に先行有利の傾向を見せています。

中山芝2200mは直線の急坂を2度も登るタフなコース

レースではスピードよりもパワーが重要視される傾向にあり
直線で鋭い瞬発力を見せる事が出来ないレースである事が分かります。

ちなみにオールカマーに出走した馬の前走での4コーナー順位別成績を見てみると

と前走で先行した馬はそれほど良い成績を残せていません。

一般的には過去のレースで先行策を取っている馬の方が
前のポジションを取りやすい訳ですが
後方のポジションにいた馬が前のポジションを取れる要因はいくつかあります。

一つは、前走で速いペースでレースが流れるGI(宝塚記念等)に出走した馬

上の表は前走のレース別成績ですが
GIである宝塚記念や天皇賞春からオールカマーに出走している馬は
良い成績を残している事が分かります。

もう一つは、2000m以下の速いペースを経験してオールカマーに臨む馬

上では前走の出走距離別の成績ですが
距離延長で臨んだ馬が好成績を残している事が分かります。

短い距離で速いペースを経験した馬は
前のポジションを取りやすくなるということを立証しています。

 

惨敗からでも巻き返しの出来るレース

次にオールカマーでの前走着順別成績を見てみましょう。

前走で1,2着に入った馬よりも、6~9着に敗れた馬の方が好成績となっています。

タフな条件でのG2別定戦なので
条件戦を勝ち上がってきた馬が活躍しづらいという点と

前走GIを使ってきた馬が多いので
GIであれば惨敗からでも巻き返しが可能である

という事を示しています。

逆に前走で好走をして疲労を残した状態でレースに臨むと
オールカマーの舞台である中山芝2200mに耐えられない可能性がある

という事も要因として挙げられます。

 

以上が2017オールカマーを攻略するための主たるデータです。

今年は若干メンバーレベルが低くなりそうですが
例年、天皇賞秋やジャパンカップよりも有馬記念と相性が良いレースなだけに
オールカマーで好走した馬は有馬記念で注目したいですね。

 

2017オールカマーで私が注目している馬は
パワーを武器にしている

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第63回 オールカマー(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
オールカマーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。