2017京成杯オータムハンデ枠順確定、最も有利にレースを進められる馬は?

Pocket

2017京成杯オータムハンデの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
について分析をしながら、
京成杯オータムハンデで最も有利にレースを進められそうな馬
に話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

をというテーマを軸にレースの流れなども話せたらと思います。

 

どうも、フォワ賞ではサトノノブレスが
意外に頑張るのではないかと思っているMOTOです。

サトノダイヤモンドの地力が抜けている事は言うまでもありませんが
サトノノブレスは基本的にGIなどの格が必要なレースで凡走して
凡走後のG2、G3で好走するタイプの馬なので
6頭立てと少頭数で、メンバーも手薄なフォワ賞は絶好の走り頃

馬券は買えませんが、もし買えるとしたら
サトノノブレスから3連複1頭軸流しで
サトノダイヤモンド、シルバーウェーヴ、クロスオブスターズの3頭を買うと思います。

 

さて、2017京成杯オータムハンデの枠順が確定しましたので
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想を基に
京成杯オータムハンデで最も有利にレースを進められそうな馬
を分析して導いていきたいと思います。

人気が予想されていた

5枠10番 ダノンプラチナ

は良い枠を引きながらも出走回避となってしまいました。

立ち回り勝負よりも馬の能力・地力で勝負してくるタイプのダノンプラチナにとって
小細工が必要なく不利もそれほど受けづらい5枠10番という枠順は
ダノンプラチナの能力を発揮しやすい条件だっただけに残念ですね。

ダノンプラチナを抜きにして話を進めていきましょう!

 

最初に京成杯オータムハンデの過去10年のデータを見てみると

・逃げ、もしくは先行した馬が有利

・小回りが利く、スピードタイプの馬が有利

である事が最大の特徴になっています。

つまりこの京成杯オータムハンデで好走するには
思った通りのポジションが取れる「自在性」と
トリッキーなコースを走り切る「器用さ」が必要になります。

そういった「自在性」と「器用さ」を発揮できそうな枠順に入った馬
即ち最もレースがしやすいであろう馬を探していきます。

 

まず、逃げることがほぼ確定となっている

3枠5番 マルターズアポジー

はボチボチの枠順に収まりました。

ご存知の方は多いと思いますが
中山競馬場の芝1600mはスタートから間もなく
角度の厳しいコーナーが待っており、外枠に入った馬は
最初のコーナーでかなりの距離ロスを被りやすいコース設定になっています。

マルターズアポジーは近走すべて逃げているので
出遅れる可能性は低いと思いますが
スタートしてスムーズに最初のコーナーに入れる内枠は
マルターズアポジーにとって好条件だと言えます。

 

そのマルターズアポジー以上に良い枠に入ったのは

1枠2番 ボンセルヴィーソ

です

偶数の内枠をゲットしたことで経済コースを通ることが出来るのはほぼ確実。

マルターズアポジーは先手を主張すると思いますが
その後ろにピタッとつけてレースが出来そうで
かなり走りやすい条件を引き当てたと言えます。

2017京成杯オータムハンデで一番良い枠を引き当てたのは
ボンセルヴィーソだと言えますね。

 

人気が予想される

3枠6番 グランシルク

は騎手の腕が問われる枠に入りました。

グランシルクは差し馬なので、
近走はコーナーで外に回して直線伸びてくるという競馬をしていますが
本質的には馬群に入って、その中から伸びてくるというレースが出来る馬なので
復活した田辺騎手がどのような騎乗を見せるのかで結果が変わってきそうです。

外に回されるとまたツメの甘さを見せそうなので
内差しの競馬を見たいところですね。

 

夏競馬で善戦してきた

7枠13番 ダノンリバティ

は良くない枠順になってしまったと言えます。

中京記念と関屋記念の2戦の内容が示す通り
直線での爆発力を持っていないダノンリバティにとっては先行策がベスト

決してスタートの速い馬ではないので今回の7枠13番という枠順は
ダノンリバティにとっては前のポジションを取りづらい要素にしかならず
難しいレースになってしまう可能性は高いと言えます。

 

ここまでで話した馬以外の簡単な短評を話すと

1枠1番 ダイワリベラル

4枠7番 ウインフルブルーム

4枠8番 ブラックスピネル

は自身の持ち味を発揮しやすい枠順に入ったと言えます。

逆に

2枠3番 ガリバルディ

8枠16番 マイネルアウラート

は自身の持ち味を発揮しづらい枠順に入ってしまったという印象です。

 

まとめ

2017京成杯オータムハンデで有利にレースを進められそうな馬は

1枠2番 ボンセルヴィーソ

この1頭を挙げたいと思います。

 

有力馬についての枠順確定後の見解は以上の形となります。

今回は枠順による有利不利について話をしていきましたが
もちろん馬の能力や今回のレースを迎えるにあたっての状態面など
全てを含めて競馬予想をする必要がありますので

今回の京成杯オータムハンデの枠順は予想の一つの要素として
検討材料として加えながら、予想に役立てて下さい。

 

2017京成杯オータムハンデで注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >



今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト



昨年は9人気ラヴァーズポイントの
激ヤリ話を独占スクープで
3連単【1万5990円】ズバリ

セントウルS(G2)

今年はアノ人気薄関西馬が高配当を演出!?

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

セントウルS3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!

【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。