【2017セントライト記念】過去10年のデータ分析|大型馬が強いわけとは…

Pocket

2017セントライト記念を予想する際に必要となる
過去に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

セントライト記念で好走している馬について話をしていきます。

 

関東の菊花賞トライアルとして歴史のあるセントライト記念ですが
神戸新聞杯が菊花賞のメイントライアルとなっているように
トライアルでありながら、影の薄い重賞でした。

しかし、一昨年はキタサンブラックがこのレースを勝利して菊花賞も制覇
昨年は菊花賞には繋がらなかったものの皐月賞馬ディーマジェスティが
圧倒的人気に応えて勝利するなど、レースの地位が上がってきているレースです。

今年は皐月賞馬アルアインが出走を予定しており
3戦3勝のセダブリランテスも出走を予定。

菊花賞に繋がりそうな予感がするメンバー構成になっています。

成長著しい3歳の夏を超えて実力馬が青写真通りの成長を見せているのか?
もしくは成長が止まり、夏場に頑張った馬に抜かれてしまっているのか?

各馬の判断が難しいだけにセントライト記念では
どのようなタイプの馬が活躍しているのか読みづらい点がありますが
これらを調べるために、過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていき
馬券的中のヒントを掴んでいきたいと思います。

※データはブレを少なくするため単勝50倍以下のデータを用いています。
(データベースはJRA-VANを使用)

それでは、いきましょう。

 

大型馬が有利なパワーコース!非力な馬は苦戦

最初に取り上げたいのは馬体重別の成績です。
過去10年の馬体重別のデータを見てみると

馬体重500kg以上の馬が複勝率40%を超えて
単勝回収率は300%を超えるハイアベレージを残していることが分かります。

中山芝2200mは中山の直線にある急坂を2度駆け上がるタフなコースです。

参考までに中山競馬場の立体図を見て下さい。

求められるのは瞬発力やスピードではなく、坂を2度駆け上がれるパワーなので
軽量馬よりも馬格があってパワーのある馬が好成績を残している事が分かります。

パワータイプの馬、もしくは馬体が大きい馬を選択していくことが
予想の第一歩になります。

 

ダービー直行組強し!逆にラジオNIKKEI組は苦戦!?

次にセントライト記念おける過去10年の
前走クラス別の成績を見てみたいと思います。

前走オープンクラスの組と条件戦の組では
複勝回収率こそ大差がないもの
複勝率では倍近く成績が違っています。

主流トライアルではないにしても
やはり菊花賞のトライアルレースだけあって
格下の馬は通用しない、という結果になっています。

次にセントライト記念における前走のレース名別成績を見てみます。

前走で日本ダービーを使った馬が質・量共に
他のレースからの臨戦を圧倒している事が分かります。

競馬の最高峰である日本ダービーを使った馬が出走すると言うことは
基本的には人気になる馬が多い中で
単複の回収率が120%を超えていると言うことは
かなり信頼出来る数字である事が分かります。

一方、前走でラジオNIKKEI賞を使った馬の成績を見てみると
複勝率こそ30%を超えているものの
単複回収率の数字は60%前後と振るわない事が分かります。

ラジオNIKKEI賞は重賞ではありますが
ローカルである福島競馬場で行われたG3レースです。

地力が出やすい中央の重賞レースに加えて
格上げのレースである事を考えると
苦戦の理由も納得出来ます。

 

末脚の鋭さよりも、位置取りが重要なレース

最後にセントライト記念に出走した馬の上がり3F順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン1位の馬はそれなりの成績を残していますが
他のコースと比較すると低調な成績となっています。

その反面、上がり3ハロンが6位以下だった馬からは
7頭もの馬が馬券に絡んでおり
直線での末脚がなくても馬券に絡めていることが分かります。

また、前走での上がり3F順位別成績を見てみると

こちらは上がり3ハロン6位以下の馬が好成績を収めています。

逃げ馬、先行馬が活躍しているという背景はありますが
日本ダービーからの直行ローテが活躍していることを考えると

キタサンブラックのように日本ダービーでは惨敗した
(上がり3ハロンは6位以下となってしまった)けれども
格下げ戦となるセントライト記念で巻き返すという
パターンが多く見受けられることも抑えておきたい要素です。

 

以上が2017セントライト記念を攻略するための主たるデータです。

昨年に続いて皐月賞馬が出走を予定しているセントライト記念ですが
春の実績通りに力の違いを見せてくれるのか?
もしくは皐月賞馬を負かして勝ち名乗りをあげる馬がいるのか?

注目の1戦となります。

ここでお話しをした過去10年のデータを活かして
馬券を的中できるよう役立てて頂ければ幸いです。

 

2017セントライト記念で私が注目している馬は
前々で競馬を進められそうなパワータイプの

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
ローズS(G2)・鉄板3点勝負

30倍も狙える3点勝負を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

9/2 小倉11R  2万0800円的中
8/27 新潟2歳S 4万9030円的中
8/26 新潟JS  2万9860円的中
8/19 小倉9R 4万7420円的中

ローズSの鉄板3点勝負を見る

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。