マルターズアポジーが2017京成杯AHで危険な人気馬だと断言できる訳とは?

Pocket

2017京成杯オータムハンデで人気が予想される
マルターズアポジーが危険な人気馬となってしまう可能性
勝率はどのくらいなのかという点について
分析をしながら話をしていきます。

 

どうも、MOTOです。

今週はサトノダイヤモンドがフォワ賞に出走してきますね。

前走の天皇賞春がかなりの激戦だったことは
キタサンブラックとシュヴァルグランの宝塚記念での走りを見れば明らかで
サトノダイヤモンドにもダメージはないとは言い切れません。

ただ、サトノダイヤモンドは最後シュヴァルグランを差せずに
3着に負けてしまっているというのは救いですね。

もし、天皇賞春で気力を振り絞ってシュヴァルグランを交わして
2着に上がっていたらきっと回復できないほどのダメージを受けていたと思うので
3着に負けたことによって疲労がどこまで緩和されたのか

という点がフォワ賞好走のポイントとなりそうです。

もともとの能力から言えば「負けようがない」くらいのレベルにあると思うので
凱旋門賞に向けて、いいレースを見せてほしいですね。

 

さて、今週から中山開催が始まり
京成杯オータムハンデが行われます。

久しぶりの中山開催ということでトリッキーなコースながら
速い時計での決着になることで有名なレースですが
今年も速い時計を演出しそうな馬が出走を予定しています。

 

その馬の名前は

マルターズアポジー

です。

 

マルターズアポジーは前走の関屋記念を逃げ切って
重賞3勝を挙げている実力馬です。

実績や前走の内容から2017京成杯オータムハンデでも
人気になることが予想されますが
果たしてマルターズアポジーはここでも信頼できる存在なのでしょうか?

 

私の見解は

マルターズアポジーは今回危険な人気馬である

という見解です。

 

既に重賞を3勝しており、前走の関屋記念も完勝と
高い能力を見せているマルターズアポジーが、
なぜ京成杯オータムハンデでは危険な人気馬になってしまうのでしょうか?

理由を説明していきたいと思います。

逃げ馬としてマークが重くなるであろう点

マルターズアポジーは前走の関屋記念では7番人気で出走してきました。

関屋記念前の段階で、重賞を2勝もしていたマルターズアポジーが
7番人気に甘んじたのは、2走前の七夕賞での惨敗が原因でした。

七夕賞では2番人気に推されており、このレースはマルターズアポジーが
逃げ切るのではないかと期待しているファンが多くいました。

しかし、フタを空けてみると七夕賞勝ち馬ゼーヴィントと同じ馬主を持つ
フェイマスエンドに必要に絡まれて、マルターズアポジーは暴走

結局、自分の競馬をさせてもらえず11着と敗れてしまいました。

この敗戦を受けて、マルターズアポジーは関屋記念で評価を落とした上に
レースではノーマークでの単騎逃げを打つことが出来ました。

逃げ馬が好走できるかどうかを左右する最も大きな要因は

「いかにマークされずに逃げ切れるか」

という事です。

今回の京成杯オータムハンデでは関屋記念で鮮やかに逃げ切った後の出走になります。

加えて、中山競馬場の開幕週で行われる重賞とあって
前残り傾向を示す馬場になっています。

前走で強い競馬を見せた点と前残りの馬場を勘案して
マルターズアポジーの逃げ切りを警戒する陣営が多くなります。

つまり「マークがきつくなる」ので
マルターズアポジーにとって厳しい状況での競馬になることは間違いありません。

 

前走で楽な競馬をしてしまった点

前述した通りマルターズアポジーの関屋記念での競馬は
ノーマークでの単騎逃げでした。

1000m通過タイムが57.9秒と決して遅いタイムではありませんが
マルターズアポジーにとっては楽な競馬であったことは間違いありません。

今回はマークがきつくなることに加えて
直線に坂があるコースという事で
前走の関屋記念よりは大きいプレッシャーを感じて走ることになります。

関屋記念で楽な経験をしたあとの京成杯オータムハンデでのきつい競馬

マルターズアポジーのパフォーマンスが大きく落ちることが想定されます。

仮に京成杯オータムハンデでのレースがきつい内容でなかったとしても
前走楽をした分、マルターズアポジーにとってはきつく感じるはずです。

野球で100kmの球をみたあと、130kmの球をみたら速く感じるのと
同じ理屈で、マルターズアポジーにとってきつい競馬になることが想定されます。

 

以上、2つの理由から

2017京成杯オータムハンデにおける

マルターズアポジーは今回危険な人気馬である

という結論に達します。

 

既に重賞3勝を挙げて、そろそろGIへも手を伸ばそうかという
マルターズアポジーがこの苦しい条件を克服するようであれば
更に上のステージを目指すことが出来そうですが
果たして結果はどうなるでしょうか?

色々な意味で注目の一戦ですね。

 

2017京成杯オータムハンデで注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >



今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト



昨年は9人気ラヴァーズポイントの
激ヤリ話を独占スクープで
3連単【1万5990円】ズバリ

セントウルS(G2)

今年はアノ人気薄関西馬が高配当を演出!?

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

セントウルS3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!

【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。