【2017京成杯オータムハンデ】過去10年のデータ分析|サンデー系種牡馬が大活躍!?

Pocket

2017京成杯オータムハンデを予想する際に必要となる
過去に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

京成杯オータムハンデで好走している馬について話をしていきます。

 

サマーマイルシリーズの最終戦となる京成杯オータムハンデ

サマーマイルシリーズは関屋記念と中京記念と京成杯AHの3戦のみ
という事でイマイチ盛り上がりに欠けるプログラムとなっています。

そして、京成杯に出走しているメンバーをみても
マイルチャンピオンシップを狙うための始動戦として
選択している馬も多く、純粋に秋競馬初戦という位置づけになっています。

夏のレースが関係ないだけに、京成杯オータムハンデでは
どのようなタイプの馬が活躍しているのか読みづらい点がありますが
これらを調べるために、過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていき
馬券的中のヒントを掴んでいきたいと思います。

※データはブレを少なくするため単勝50倍以下のデータを用いています。
(データベースはJRA-VANを使用)

それでは、いきましょう。

 

サンデーサイレンス系種牡馬が活躍するスピードレース

最初に取り上げたいのは種牡馬別の成績です。
過去10年の種牡馬別のデータを見てみると

1位キングカメハメハ産駒は複勝率、回収率の点から不振を極め
ダイワメジャー、スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、マツリダゴッホなどの
サンデーサイレンス系種牡馬が好成績を誇っている事が分かります。

サンデーサイレンス系と言えば道中で脚を溜めて
直線で溜めた末脚を爆発させる事が得意な種牡馬ですが
それらの種牡馬が活躍しているという事は
スピードと最後の直線での爆発力が必要な流れになるという事です。

中山競馬場の芝マイル戦はコース形態が特殊な上に
直線での急坂があるタフなコース設定となっているため
サンデーサイレンス系の種牡馬よりも
パワーに寄ったタイプの馬が活躍する傾向にありますが、
近年中山競馬場の芝がスピード仕様に変わっている点や
開幕週の馬場でタフさが削がれている点が
サンデー系種牡馬が活躍する下地を作っていると言えます。

また上位にランキングされている種牡馬はサンデー系でも
スタミナを要する非主流の種牡馬が多いのは
中山芝マイルコースが本質的にタフさを要求されている事が分かります。

 

脚質は差し・追い込みよりも逃げ・先行が有利

次に京成杯オータムハンデにおける過去10年の
上がり3ハロンの順位別成績を見てみたいと思います。

上がり3ハロン1位の馬が回収率100%を切っていますが
通常、上がり3ハロンタイムの順位と単複回収率の相関を見てみると

上がり3ハロン1位 → 1位
上がり3ハロン2位 → 2位
上がり3ハロン3位 → 3位

となります。

しかし、京成杯オータムハンデでは上がり3ハロン1位の馬の
複勝回収率が67%と低調な成績となっています。

これは差し馬に不利な流れになっているという事です。

言いかえると、前残りになる可能性が高いとも言えます。

京成杯オータムハンデは秋の中山開催開幕週の競馬

ベタではありますが、

「先行馬有利、差し馬不利」

という点を抑えておく必要がありますね。

 

究極のスピード勝負、馬体が軽い馬にもチャンスあり

最後に京成杯オータムハンデに出走した馬の馬体重別成績を見てみましょう。

459kg以下の馬が活躍している事が分かります。

一般的に競馬は馬体の大きい馬の方が有利です。

なぜかというと一歩の歩幅が違いますし、持っているパワーが違うからです。
柔道やボクシングなどは体重別に階級が分かれて競技をしているように
体の大きさが違う中、同じ競技をする事は身体が小さいものにとっては大きなハンデになります。

それでは、馬体の軽い馬が活躍していると言うことはなぜ起こるのでしょうか?

それはパワーが必要とされず、スピード・俊敏性が必要となる舞台だからです。

先ほど中山芝マイルコースは特殊なコースだと言いましたが
大きく見て三角形のようなコースになっています。

三角に近いコース設定だという事は急なカーブがあるという事です。

そういった急カーブを曲がるには小柄で小回りが利く方が都合が良く
ロスが少ない状態でレースを戦うことが出来ます。

ここに加えて開幕週と言うことでスピードが削られることなく
パワー・スタミナを必要としづらい馬場になっている事から
小柄な馬が活躍している事が分かります。

機動力がある馬を狙っていくレースになりますね。

 

以上が2017京成杯オータムハンデを攻略するための主たるデータです。

同じ週に行われるセントウルステークスと同様に
とにもかくにもレースで先行するという事が
京成杯オータムハンデで好走するための絶対条件となるので
先行出来る馬をどれだけしっかりとピックアップできるかがポイントなります。

ここでお話しをした過去10年のデータを活かして
馬券を的中できるよう役立てて頂ければ幸いです。

 

2017京成杯オータムハンデで私が注目している馬は
先行力を活かせそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >



今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト



昨年は9人気ラヴァーズポイントの
激ヤリ話を独占スクープで
3連単【1万5990円】ズバリ

セントウルS(G2)

今年はアノ人気薄関西馬が高配当を演出!?

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

セントウルS3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!

【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。