2017キーンランドカップ枠順確定、枠順の有利な馬と展開を握る馬は?

Pocket

2017キーンランドカップの枠順確定を受けて、
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
また展開を味方につけられそうな馬はどの馬なのかについて
過去10年のデータを分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

今日明日と埼玉県の大宮に勉強会に行きます。

泊まりでのお出かけはテンションが上がります。
外に出るのってとても大事ですよね。

年を取れば取るほど生活が固まってきちゃいますから
何か新しいことをやらなくてはいけません。

なにはともあれ刺激のない人生はつまらないと思いますよ。

どんな方法で刺激を与えるのかというのは人によりますし
色々な選択肢があります。

自分の身に災いが降りかからない程度にたくさん遊べばいいのではないかと思います。
あとたくさん稼ぐ(仕事する)というのも同じくらい大切ですね。

 

さて、2017キーンランドカップの枠順が確定しましたので
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想などを
過去データを考えながら話していきたいと思います。

週初めのブログでも話しましたが
キーンランドカップの過去10年のデータから特徴を見ていくと

・牝馬が強い

・先行脚質が有利

・近走の成績が良い馬が活躍している

という特徴があります。

札幌の芝は函館よりも軽い洋芝であるため
摩擦の少ない(精神的消耗の少ない)レースになりやすい。

という事が牝馬有利や先行馬有利という結果を生んでいます。

 

今回、一番人気が予想される

6枠9番 モンドキャンノ

春はスプリングステークスで暴走したことから
気性面の荒さが目立つモンドキャンノ。

近2走で先行策をとったものの全く良さが出なかった点
今回は1600mからの距離短縮となるローテーションである点を考えると
後方から競馬をすることが予想されますが
馬群に包まれない外目の枠を引いた事はプラスになります。

あとは後方から届く展開になるかどうか
という点が焦点となるでしょう。

 

続いて、ヴィクトリアマイルではあわやのレースをした

7枠11番 ソルヴェイグ

フィリーズレビューやスプリンターズステークスでは
内目を通って伸びてきたソルヴェイグは根性のある馬です。

外を自由に走らせるよりも、内目で闘志をため込んで
直線で爆発させる競馬の方が合う馬なので
今回の外目の枠というのは歓迎ではないと言えますが
逃げもしくは番手での競馬が出来れば、距離ロスを被る可能性は低くなり
ソルヴェイグの力を出し切れそうです。

 

そういった点では前走、前々走で逃げた

7枠10番の シュウジ

の出方が気になります。

ここ2戦は逃げてバテるというパターンが続いているので
先手を奪わず、好位もしくは中団からの差しを見せた方がいいと思いますが
そのあたりをモレイラ騎手がどう判断して乗るのかが気になります。

シュウジの枠順としては馬群に揉まれることなく、乗れる外枠を引いたので
競馬をしやすい枠に入ったといえるでしょう。

 

これらの有力馬を見ながら競馬をしなくてはいけなくなった

8枠13番の メイソンジュニア

ニュージーランドトロフィーでは逃げて競馬をしていますが
もともとそれほどスタートの速い馬ではないので
今回の大外枠から逃げられる確率は低いと言えます。

過去の好走パターンを見てみると先手をとって
内でロスのない競馬をして結果を残してきた立ち回りタイプなので
今回の大外枠はかなりのマイナス要素と言えます。

 

内枠の馬に目を向けてみると、UHB賞の1,2着馬である

2枠2番の イッテツ

4枠4番の ヒルノデイバロー

が揃って内枠に入りました。

前走のUHB賞ではイッテツが2番枠から逃げて
ヒルノデイバローが3番枠から番手につけて2頭の決着となりました。

シュウジが逃げて成績を残せていない点

モンドキャンノやソルヴェイグが前走マイルを使っており
今回は距離短縮戦となることを考えると
キーンランドカップでもイッテツとヒルノデイバローは有利に競馬が出来る可能性が高く
2頭ともいい枠に入ったといえます。

 

イッテツとヒルノデイバローの間に入った

3枠3番の ネロ

前走のアイビスサマーダッシュでは前のポジションをとることが出来ず
直線でのズルズルと後退して10着と敗れたことを考えると
アイビスサマーダッシュでは本調子になかったのかなと思われます。

今回も状態面がカギとなりますが、鞍上に中野省騎手を起用するなど
少し陣営の足元が浮足立っている感があり評価は微妙です。

状態が戻っていて先手をとれるのであれば内枠はプラス
状態が戻っていなくて後手を踏むようであれば内枠はマイナス

という感じですね。

 

中穴人気しそうな5枠の2頭

5枠6番の ナックビーナス

5枠7番の フミノムーン

この2頭については良い枠に入ったのではないかと思います。

2頭とも好位から中団でレースを進めるタイプですので
馬場のいいところを通れそうですし
必要以上に大外に回される心配もなさそうです。

 

全体の構図を見てみると外目に入った実績上位の人気馬と
内目に入った実績がやや見劣る伏兵馬

という感じですね。

人気がどのような分布になるのかにもよりますが
実績上位馬が想定通り人気を集めるようであれば
枠順としては内目の枠に入った馬から狙ってみた方が面白いと思います。

荒れる可能性は十分にあるレースだと言えますね。

 

また、札幌競馬場の天候を見てみると
土曜日、日曜日は晴れ予報
良馬場の中でスピード勝負が見られそうです。

 

2017キーンランドカップで注目している馬は
今回良い枠順を引くことができた

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >



今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト



昨年は関西馬3頭が上位独占!

キーンランドC(G3)

今年はアノ人気薄関西馬が高配当を演出!?

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

キーンランドC3連単勝負買い目の

無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。