【2017紫苑ステークス】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017紫苑ステークス】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

ディアドラ 2.1倍
ホウオウパヒューム 6.8倍
ライジングリーズン 7.7倍
ハナレイムーン 9.2倍
ポールヴァンドル 10.8倍
サロニカ 11.0倍
カリビアンゴールド 13.5倍
ルヴォワール 15.6倍
マナローラ 16.0倍
ミッシングリンク 18.7倍
ジッパーレーン 19.6倍
ナムラムラサキ 23.1倍
シーズララバイ 26.3倍
プリンセスルーラー 31.8倍
ナルハヤ 53.7倍
ブラックオニキス 67.6倍

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

順当に1000万条件を勝った ディアドラ

前走のHTB賞では格の違いをみせて勝利したディアドラ

1000万条件ではあったが、2着のラヴィエベールが
1600万条件で勝ち負けしてきた馬だという事を踏まえると
非常に価値のある勝利を収めたと言える。

春シーズンは桜花賞6着、オークス4着とレベルの高い3歳牝馬に交じって
好成績を収めてきたディアドラにとって、有力馬がローズステークスに集まったのは好都合。
今回の紫苑ステークスは通過点としたいところだ。

春は苦杯を舐めた ホウオウパヒューム

オークスやフローラステークスでは苦杯を舐めたホウオウパヒューム

フローラステークスで1番人気に推されたように
寒竹賞の勝ち方は重賞レベルの素質を感じる勝利だった。

結果として春シーズンはリズムが崩れてしまったが
無理に夏競馬を使わず秋に備えたことで
紫苑ステークスでは改めてホウオウパヒュームの力を見せられる可能性があり
このレースを好走するようであれば秋華賞も見えてくる重要な1戦となる。

オークスで8着と健闘した マナローラ 

オークスでは16番人気ながら8着と健闘したマナローラ

500万条件からの挑戦だっただけにオークスで人気がなかったのは頷けるが
オークスで8着に入ったことは秋への成長を期待させる内容だった。

成長力のあるハーツクライ産駒ということで
久しぶりのレースとなる紫苑ステークスでマナローラの真価が問われる。

中山での重賞勝ちがある ライジングリーズン

中山の重賞フェアリーステークスで勝ち鞍があるライジングリーズン

前走のラジオNIKKEI賞では久々のレースの影響があったか
本来の戦法ではなく先行策で馬群に沈んでしまった。

ブラックタイド産駒らしく、パワーとスタミナを兼ね備えたタイプの馬で
タフな競馬になればライジングリーズンが持つ底力がものを言いそうだ。

500万条件勝ちの ナムラムラサキ

近3走で2勝、2着1回と波に乗ってきたナムラムラサキ

父トーセンホマレボシ、母父チーフベアハートとスケールには若干疑問が残るものの
中団に控えて、直線でしっかりとした脚を使うレースぶりは安定感抜群

賞金面から考えて、このレースで好走できない限り
秋華賞出走は叶わないので、勝負気配はナンバーワンで
実績が足りなくてもここで大駆けがあるかもしれない。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ紫苑ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。