2017札幌記念枠順確定、枠順の有利に馬と展開を握る馬は?

Pocket

2017札幌記念の枠順確定を受けて、
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
また展開を味方につけられそうな馬はどの馬なのかについて
過去10年のデータを分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

夏の大一番札幌記念が始まろうとしていますが
お盆休みを挟んでいることもあって
なんとなく盛り上がりに欠ける感があります。

将来的には「札幌記念はGIに」
という話も上がっていますが
もし札幌記念をGIとするのであれば
札幌開催開幕週のほうがいいかもしれないですね。

個人的にはやみくもにGIが増えていくのは反対ではありますが…

さて、2017札幌記念の枠順が確定しましたので
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想などを
過去データを考えながら話していきたいと思います。

週初めのブログでも話しましたが札幌記念の過去10年のデータから特徴を見ていくと

・外枠が不利なコース形態

・先行馬が有利も前走の脚質は関係なし

という特徴があります。

札幌芝2000mというコースはスタートしてから
最初のコーナーまでの距離が長く設定されていますが
コーナーを1周回る小回りコースなので、
外枠から外々を回らされると大きな距離ロスを生み不利となります。

 

今回、一番人気が予想される

8枠13番 エアスピネル

は痛恨の大外枠となってしまいました。

エアスピネルの武器は立ち回りの上手さ、器用さにあります。

どんな条件のレースでも好位にピタッとつき
ロスのない競馬でしっかりと自分の武器を出し切る。

という戦法がエアスピネルのベストの戦法です。

追い込み戦法を試したと思われる神戸新聞杯は勝負に参加できずに5着

意図して追い込み戦法を試したのか、
連戦の疲労から最後方近くのポジションになってしまったのかは分かりませんが
前走の安田記念も差してきたものの勝負に参加出来ずに5着と
大味な競馬では一度も結果を残せていないだけに
今回の大外枠は痛恨の枠順といえるでしょう。

外に入ってしまった場合、最初にコーナーに到達するまでに
番手近くのポジションを取って距離ロスをなくすというパターンも考えられますが

8枠12番 マイネルミラノ

が前を主張したい馬なので
簡単に入り込ませてくれるとは考えづらく
非常に厳しいレースを強いられることが想定されます。

乗り替わりとなるルメール騎手がどのような騎乗を見せるか注目ですが
プラスに働く要素は一つもない枠に入ってしまったのは間違いありません。

もう1頭の人気馬である

3枠3番の ヤマカツエース

と内枠に入りました。

先ほど札幌記念の過去10年のデータからは外枠が不利であるという話をしましたが
今回ヤマカツエースが引き当てた3枠3番はいい枠だとは思えません。

距離ロスなく走れるという点では全く問題はありませんが
ヤマカツエースの性格は馬群をこじ開けて
直線を抜け出すようなタイプの馬ではなく
あくまで自分のペースでのびのびと走りたいタイプの馬なので
うちに閉じ込められてしまうようだと気持ちが萎えてしまう可能性があります。

現に昨年の金鯱賞と前走の大阪杯は外枠から競馬をしていますし
6番枠だった今年の金鯱賞も第一コーナーに入った時点で既に外に出しており
経済コースを走らせるよりも、距離ロスを被ってでも気持ちよく走らせることに
重点を置きながらレースをしています。

今回池添騎手がどのように乗るかは注目ですが
乗り難しい枠順を引いてしまったことは間違いありません。

となると3,4番人気争いをしそうな

4枠5番の マウントロブロン

5枠7番の サウンズオブアース

に注目が集まってきますが
この2頭はともに後方からの競馬になることが予想されます。

マウントロブロンはスピード能力が高くない馬なので
単純にテンのスピードについていけない可能性が高いという点

サウンズオブアースは久しぶりの2000m戦であると同時に
近走も後方からの競馬になっている点

この点から2頭とも後方からレースを進めて
3コーナー過ぎから進出というレースになりそうです。

ただ、マウントロブロンはモレイラ騎手の騎乗に加えて
1ヶ月前の福島テレビオープンを使って一叩きしている点
そして、福島テレビオープンが1800m戦で
今回は距離延長戦となることから動ける体制になっています。

モレイラ効果で人気になりそうですが
それを加味しても怖い存在だといえます。

有力馬が恵まれない枠順、そして後方からの競馬が予想される点を考えると
前で競馬ができそうな

4枠4番の ロードヴァンドール

には展開の利が出てくる可能性が高くなってきます。

ロードヴァンドールは大阪杯以来の競馬となるので
どこまで体が仕上がっているかが焦点にはありますが
後入れ偶数枠の内枠である4枠4番という絶好枠は
今年の札幌記念の中で最も恵まれた枠順であるといえます。

有力馬がまごついて前に行く馬有利
内で距離ロスなく立ち回った馬が有利となれば
真っ先にロードヴァンドールに目が行きます。

ただ、逃げ馬なのであまり目立つといいことはありませんので
オッズには注目しておいたほうが良いですね。

また、前有利、内有利な展開を考えるのであれば

1枠1番の サクラアンプルール

5枠6番の タマモベストプレイ

この2頭も恩恵を受けられる可能性は十分にあります。

地力では一歩劣るサクラアンプルールとタマモベストプレイですが
展開がハマった時には台頭の余地あり

という枠順に収まったといえます。

近2走で復調の兆しを見せている

7枠11番の アングライフェン

はよくない枠に入ってしまいました。

単純にマイナス要素とみていいですね。

 

札幌競馬場の天候を見てみると
土曜日、日曜日は晴れ予報
良馬場で力と力の勝負が見られそうです。

 

2017札幌記念で注目している馬は
今回良い枠順を引くことができた

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 札幌記念(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
札幌記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!


3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。