【2017富士ステークス】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017富士ステークス】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

イスラボニータ 3.2倍
グランシルク 3.8倍
エアスピネル 4.1倍
ペルシアンナイト デムーロ 6.0倍
サトノアレス 13.2倍
レッドアンシェル 16.1倍
ブラックムーン 17.6倍
ロードクエスト 18.3倍
マイネルアウラート 21.4倍
ガリバルディ 28.7倍
クルーガー 32.0倍
ジョーストリクトリ 57.9倍
ミュゼエイリアン 74.1倍
トーセンデューク(出走回避)
ロゴタイプ(出走回避)
ブラックスピネル(出走回避)
ウインブライト(出走回避)
キョウヘイ(出走回避)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

安田記念で苦杯を舐めた イスラボニータ

1番人気で臨んだ前走安田記念で8着と惨敗したイスラボニータ

前走は安定感があるが乱戦になると弱さを見せる
イスラボニータの弱点が出たような形だが
格下げ戦となる今回の富士ステークスなら自分の走りはしやすい。

年齢を考えてもGIを獲るには今年の秋が実質のラストチャンス
マイルチャンピオンシップで勝つ為にもここは無様な競馬は出来ない。

安田記念2着の ロゴタイプ 

以前は中山競馬場でしか走らなかったロゴタイプだが
年を重ねて気持ちの落ち着きが出てきた事から東京コースへの適性が上がってきた。

前走の安田記念は差し馬が上位に食い込む厳しい流れながらも
堂々としたレースで2着に粘ったあたりはロゴタイプの地力の高さが伺えた。

今回の富士ステークスも安田記念と同じ東京の芝マイル戦。
自ら主導権を握るレースが出来れば、安田記念と同じだけのパフォーマンスを見せられるはずだ。

皐月賞2着馬の ペルシアンナイト

前走の日本ダービーは距離が合わずに7着と敗れたペルシアンナイト

皐月賞2着が示す通り地力の高い馬であると当時に
アーリントンカップの勝ち方が証明するように適性距離はマイルの馬。

今回は古馬GI級の強豪が相手となるが
ペルシアンナイトがマイル戦で見せたパフォーマンスを発揮する事が出来れば
イスラボニータやロゴタイプとも互角に戦える。

NHKマイルカップ4着の レッドアンシェル

NHKマイルカップでは4着と健闘したレッドアンシェル

アーリントンカップからの直行と言う事でローテーションの不利はあったものの
4着には入れた事は大きな収穫と同時にレッドアンシェルの能力を示すものだった。

久々の方が走るタイプで状態面は問題なく出走できそうだが
アーリントンカップではペルシアンナイトに完敗しており
能力面ではGI級と相まみえると一歩劣る点は否めないだけに
どのような競馬を見せてくれるか注目が集まる。

関屋記念は展開に泣いた ブラックムーン

関屋記念では思わぬ前残りの展開に為す術がなかったブラックムーン

着順は15着と大敗した格好だったが
差し馬が総崩れしたレースなのでノーカウントに出来る1戦だった。

富士ステークスも直線が長く、かつ坂のあるコースなので
ブラックムーンの持つ究極の瞬発力を発揮させるにはもってこいの舞台。
今回のメンバーだと格こそ劣るが、末脚の破壊力はナンバーワンだ。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ富士ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。