【2017小倉2歳ステークス】 出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017小倉2歳ステークス】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

モズスーパーフレア 3.0倍
シトリカ 3.4倍
バーニングペスカ 6.4倍
ルリハリ 7.1倍
アサクサゲンキ 7.2倍
オーロスターキス 7.9倍
ヴァイザー 10.3倍
フローラルシトラス 藤田菜七子 10.9倍
アイアンクロー 13.4倍
スーサンドン 17.3倍
タイセイソニック 18.9倍
イイコトズクシ 22.6倍
ペイシャルアス 24.1倍
ナムラアッパレ 35.2倍
ナムラバンザイ 40.3倍
テイエムスグレモン 52.7倍
ラブカンプー 57.9倍
ジュンドリーム 74.3倍
ニシノダンテ 135.1倍
タイセイプライド(出走回避)
ゴールドクイーン(出走回避)
ジェッシージェニー(出走回避)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ノヴェリスト産駒の ヴァイザー 

新馬戦を快勝したノヴェリスト産駒のヴァイザー

新馬戦はスタートからの3ハロンが33.7秒という速いペースを
好位で追走しながら最後まで粘り切って勝利を収めた内容から
持久力勝負には強みを持っている馬。

ノヴェリスト産駒の傾向がまだはっきりしない中で距離短縮となる
1200m戦をどこまで戦えるかは心配材料ではあるが
新馬戦同様、タフな流れになった時は注目をしたい。

小倉芝1200m勝ち馬の シトリカ 

小倉2歳ステークスと同じ舞台である小倉芝1200mを勝ったシトリカ

新馬戦では気分よく先手を奪ってスピードのまま
最後まで押し切る内容の競馬を見せた。

ヨハネスブルク産駒という事で小回りコースへの適性が期待できるうえに
スタートの速さは前が止まりづらい小倉芝1200mでは大きな武器になりそうだ。

4戦目での未勝利勝ちとなった ナムラアッパレ 

前走で小倉2歳ステークスと同じ舞台の小倉1200mを勝ったナムラアッパレ

勝ち上がった未勝利戦は6頭立ての競馬で
未勝利戦を勝ちあがるまでに4戦を要した点から
今回重賞に出走するメンバーと肩を並べてしまうと厳しいのは間違いない。

距離を縮めて成績を出してきたように1200mがベストの距離で
今までのレースを見てみると小倉競馬場にも高い適性を持っているであろうことから
一縷の望みをかけるのは適性面か…

ダート圧勝から臨む ゴールドクイーン

新馬戦ではダートながらも3馬身差の快勝となったゴールドクイーン

新馬戦は4コーナーで他馬に競りかけられ一時は交わされる勢いになりながらも
最後は二の脚を使って2着馬を突き放した内容は素直に評価できる。

ただ父シスターミニスターはダートで結果を残している種牡馬なので
芝替わりでどこまで能力を発揮できるかは未知数。

ダートと同じだけのパフォーマンスを見せることが出来れば
十分に通用する可能性を秘めた馬だ。
(故障により出走回避)

ダリア賞勝ち馬の タイセイプライド

前走でダリア賞を勝って2連勝を決めたタイセイプライド

新潟のオープンレースを勝ったタイセイプライドだが
新潟2歳ステークスには向かわず小倉2歳ステークスに目を向けてきた。

立ち回りが上手い馬なので、新潟外回りよりも小倉芝1200mの方が適性は上
2歳にして輸送が多いのは気になるが、ここは勝負しに来た印象がある
(出走回避)

函館2歳ステークス大敗の ジェッシージェニー 

前走で重賞函館2歳ステークスに出走して10着と大敗したジェッシージェニー

大敗はしたものの函館2歳ステークスは大外からの競馬になり
条件的に厳しかったので着順ほど評価を下げる必要はない馬。

新馬戦の福島芝1200mでは直線で先頭に並びかける機動力を見せて
完勝していることから小倉替わりは歓迎。

スムーズに走れる枠順をゲットすれば大穴を空けてもおかしくない。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ小倉2歳ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。