【2017新潟2歳ステークス】 出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017新潟2歳ステークス】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

シンデレラメイク 3.5倍
ムスコローソ 4.1倍
ニシノベースマン 7.3倍
ダンツセイケイ 7.9倍
オーデットエイル 8.6倍
グランデウィーク 9.1倍(札幌2歳と両にらみ)
キボウノダイチ 11.8倍
フロンティア 14.8倍
テンクウ 16.4倍
プレトリア 16.9倍
エングローサー 18.5倍
トッカータ 22.1倍
コーディエライト 25.1倍
ラインギャラント 27.0倍
マイネルサイルーン 29.7倍
フィルハーモニー 31.5倍
ライリー 62.1倍
ジャスパーエイト 79.2倍

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

前走は不利を受けながら勝利した グランデウィーク

前走は不利がありながらも完勝したグランデウィーク

新馬戦では後ろのポジションから捲り気味にあがってくるものの
4コーナーで他馬の煽りをうけて不利を被った厳しいレースだった。

しかし、それでも最後差し切ったあたりは。
父スペシャルウィークから譲り受けたスタミナか。

末脚もしっかりしているタイプで新潟外回り戦なら十分に戦えそうだ。
(札幌2歳ステークスと両にらみ)

新馬戦では直線で鋭い脚を見せた ムスコローソ

東京芝1400mで行われた新馬戦で鋭い末脚を見せたムスコローソ

直線に入ってから進路が狭くなってしまいながらも
徐々に内に切れ込んで最後まで末脚が衰えなかった点については
高い能力が伺え、重賞である新潟2歳ステークス出走メンバーでも決して見劣らない。

今回は新潟芝1600m戦へのコース替わりという事で
ヘニーヒューズ産駒であるムスコローソが
広い根幹距離のコースでどれだけ脚を溜めるレースが出来るかがポイントとなる。

新馬戦5馬身差圧勝の シンデレラメイク 

新馬戦では5馬身差の圧勝劇を見せたシンデレラメイク

道中までは中団に控えながらも4コーナーで巧みなコーナーワークを見せると
直線で先頭に立ってからは独走という強いレースを見せつけた。

ディープブリランテ産駒ながら直線に入っても鋭い末脚を見せた点は
スタミナ勝負となる新潟芝1600m(外回り)でも強みとなりそう。

新馬戦の内容から決して軽視はできない。

ダリア賞3着の ニシノベースマン

ダリア賞では前にいった2頭を捕まえられなかったニシノベースマン

1戦1勝で迎える有力馬が多い中、3戦を消化して
豊富なキャリアでレースを迎えらることは強み。

3戦の成績も【1.1.1.0】と安定しており
1800mで行われた福島での未勝利戦では圧勝しているように
ノヴェリスト産駒のニシノベースマンにとってはゆったり走れる条件の方がプラス

今回は200mの距離延長で前進を狙う1頭だ。

トランセンド産駒の エングローサー 

新潟芝1600mでの勝ち鞍があるトランセンド産駒のエングローサー

初勝利を挙げるまでに3戦を要したが
新潟2歳ステークスと同じ舞台である新潟芝1600mで強い競馬を見せた

素質馬が揃う今回の新潟2歳ステークスにおいて
勝ち上がりに3戦を要した点は評価できないが
キャリアの浅い若駒が新潟の長い直線に戸惑うようであれば
エングローサーに出番が回ってきてもおかしくはない。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ新潟2歳ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。